FC2ブログ

湘南 食の雑記(ラーメン?)

2020年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年11月
TOPラーメン 横浜市栄区 ≫ 【新店】 らーめん森や 11月3日(月) 【はるゆたかわんたんめん醤油】

【新店】 らーめん森や 11月3日(月) 【はるゆたかわんたんめん醤油】

東戸塚にあった人気店が復活・移転したぐらいの知識しかないのに行ってきたらーめん森やさん。しかもほとんど行くことがない栄区。でもラーメンのためなら行ってしまうのですよ。って、そんな大げさなものでもないけど。とりあえず久しぶりの無化調です。

『らーめん森や』

・住所 : 神奈川県横浜市栄区長沼町339 二本松ハイツ 105
・時間 :11:30~15:00 17:30〜22:00
・定休日:火曜日
・駐車場:あり(店の裏に3台)
・オープン:2014年7月20日
・その他:HP・Facebookあり 完全禁煙  カウンター7席 テーブル4人掛け×2卓 子連れ(幼児)OK エアコンあり 口頭注文 水入れあり 女性1人でも入りにくくはないと思う 接客普通 お勧めははるゆたかわんたんめん(1080円)

もりや外観
○らーめん森や外観。なんとなくそば屋チックです。

もりやメニュー2

もりやメニュー

ん~~わかりにくいメニューですね。他の方のブログと写真のメニューなどから判断すると、4種類+限定の塩の5種類の味があるようです。まず1つ目が上の方の写真の東戸塚時代の元味醤油、2つ目が四万十の山で決勝させた塩を使った山塩小僧、3から5つ目が新味(この店をオープンするに当たって作った味)の正油・塩・味噌。そして更に麺が2種類あって、北海道産小麦4種ブレンドの細麺かはるゆたか100%の中太麺。

それにしてもラーメンとしてはかなりお高い値段設定です。かけらーめんですら650円!それからするとラーメンマニア向けと思われても仕方ないかな。店内に蘊蓄が書かれていないので、何故この値段なのかわかりません。きっと知らないで入った人はびっくりして戸惑ってしまうでしょうね。

並んでいるところにメニューが一つ置いてあるので、値段を見て嫌なら入らなければいいわけなんだけど、どうせならどこに拘っているのか、コンセプトが何なのか書かれていたりなんかするともう少しすっとした気持ちでは入れるかもね。

ちなみにお店に13:20くらいに着いて7人くらいの行列で帰るときは2,3人の行列かな。

もりや味変
○シンプルな味変KIT。

オーダー後15分くらいでらーめんが出てきました。

もりやラーメン1
はるゆたかわんたんめん・正油(1080円)

もりやラーメン2
割合透明度のある清湯スープですね。

もりやラーメン3
マッシュルームが載ってるのは珍しいです。

もりやラーメン4

はるゆたか(非常に手に入りにくいようです)100%の自家製麺。中太で結構な縮れです。初めて食べたのですが、一口目は小麦の風味が口の中で広がって、こりゃ美味しい!と思ったのですが食べ進めると慣れちゃうのかすぐに風味を感じなくなってしまいました、なんでだろう?啜り心地が良いちょっと蕎麦っぽい麺です。具材は味薄めのチャーシューが2種類・ブラウンマッシュルーム・シナチク・小さい海苔・刻みネギといったところ。実は食べてるときはチャーシューが2種類あったことに気づかなかった馬鹿舌でした。恥ずかしい。わんたんは生姜が特徴的なあっさりしたさわやか系。スープは拘りの丸鶏を使用したもので化学調味料、白砂糖の不使用など素材に相当拘っていますね。スープは結構煮出したような感じはするのですが何故か薄く感じてしまう。他の方が書いているほど旨味が感じられなかったのは、化学調味料に毒されてしまって繊細な部分を感じられなくなっているんですかね、私の舌が。どうしても物足りなさを感じてしまうんですが、これも相性でしょうか。でも、ブログや食べログを書いているほとんどの人が絶賛しているのでレベルが高いんだと思います。その良さがわからなかったのは残念。いつかまた機会があったら行ってみようかな(悔しいし)。ご馳走様。
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL