湘南 食の雑記(ラーメン?)

2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOPラーメン 藤沢市 ≫ 藤澤家 藤沢遠藤 2016年1月7日(木) 【ラーメン】

藤澤家 藤沢遠藤 2016年1月7日(木) 【ラーメン】

今回も順番を変更して書いてます。

本日グランドオープンの「藤澤家」へ行ってきました。普段だと開店直後に行くことはまずないんだけど(味が安定していない、オペ良くなくてミスが多い、待つ時間が長い等々 行っても良い状態じゃないのである程度安定した頃に行くパターンが普通)、たまたまいくつかのタイミングが合ったので、グランドオープンに行ってみました。

『藤澤家』 

・住所 :神奈川県藤沢市遠藤937-6 最寄駅:香川駅(ただし、歩くような距離じゃない。車必須)
・時間 : 11:00~23:00
・定休日:?
・駐車場:数台分あり
・その他:HPなし facebookあり Twitterあり 完全禁煙 カウンターのみ17席 子連(幼児)OK、子供用椅子あり、券売機、好みのオーダー可 水はセルフで給水器2箇所 待ちの場合、店内で待てる おすすめはラーメン 

IMG_4774.jpg

藤澤家外観

そのまんま居抜きで、内装は全く触ってないようです

IMG_4776.jpg

IMG_4779.jpg

IMG_4785.jpg

花輪はこんな感じ



IMG_4789.jpg

IMG_4792.jpg
券売機
1台のみで「まつり家」の物とは違う。

ラーメンは基本の1種類のみで、それにトッピングでバリエーションを増やすタイプです。

IMG_4807.jpg
水曜日限定でドリンクがお得な日を設定

IMG_4801.jpg
店内はこんな感じで完全居抜きです。内装工事も行っておらず「まつり家」まんまですね

「藤澤家」は「まつり家」の跡地に出来たラーメン屋で、リニューアルなのか閉店時の弟子?がオープンさせるのかよくわからない状態だったけど、行ってみたら経緯が掲示されていたのでどういった方がオープンさせたか迄分かりました。

IMG_4820_201601071734589b3.jpg
上の経緯とその他の情報からすると、2007,8年頃に「まつり家」でラーメン修行開始(1年強)→その後「日の出らーめん」で6年間ほど勤務(統括店長、本部長)→2013年「家系らーめん横浜番長」(渋谷区)として独立→2015年東戸塚の「麺家 鶏豚大将」をプロデュース→2015年「まつり家」店主ご夫婦体調面の不調により引退?、跡地を譲る→2016年「藤澤家」誕生!
といった流れでしょうか。(ちなみに店主さんは以前役者もしてらしたようですね

IMG_4830.jpg
facebookやtwitterもやっているようです。

IMG_4837.jpg
味変KIT
「まつり家」と比べると大分シンプルになってます。ここはちょっと残念。
箸だとかコップだとかはそのまま「まつり家」の物を使っているみたい。そういえば、給水器が1台増えてましたね。前は、一台だけなので結構不便だったもんね。

基本ラーメンを注文しようと思って行ったけど、券売機の前で気が変わって(正月は野菜をあまり摂ってないような気がしたので)キャベツ&玉ネギをトッピングしたラーメンにしました。

キャベツ&玉ネギ ラーメン(並 麺固め 850円)
IMG_4862.jpg

IMG_4870.jpg
似ているけど、どんぶりも「まつり家」の物を使用しているのかな?
どんぶりは提供前に麺茹での鍋のテボに載せて温めをしてました。
さらに、提供されたどんぶりは「まつり家」から継承されたと思われるように脂でべとべとな状態で提供されます。

IMG_4879.jpg
上から見るとこんな感じ

IMG_4905.jpg
麺:麺箱を見ると大橋製麺多摩の麺。前に磯子の「一家」(既に閉店)でも書きましたが綱島商店・鶴見家など濃厚家系のお店などが使用している製麺所のようです。中太のやや平打ちっぽいストレートに近い麺。麺量は多くも少なくもない。麺固めでカスタムしたが、柔らかかった。実際、固さ普通の人とあまり変わらない茹で時間だったので当然といえば当然。初日なので仕方ないかな。
また、「まつり家」は平ざるだったが、こちらはテボを使用。

IMG_4896.jpg
具材:キャベツ茹ですぎで、口の中に入れると溶けるように崩れて食感が良くないし、スープは薄まるしこれは全然ダメだった。玉ネギも似た感じでむしろ生の方が良いんじゃない?と感じた。

IMG_4885.jpg
海苔は固めのしっかりしたスープに溶けにくい家系スタンダードタイプで良い。チャーシューはロース系の煮豚で炙りはしておらず、味付けも希薄だが肉感がよく美味しい。ほうれん草も家系には珍しく、ほうれん草の風味が残っていてこれも良い感じ。

IMG_4891.jpg
スープ:「まつり家」とは違いますね。初期の「まつり家」の味を期待したのですが、所謂クリーミーに近い(やや)、濃厚で円やかなスープは今時の家系の物ですね。醤油タレも鶏油も弱めです。
最初食べた感じでは「まつり家」とは違うけど、これはこれで美味しいと思っていたのですが、食べ進めていくと、だんだん最後の方は飽きが来てしまいました(個人の感想)。全体的に初期まつり家のような尖った味というかインパクトはあまりなく、最近の壱系にも通じる、家系の中の「またオマ系」のように感じてしまいました。

IMG_4909.jpg
11時半くらいに行って、食べ終わって出た時は12時半前くらいでした。入店時待ちは10名ほどで店内で収まってましたが、帰る時には外まではみ出してました。

ただ、なんといっても初日なのでこれからどう味が変化していくかあるいは収束していくかとても楽しみです。ご馳走様。

拍手をポチっとしてもらえると嬉しくて今日もがんばれます。
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
業務用スープ使ってるんじゃ? 見せかけで背骨をたまに入れるとか… 特に壱六系に多い。なんせしょーもない奴に店譲ったのかも。
2016年01月10日(Sun) 19:53
Re: No title
編集
こんにちわ。

じーっと見ていたわけではないですが、結構頻繁にスープををかきまぜて、状態チェックも行っていたのでちゃんと炊いているとは思うんですけどね。人格については分かりませんが、一企業で本部長クラスまでつとめた方ならそういい加減な人ではないと思いますがどうでしょう。いずれにしろ店舗を構えて逃げも隠れも出来ない状況で商売をされているのですから、そのうち結果が照明してくれるでしょうね。
2016年01月11日(Mon) 09:51
Re: No title
編集
「見せかけで背骨をたまに入れるとか…」って、そういうお店があるのですか。それはひどい話ですね。業務スープを使うのはありだと思いますが、客を欺くのは行けませんね。

2016年01月11日(Mon) 10:01
No title
編集
店主の横田さんは まつり家で半年どころか夏頃いただけでスープ、たれのつくり方はおそわっていません。とても修行したとは言えません。ラーメンの看板写真はまつり家の物なのに藤沢家の物のような顔をしてずっと使っていました。とても まつり家の弟子とか後継者とかいえません。
2017年01月04日(Wed) 20:32
Re: No title
編集
kenさん こんにちわ

ブログや掲示板を見る限り味に関しては、おそらく多くの方がまつり家とは別物と認識している(私は別物だと思っています)ようなので少なくともその点においてはまつり家の(味の)後継者だと思っている方が居るのか?ということだと思います。

お店の中に掲示してあった開店までの経緯を書いたものの中では、特にまつり家の弟子だとか後継者だとは謳ってないように思えますが、どこかでご本人が言っているのでしょうか?

まつり家の店主さん夫婦も復活しましたが、どういった事情かはわかりませんが家系を離れたようなので、個人的には閉店前までいた店員さんの誰かがまつり家の味を復活させてくれないかなぁと甘い期待(妄想)を抱いているところです。
2017年01月08日(Sun) 01:12
No title
編集
他のブログには藤沢家は まつり家で一年修行したとか、まつり家から後を頼まれた、とかあっておかしいと思っていた。味は違うし、ふりざるを使う、接客のしかたも悪い。まつり家はどこにも感じられない。結局、修行でなくアルバイト位だったのだ。これで納得した。
2017年01月15日(Sun) 17:20
No title
編集
まつり家の常連でした。藤沢家の店主は背が高いのでよく覚えています。ひと月位まつり家で働いていたと思います。それで修行したというなら、まつり家にいた学生アルバイトは全員まつり家で修行したということに なるのでしょうか?
2017年01月26日(Thu) 17:24
Re: No title
編集
う~ん、いろいろ解せないこともあってよくわかりませんね。
2017年01月26日(Thu) 22:07
No title
編集
一か月やそこら皿洗いしたくらいで、修行したといえるか。修行したとは まつり家と同じ味のラーメンが出来て初めていえる。そんな奴に まつり家の後を任せた と言う訳がない。藤沢家は作り話がまったくうまい。
2017年03月24日(Fri) 00:00












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL