FC2ブログ

湘南 食の雑記(ラーメン?)

2020年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年06月
TOPラーメン 横浜市南区 ≫ 鶏喰~TRICK~ 横浜市南区吉野町 2015年7月15日(水) 【特製鶏の醤油】

鶏喰~TRICK~ 横浜市南区吉野町 2015年7月15日(水) 【特製鶏の醤油】

流星軒に行った時の記事で予告してました鶏喰(とりっく)に行ってきました。2012年に開店したお店ですが既に超有名店になっております。なので行列を警戒してなかなか足が向かなかったのですが、前回通りかかったら行列がなかったのを確認したので今回やっと行ってこれました。

『鶏喰~TRICK~』

・住所:神奈川県横浜市南区吉野町4-20 最寄り駅:横浜市営地下鉄 吉野町駅
・時間:[火~金]11:00~14:00 18:00~21:00 [土日]11:00~14:00(昼のみ)
・定休日:月曜日
・駐車場:なし
・オープン:2012年11月20日
・その他:HPなし facebookなし Twitterあり 完全禁煙 給水ピッチャーあり ティッシュあり エアコンあり カウンター6席 テーブル4人掛け×1卓 子連れ(幼児)OK 口頭注文 女性1人でも入りにくくなさそう 接客丁寧 割り箸 お勧めは特製鶏の醤油(1000円)

IMG_3897.jpg
鶏喰外観
12時20分くらいにお店に伺った時には、行列がなくすんなり入れたので人気も一段落したのかと思っていたのですが、お店を出たら7,8人の行列が出来ていました。人気は変わらないようです。(上の写真は、食べ終わって店を出た後のものです)

IMG_3785.jpg
店舗入口にあるメニューと注意書き

IMG_3799.jpg

IMG_3804.jpg

IMG_3835.jpg
卵にも相当な拘りを見せてます。

IMG_3813.jpg

IMG_3819.jpg
麺は北海道の「春よ恋」を使用してます。この辺もコストに反映されているようですね。

IMG_3843.jpg
ずいぶんごっつい爪楊枝です

IMG_3845.jpg
このようにカウンターの各座席の下にはティッシュが設置されているのは良いアイデアですね。
(個人的には、ラーメン屋さんにティッシュは必須アイテムだと思っているので近くにないとイラッとするんですよね・・・ってそこまでじゃないけど

IMG_3859.jpg
特製鶏の醤油(1000円)

IMG_3852.jpg
海苔と薬味を除けばほぼ鶏・鶏・鶏の応酬ですな。ここまで徹底して鶏で攻めるのも珍しい気がします。ちょっとやり過ぎなような気が・・・。見た目的にはもう少し野菜のトッピングが欲しいというか・寂しいというか・単調というか・・・。
スープには野菜を使っているようですが、やはり見た目にももう少し野菜が欲しいですね。

IMG_3864.jpg
このネギも近くの「ペーぱん」のようなネギだとまた印象が変わってもっと鶏が引き立つような気がします。全て鶏でまとめて鶏ばっかりで他の要素が目立たないと単調に感じてしまいますね私には。

IMG_3875.jpg
この八角丼のシェイプはラーメンどんぶりっぽくないですね。そこはちょっとおしゃれかも。

IMG_3879.jpg

三河屋製麺の「春よ恋」を使用した中くらいの太さのほぼストレート麺はつるっとした舌触りで啜り心地重視の麺ですかね。スープが強すぎるせいか麺そのものは特にインパクトを感じず馬鹿舌の私には良さがよくわかりませんでした

具材は、2種類の鶏チャーシュー・鶏団子・刻みネギ・海苔・味玉。デフォのラーメンに比べて特製なので、味玉がプラスされたりチャーシューと鶏団子の数が増えているようです。チャーシューは胸肉ともも肉を使用しているとのこと。胸肉は低温調理のものということですがものすごく味が淡泊であまり好みではない。ももの肉の方は香ばしくて肉感もあり美味しい。味玉は美味しいけど他店で出すものと違いがよくわからなかった(黄身がややねっとりしているようには感じるけど)。生姜が効いた鶏団子は軟骨のざらっとした食感もあって美味い。

スープは見た目とは裏腹にあっさりではなく、やはり鶏の旨味が強い一杯となっていますね。あっさりしていないのは鶏油が多めなせいでしょうね。醤油自体は尖ってなくまろやかな方です。鶏白湯系はやるつもりがないんですかね?やったら面白いかもしれないね。

とっても実力のある美味しいラーメンではあるけど、どちらかといえば私的には流星軒のほうが好みですね。そうは言っても次回は塩を試してみたいな。ご馳走様。
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL