FC2ブログ

湘南 食の雑記(ラーメン?)

2020年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2020年05月
TOPラーメン 横浜市鶴見区 ≫ ちぇん麺 横浜市鶴見区 2014年9月17日(水) 【肉あんかけ焼きそば】

ちぇん麺 横浜市鶴見区 2014年9月17日(水) 【肉あんかけ焼きそば】

今回は横浜市鶴見区にある、珍しいあんかけ焼きそばの専門店。焼きそば、それもあんかけ焼きそばなんて滅多に食べることないけど、専門店というところが気になりまして、どんなもんだべと行ってきました。思いの外良かったよ。

ちぇん麺

・住所 :神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-24-15 櫻ビルディング 1F 最寄り駅:京急鶴見駅   
・時間 :11:00~22:00(L.O.21:45) 休憩時間16:00~17:00
・定休日:火曜日
・駐車場:なし
・その他:HPなし 完全禁煙 カウンター10席くらい  接客丁寧 子連れ(幼児)OK(カウンターのみなので注意が必要) 女性も入りやすそう 券売機 エアコンあり 給水器・給水ピッチャーあり ティッシュあり 内税 おすすめは肉あんかけ焼きそば(760円)

ちぇん麺外観

お店は8月に行った鶴見家さんのすぐ向かいにあります。鶴見家さんに行ったときにそんな店あったかいなと思ったんだけど、ちょうど定休日でお休みだったようです。道理で気づかないはずだ。

店内はちょっと狭くて、カウンターのみのお店だけどきれい。入って右側に券売機があるのでそこで食券を買うと女性店員(店主さんの奥さん?)さんが好みを聞きに(この辺は後で書きます)来ます。この方の気持ちの良い接客応対(ここ大事)でお店の印象はプラスポイント。優しそうな人柄がにじみ出ています。店主さんも優しそうで、やはり丁寧な接客。そして、楽しそうに体をリズミカルに使って調理していてその姿も和みます。(調理している人が楽しそうと言うのもプラスポイント。ストイックな態度も好きだけどね)

ちぇん麺券売機1
○券売機。

あんかけ焼きそば以外にも支那そばや9月末まで限定の冷やし麺、そして御飯メニューもいくつかあるのでメニューの種類は意外に多いです。

ちぇん麺券売機2
○券売機下側(ぼけてます)。

券売機の前のスペースが狭いので一辺に撮しきれませんでした。

ちぇん麺券売機3
○平日昼間は半ライス無料サービス。

ちぇん麺こだわり
○ちぇん麺のこだわり。ちぇん麺ってどういう意味なんでしょうか?

ちぇん麺味変
○味変KIT。唐辛子、コショー、酢、練りからし。

ちぇん麺メニュー2
○おしながき。

ちぇん麺メニュー1
○麺類のおしながき。

ちぇん麺オーダー
○あんかけ焼きそば”肉” ”野菜” ”カレー”の3種類。麺の量は、並220g、中320g、大420gとなってます。

食券を買うと、女性の店員さんが味付けと焼き方を訊いてくれます。肉と野菜は醤油と塩のどちらかを選択。そしてカレーは辛さを5段階の中から選択。食べてないのでわからないですが、他の方のブログ等を読みますと辛いのが好きな人はMAXの5でも大丈夫みたいです。(保証はしませんが)それから、麺の焼き加減を訊かれますのでちょい焼き・普通・よく焼きの中から選択。これによって麺の焦げ加減が違うのかな。最後に、平日であれば半ライスをつけるか訊かれます。

見ていると麺を焼くのだけでなく餡も注文が入ってから作っているような感じですね。なので、できあがるまで結構時間がかかります。会社の昼休み時間に行く人は、なるべく早く訪れた方が良いでしょう。私の場合も時計はちゃんと見てなかったけど15~20分くらいかかったと思う。

ちぇん麺1
○お待ちかねの肉たっぷりあんかけ焼きそば(並 760円)

ちぇん麺2
○非対称の変わった丼。これも拘りか。

ちぇん麺3
○上から。

肉たっぷりといいながら、野菜もなかなかたっぷり入ってまして、野菜たっぷりの方は野菜が410gも入っているそうです。

ちぇん麺4
○アップ。

まずは麺(熟成多加水蒸し麺。特殊な麺らしいのでなくなったらその日の営業は終了となるようです)から食べてみます。うーん麺を焼いた香ばしさが一瞬口の中に広がります。焦げ系の香りが嫌いでなければ美味しく感じるでしょう。私は美味しかったので、よく焼きでもよかったかな。わざと焦がしてぱりっとなったところと蒸し麺の柔らかい食感がそれぞれ味わえるのでおもしろいです。麺自体は片面焼きのようです。

餡は、熱いですが激熱ではなくて良かったですね。あまり熱いと味わえないので。思ったより味は濃くないのですが、私的にはもう少し味が濃いめでも良かったかも。ただ、あまり濃いと最後飽きるのでやはりこれぐらいで良いのかな。それから予想と違ったのが餡のとろみがあまりなく結構さらさらしていること。中華の餡を想像していくと肩すかしを食うかも。でも、このさらさらが良いんだと思います。焼きそばとは言ってますが、この餡のおかげで(焼き?)ラーメンのような感覚でも食べられるし、ライスにかけるとつゆだく丼にもなり、最後にライスを餡に投入すると雑炊にもなって御飯が何杯でも行けそうです。御飯が飲み物状態になってしまう!

煮豚は2時間以上煮込み、特製醤油に漬け込んだもので7枚も入ってます。これも結構美味しいがトロトロではなく、それなりに歯ごたえのあるタイプ。

ちぇん麺ライス
○平日無料サービスのライスは必須ですな

ライスは半ライスでよかった。普通のライスじゃ食べ過ぎになってしまう。焼きそば自体、並でも野菜とかがいっぱい入っているのでかなりお腹いっぱいになりました。大盛りとかにしなくて良かった。そんなことしたら、間違いなく残してましたね。

正直、この焼きそばは現時点でこれは最高っていうところまでは思わないけど、何度か通うと時々思い出したように食べたくなりそうな(要は癖になる)予感がしますね。ご馳走様!
スポンサーサイト



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL