FC2ブログ

湘南 食の雑記(ラーメン?)

2020年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年04月
TOPラーメン 藤沢市 ≫ 【新店】 らぁめん初代 OKAWARI 藤沢 2015年7月12日(日) 【山嶺】

【新店】 らぁめん初代 OKAWARI 藤沢 2015年7月12日(日) 【山嶺】

こちらのお店、いつの間にか出来ていた藤沢の新店(私の情報が遅いだけですが・・・)で以前「すゞノや」(行ったことはない)のあった跡地。藤沢出身の山嵐というバンドのメンバーがやっているお店らしいです。
鶏白湯がうりのお店らしいのだけどしばらく食べていない二郎ライクなラーメンが食べたかったので表題の山嶺(いただき)にしてみました。

『らぁめん初代 OKAWARI』

・住所:神奈川県藤沢市藤沢1-3-4 最寄り駅:小田急江ノ島線藤沢本町駅
・時間:11:00~15:00 17:30~24:00
・定休日:無休
・駐車場:駐車場あり(店から辻堂寄り約10㍍のところに3台)
・オープン:2015年6月28日
・その他:HPなし facebookあり Twitterなし 完全禁煙 給水ピッチャーあり ティッシュあり エアコンあり カウンター10席 テーブル4人掛け×2卓 子連れ(幼児)はOkだがカウンターの席は危ないのでテーブル席に座った方が良い(椅子が高くて座りにくい) 券売機 女性1人でも入りやすそう 接客普通 エコ箸 お勧めは鶏白湯(700円)

IMG_3778.jpg
「らぁめん初代 OKAWARI」外観
駐車場の位置が写ってます。

この日14時くらいに行ったところ、前客がちょうど一人帰ったので私以外の客は0。正直開店早々にこんなんで大丈夫なのかと思ったけど、食べ終わって店を出るまでの間にほぼ満席になりました(比較的よくあること)

IMG_3704.jpg
お店の蘊蓄

IMG_3692.jpg
券売機。ちょっと変則的な並び方ですね(こういうのを見るとついついどういうパターンで並べているか考えてしまうので困る)。

並びからすると鶏白湯の味玉付きを一番食べて貰いたいようです。
※後ろに並ばれると思わず押してしまいますねこれは。

IMG_3696.jpg
ライスには力を入れてないみたい。でも良心的なお値段です。ライムがあるけど、これはラーメンのトッピング用?コロナビールでも飲みたくなってしまいますが。

IMG_3711.jpg
味変KIT(黒胡椒、らぁめんダレ、チリソース)、そしてつけ麺用の割りスープはポットに最初から用意してあります。
店内は白を基調としてというかほとんど真っ白けでおしゃれな感じなんですが、カウンターまで白いのはどうなんだろう?ラーメンのスープが飛び散ったりするとすごく目立って汚く見えると思う。実際、席に座ってみると前の客が飛ばしたと思われる汁の後やコップの結露がカウンターに残っていて拭かれておらず、非常に目立ちました(個人の感想)。客が帰ったらすかさずテーブルを拭かないとこの白いカウンターではやばい感じですね。それと、この前のラーメン鴇もそうでしたが、Barのようなカウンターがラーメン屋でも流行っているんですかね?ラーメン屋には合わないと思うんだけどな。椅子が不安定で落ち着かない感じがするし、お年寄りの方だと降りる時に落ちて怪我をするかもしれないと考えるのは考えすぎかな?

入口がほぼ全面ガラスで外からよく見えるのは入りやすくて良いですね。もう一つ良かったのは、女性店員さんの笑顔。こういうのはポイントが高いです

さてこちらのお店、千葉県の「らーめん処まるは」が関係あるっぽい(不確か情報。間違ってたらごめんなさい)開店祝いが出ていたそうだし、似たようなメニューがあるのでそちらで修行したのかな?

で、冒頭にも書いたようにうりの鶏白湯ではなく、今回は二郎ライクなラーメンがあるということで「山嶺(いただき)」を注文。

IMG_3730.jpg
山嶺(特濃豚 850円)

IMG_3734.jpg
丼。
店主さんのお父様は鎌倉で禅政庵という漆器やさんをやっているようなので、この丼も関連あるんでしょうか。

IMG_3741.jpg

IMG_3754.jpg

IMG_3758.jpg
注文したら、「ニンニク入れますか?」なんてコールを訊かれるのかと思っていたらそれはありませんでした。

麺は四角い断面の太麺。食感は二郎とはちょっと違うけどゴワゴワッとした比較的コシのある麺で良い感じです。

具材は、モヤシ・キャベツ・豚バラチャーシュー・刻みタマネギ・漬けニンニク・甜麺醤(テンメンジャン)?。チャーシューは味付けのものでそれなりに美味しいとは思うけど、薄いし満足度は低め。モヤシはシャキシャキ感があっていい。それと刻みタマネギが大根おろしみたいで食感も良いし、スープに混ぜるとマイルドになって良い。これはむしろもっと多めに入れて貰いたい。漬けニンニクや甜麺醤?など他では見ないトッピングが乗っていて面白いが、インパクトはやや弱いですね。特にニンニクはもっと効かせた方が好みです。

スープは、特濃豚というだけ合って濃厚で化調は強めに感じました。スープ自体は結構粘度が高く、とろみが出てます。その濃さ故かなんとなく味噌っぽい感じもしますね。最初のうちは美味しく飲めますが、濃厚なため途中で飽きが来るので上手く味変しながら食べた方が良さそうです。

全般的には、二郎とはあまり似ていないので二郎とは思わないで食べるが正解のようです。二郎系ではなくG(がっつり)系ですね。次回は、メインの鶏白湯にしてみたいと思います。ご馳走様。
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL