FC2ブログ

湘南 食の雑記(ラーメン?)

2020年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2020年05月
TOPラーメン 横浜市中区 ≫ 一蘭 横浜桜木町店 2014年12月15日(月) 【ラーメン】

一蘭 横浜桜木町店 2014年12月15日(月) 【ラーメン】

超有名店もたまにはおさえておこうかなと言うことで今回は一蘭桜木町店さんへやってきました。なんといっても24時間営業というのは便利です。元々は福岡県で創業した一蘭は、現在全国に50店舗ほどがあるそうです。一蘭と言えば有名なのが「味集中カウンター」。左右に仕切りがあり、また、前方はすだれで開閉するので隣の人や店員さんの顔さえ見えない状態でラーメンに集中できるという優れもの?(そこまで集中したい人がどれだけいるのやら?)但し、どうしても隣と話したい人は仕切りは外せるようです。きっと、外国人には理解しがたいでしょうな。

『一蘭 横浜桜木町店』

・住所 :神奈川県横浜市中区花咲町1-46 日興ビル1F 最寄り駅:JR桜木町駅
・時間 :24時間!
・定休日:年中無休
・駐車場:なし
・オープン:2002年7月5日
・その他:HPあり 完全禁煙  カウンターのみ19席 子連れ(幼児)には向かない 券売機 味集中カウンター 各カウンターに給水口あり 女性1人でも入りやすい 接客丁寧 エコ箸 お勧めはラーメン(790円)

一蘭外観
○一蘭外観。以前の写真を見るともっと地味だったみたいですね。

一蘭券売機
○券売機。ラーメンに種類はないし丼系すらない潔いメニュー構成です。

うーん、九州系のラーメンだと思うと値段が余計高く感じられます。ラーメンと替え玉をセットで購入してもちーーーっとも安くならないみたいです。

一蘭空席案内
○空席案内。

券売機の向かい側にある空席案内。これを見て空いている席に勝手に座るみたいです。面白いですね。お店は左右にI字型のカウンターで分かれていて真ん中に店員さんたちのスペースがあるみたいです。全体が見えないので店員さんが何人いるのか、反対側のカウンターには何人いるのかわかりません。

一蘭席1
○味集中カウンター。

一蘭水
○カウンター。
各カウンター毎に濾過装置を通した軟水がでる蛇口が付いてます。

一蘭好み

カウンターには好みを記入する用紙が置いてあるので記入します。初めてだけど麺は超かたにしてみましたがどうかな。昼前に入ったのですが、片方のカウンターの入口のドアは閉まっていてもう片方だけでやっていたみたいです。回転寿司の閑散時間のカウンターみたいなものかな。前客は1名後客は4名ほど。注文後、5分くらいで着丼。セントラルキッチン方式で九州系のとんこつラーメンにしては若干遅いですね。味変KITは一切ありません。

一蘭ラーメン1
ラーメン(790円)
高く感じるけど、HPを見ると拘っているようなことが書いてあるから妥当なのか?ただ、奥義や秘伝など相当ぼかした表現で記述されているのでなんとなく内容がうさんくさく感じる。たとえば産地であったり、管理方法であったり、成分表であったり・・・具体的なことが一切書かれていないので大丈夫なんですかね?却ってHP見ない方が良かったかも。

一蘭ラーメン2
○アップ。
長浜ラーメンだとかに比べると白濁度は若干弱めみたいですね。真ん中の赤いのが秘伝のタレだそうです。

一蘭ラーメン

:細麺ストレート。超かたで注文したが思ったほど固くない。パキッとしていない。量は他の九州系と比べて少なく感じる。通常の麺とは違ってもう少しなめらかな麺。

具材:青ネギ(青も白も両方丸すれば両方出てくるらしい)、肩ロースらしき薄っぺらく小さいチャーシューが2枚。薄くて肉の味がよくわからん。

スープ:上品な豚骨スープ、マイルドと行っても良いか。優等生的に美味しいです。豚骨臭は全くしない。それほどこってりとはしていないので飲みやすいスープです。秘伝のタレは意外と辛い。天然豚骨と謳っている意味がよくわからないが化調の味は感じます。(悪いわけではない)

これだけの数の店舗を展開しているんだから本当に人気があるんでしょうけど、お値段と全体のバランスを考えるとどうなのかな、個人的には疑問です。ご馳走様。
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL