FC2ブログ

湘南 食の雑記(ラーメン?)

2020年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2020年05月
TOP山梨県北杜市 ≫ ちくら 山梨県北杜市 2017年8月30日(水)

ちくら 山梨県北杜市 2017年8月30日(水)

IMG_2564.jpg

『千座(ちくら)』

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
・住所 :山梨県北杜市高根町箕輪1362
・時間 :11:30~19:00
・定休日:火曜日
・駐車場:有
・オープン:1991年
・その他:HPあり facebookなし twitterなし 禁煙 テーブル&小上がり44席 子連れ(幼児)OK  エアコンなし 口頭注文 給水ピッチャーなし ティッシュなし 接客普通 料理が提供されるまで少々時間がかかる
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

鯉に餌やりをした後、清里高原ホテルをチェックアウトし、すぐ裏の美し森駐車場へ向かいましたが、家族からは展望台まで登りたくないと言われたため、予定変更。定番の清泉寮へ向かいます。

清泉寮ではこれまた定番のすぐ溶けて手がべとべとになるソフトクリームを食べてから、軽く買い物しら出発。

お昼も少し過ぎたし、高速に乗る前に食事を済ませたかったので、途中良さそうなお店を探しました。

途中にあった「平打蕎麦 やつこま」は何度か食べたことがあるので、美味しいけどパスし少し走ると「手打ち うむどん ちくら」という看板が目に入りました。

「こんな所にお店があったっけ?」

「うどんもいいかもね。行ったことないお店だから行ってみるか」と、Uターンして細い脇道に入ってみると小さな看板があり、30m先に店があると言うけど30m程の所には左手に神社があるだけ。

「まさかこの神社の中?」

「いくら何でもそれはないと思うからもう少し先まで行ってみよう」

と、少し走らせてみたらありました。細かい話かもしれないけど100mくらいだよね。

IMG_2578.jpg

漢字表記は「千座」

店の横の4台分くらいの駐車場に駐車。店内の座席数からしたら駐車スペースが少ない気もするけど、別に駐車場あるのかな。

あまりお客さんがいなさそうなので入るのに一瞬躊躇したけど、ここまで来て引き返せないので入店。

入ってみると誰もいない。

最初入った瞬間やってもうた(ハズレの店かと)と思ったらその表情が出てたらしく 奥さんに指摘されましたが、考えてみれば こういった雰囲気のお店は神奈川にもそうそうないだろうし、昭和の夏が味わえて貴重な経験だったかもしれない。

何せBGMはない、クーラーもない、過剰なサービスもないし、冷たいお茶もないんだから、ないないづくしだけどとても懐かしいノスタルジックな気分に浸れる空間です。私の好きな、タイムスリップものを疑似体験が出来るお店。良い店を見つけたのかもしれない。

うん、日本の古い田舎の夏が似合う店だなぁ。

店内には、古い線路の枕木を利用したような木のテーブルだったり、昔の白黒テレビ(だと思う)、雑穀機やタンスなどがあって、狙いとして懐かしい感じを演出しているのかもしれませんね。

IMG_2558_20170912002816f10.jpg

IMG_2560.jpg

重そうなテーブル

IMG_2561_201709120028195d1.jpg

なんか良い雰囲気だな。

ここは以前NHKのドラマ「限界集落株式会社」の撮影の際、反町隆史さんや平泉成さんも訪れたようです。

店内にはポスターが貼ってありました。

お店は、女将さん一人で接客と料理をやっていましたが、店主はすぐ近くの神社の神主さんだそうです。だから「ちくら」なのか。

IMG_2556_20170912002815517.jpg

メニュー

メインはうむどんでそれの単品かセットのどちらか。

ネット情報によると、こちらのうどんは日本三大うどんと呼ばれる中の水沢うどん(詳しくないので初めて知った)で群馬・伊香保温泉近くにある「清水屋」という創業500年になる老舗店の分店だということです。

また、HPによると「当店のうどんは薄力粉を使い八ヶ岳伏流水で捏ねた後丸く小分けにし三日間寝かせて熟成し伸して切る
全て手作業で丹念に作ります」。

選択肢もないのでセットの小と単品を注文。

途中から、知り合いなのかお客さん1名が入店。

20分少々で料理が運ばれてきました。

うむどん(小セット 900円)

IMG_2568_20170912002825936.jpg

おそらく傍の畑で摂れたと思われる夏野菜とおしんこ。

夏野菜はサービス?

素朴な味で良い感じです。こんな感じだと普段食べないスイカを丸かじりしてみたくなりますね。

IMG_2566_20170912002823972.jpg

(ぼけぼけなので写真は小さくしてあります)

IMG_2570_20170912002826ac5.jpg

まぜご飯と言うことだけど、ゴマとゆかりみたいなのが載ってました。

こちらでは、これまぜご飯と言うんだろうか?

IMG_2565.jpg

うどんは色つやが良い

IMG_2572_2017091200282809a.jpg

うどん自体は、讃岐うどんのようにコシが強いタイプではないですが、ほどほどの弾力があってツルツルとイケます。

うどんにコシを求める人には物足りないかもしれないけど、こういったうどんもいいもんだ。

つけダレは、胡麻風味(初めて)の物ですが結構あっさりとしてますね。

こういった感じは初めてですがうどんもいろいろな食べ方があるなぁ。

とんでもなくおいしいっていう感じではないけど、こういうあっさりとしたうどんも良いですね。エアコンもBGMもなく夏野菜と一緒に食べるうどん、堪能しました。ご馳走様。
スポンサーサイト



Comment

No title
編集
ノスタルジックな店内 なかなかいい雰囲気なのに誰もいない店って・・・
商売なんだから客を向かいいれようとする心構えからして疑問なかんじですねぇ。
うどんなのにちょっとお高いですね。清水屋みたらもっと高いみたいで・・・

清泉寮はビュッフェスタイルのおしゃれな食事が気に入り2度ほど宿泊しました。
苦手なものまで提供されるよりは美味しいものをおかわりしたいって感じで・・・
2017年09月18日(Mon) 08:56
Re: No title
編集
商売っ気は全然感じられませんでしたね。関東圏の人気店でもたまにありますが。

でも、この雰囲気を知っていてそれを味わうために行くと割り切って行ってみると、こういうのもありだなとは思います。(エアコンもないので暑いのが苦手な人には勧めませせんが・・・)

そういえば清泉寮って、何故か宿泊するという事を考えたことがなかったんで調べたことなかったのですが、じゃらんのページで見てみるとなかなか良い感じですね。次は、候補にも入れてみるかな。
2017年09月18日(Mon) 12:24












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL