FC2ブログ

湘南 食の雑記(ラーメン?)

2020年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年09月
TOP北海道 ≫ 海鮮味処御宿新生 北海道積丹 2015年7月29日(水)

海鮮味処御宿新生 北海道積丹 2015年7月29日(水)

本日は、奥さんのリクエストもあり積丹を目指しました。今回の旅行はとりあえず宿だけは決めて後はレンタカーなので、行き先は大雑把にしか考えてませんでしたがやはり北海道らしいものが食べたいということもあり、また行ったことのない積丹のウニ丼を目当てに車を走らせました。(いやーかなり遠かった

途中ニッカの工場もあったので寄りたかったのですが、時間を考えるとアウトっぽかったので泣く泣く?後にしてひたすら積丹のお店を目指します。有名なお店は何件かあるのですが直前までどのお店にするか決めていないので行けるところまで行って時間的にも大丈夫そうな(開いている)「新生」に決定。
※やっとAmazonで買ったじゃらん北海道が役に立ったけどクーポンを使うのを忘れてたさすがに今回使ったくらいの金額になるとクーポンの威力が大きいのにね。あーあ。

『海鮮味処御宿 新生』

・住所:北海道積丹郡積丹町大字余別町30番地 JR小樽駅 車90分
・時間:土日祝 10:30~19:30 平日 10:00~19:00 夏季 10:00~20:00
・定休日:不定休 (4月10日~11月第2週迄営業)ということは冬の間は営業してないって事?
・駐車場:有り(30台)
・オープン:1977年6月
・その他:HPあり facebookあり Twitterあり 完全禁煙 70席(カウンター テーブル  小上がり) 子連れ(幼児)OK 口頭注文 女性1人でも入りやすそう 接客普通 宿もやってます お勧めはウニ丼

IMG_4936.jpg
外観
着いたのは午後3時半くらい。前客後客ともおりません。貸し切り状態でした。

IMG_4949.jpg
メインメニュー
普通に考えたら二千円台でもちょっと高いなと思うけど、ウニだからなー。こんなもんでしょうか。
積丹ではウニ丼が食べられるお店が20店以上あるようですが、どこのお店が良いのか私には全然わかりません。検索するとランキングみたいなのがあるけど、何を基準にするかで変わるのであまり参考にはならないな。値段も、量や質の問題があるから一概に比べられないし・・・。

IMG_4955.jpg
おーーーーーーーーすごい値段です。未だかつてどんぶりにこんな値段支払ったことないぞ。うーん、でも惹かれるな

IMG_4973.jpg
一応こんな庶民的なお値段のメニューもあります。
しっかし、こんな積丹の先っぽまで来て注文する人がいるんでしょうか?実はめっちゃ美味いラーメンなのか?(そんなわけないよね。失礼)

IMG_4978.jpg
単品とドリンクメニュー
お酒飲みたかった

IMG_4966.jpg
小上がりを貸し切り状態で食事です。

IMG_4959.jpg
店内非常に新しいようですね。

で、どれにしようかちょっとだけ迷ったのですが、結局お勘定は私のお小遣いから支払うことで一つは赤白二色丼、もう一つはイクラ好きの子供がいるので二色丼の(ウニ、イクラ)に決定なのです。※外食の時はこのパターンが多い気がする。

どうせなら、バフンウニとムラサキウニの両方を食べ比べたいと思うよね?それに良いタイミングでバフンウニが入荷したようでラッキーでした。(バフンウニの方が希少なので食べられない時もあるみたいです。)

IMG_5002.jpg
二色丼(生ウニ、イクラ)2650円
イクラの弾力と噛んで弾けた時の口に広がる味わいそして輝きがやはり違いますね。うんまいイクラ丼だけでも満足してしまいそうです。

そしてオオトリの登場。
IMG_4986.jpg
赤白二色丼(4300円)

IMG_4991.jpg
いやー良いビジュアルです。
どんぶり自体はそれ程大きくはないのですが、ウニが圧巻の量。こんなのは初めて食べます。
ではまず最初に何も付けずに一口いただいてみます・・・。
あ・ま・い そしてとろける。口の中にウニの風味が充満して臭みなんか全くありません。こりゃーうまい!
白のムラサキウニはマイルドな味わい、赤(オレンジ?)のエゾバフンウニはねっとりと甘みが格別ですな。こんなのを子供が食べたら禁断の扉を開けてしまうようです。(開けちゃったか?
ここでさらに、ちまちま食べるより豪快にウニを頬張ると余計に旨味が増すーーーーーーー!!!
たまの贅沢と思いながら選んだ甲斐がありましたよ。
ちなみに民宿の方も、ちょっとシーズンを外せば安くて豪華なようですね。北海道に住んでたら行ってみたかった。

帰りは近くの海水浴場に少しだけ立ち寄って、ちょっとだけ積丹ブルーを満喫?そして夜に備えて再び札幌を目指すのでした。ご馳走様! 
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL