FC2ブログ

湘南 食の雑記(ラーメン?)

2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年07月
ARCHIVE ≫ 2018年07月
      

≪ 前月 |  2018年07月  | 翌月 ≫

横浜家系らーめん 一真 本牧 2018年7月

IMG_6892_201807141834000c7.jpg

『横浜家系らーめん 一真』
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
・住所 :神奈川県横浜市中区上野町2-61 最寄り駅:JR山手駅   
・時間 :11:00~15:00 17:00~21:00
・定休日:月曜日
・駐車場:?
・オープン: 2017年9月15日
・カテゴリー:家系(松壱家系列)
・その他:Instagramなし HPなし ブログなし facebookなし twitterなし 禁煙 カウンター8席 お店の隣の建物にテーブル席ができた 券売機 接客普通 子連れ(幼児)OKだけどカウンターのみなのでちょっと厳しい 女性1人は入りにくくもないと思う エアコンあり 給水ピッチャーあり ティッシュあり 割り箸 家系ラーメン
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

(67杯 111記事目)

約10ヶ月ぶりの「横浜家系らーめん 一真」です。

IMG_6877.jpg

以前 1ヶ月前くらいですかね 一度店の前まで行ったんだけど店の前に行列ができていて断念しているので今回は軽いリベンジとなりますが 今回は入店してみると前客0。自分的には良かったけどお店的にはまずいかと思ったら 後から後から客がきて 結局前客0の後客12人くらいになってびっくり

IMG_6879.jpg

券売機。

一真は松壱・ゴル麺系のお店らしい。
ちょっと前には松壱系でおなじみの「極み鶏」もあったらしい。

IMG_6881_20180714183353c39.jpg

味変KIT。

お冷やはウーロン茶?ジャスミンっぽい香りがするけど。

IMG_6883.jpg

お店は店主さんと女性店員さん それにもしかして店主さんのお父さんなんだろうかちょっとお年を召した男性の3人体制。

だんだんお客さんが多くなってきて団体さんも来るようになってきたのでどうするんだろうと思ったら奥のスペースへご案内。あれっ?と思ったら お店の中を通って右の建物へ行けるようになっていて(壁は一部ぶち抜いてある) そちらにテーブル席があるみたいだね。

いつの間にか隣の家と合併してた。

IMG_6886_20180714183356e49.jpg

で 今回は前回の課題にした塩節ラーメンを注文。

それだけではなく いつものごとくセットメニュー。

チャーシュー丼(200円)

IMG_6888.jpg

大きなチャーシューを搭載し 更にマヨビームです。
甘めの味付けと相まってジャンク感が出てますな。

ちなみに右側に写っているのは塩節ラーメン用の高菜で別皿で提供されました。期待値があります。

塩節ラーメン(麺硬め 750円)

IMG_6896_20180714183403876.jpg

IMG_6898_20180714183403dbb.jpg

ラーメンが塩の場合はこの丼になるのかな。

この塩節ラーメンは同じ家系の「源泉」に似ているという話もあります。

IMG_6910_2018071418341077c.jpg

麺は共通かわからないけど 中太のストレート麺。
加水率は低め ツルモチッとした感じでスープに合うね。

IMG_6903_201807141834069be.jpg

IMG_6901.jpg

具材は 海苔1枚・巻き豚バラチャーシュー1枚・刻みネギ・ほうれん草といったところ。
それに削り節が2種類振りかけてあるんだけど 片方のはもしかしたらナッツ系?直接口に運んでみたけど良くわからんかった。この辺が馬鹿舌の限界でしょう。

チャーシューについては意外に固めだけど美味しかった。でも前回食べた豪麺は2枚だったのにこちらが1枚なのはとちょっと・・・寂しい感じが済ますな。

ほうれん草は国産ですかね。食べやすい。

IMG_6906.jpg

スープは飲んでみると「ん?」
もうちょっと飲むと。「塩とんこつ?」

先に先入観で 魚介系の(節系)スープだと思っていたので第一印象に違和感があったんだよね。
スープ本体には節系が入ってなくて塩豚骨のスープに魚粉を搭載したタイプだったみたい。

かといって悪いわけではなく 豚骨スープはもしかしたら工場系かもしれないけどしっかりと出汁が出ていて美味しい。

ならばと魚粉を混ぜてみる。

良い感じで変化するね。豚骨スープに上手く混ざって当たり前だけどただの塩豚骨とは違ったテイストとなって第2形態を味わえるね。

さらにここで最初に提供された 高菜をぶち込んでみる。
(今 国産の辛子高菜は品切れ状態になっているそうですが・・・)

これまたいいね。
第3形態も美味しいよ。

いろいろ変化を楽しめるラーメンでした。面白い。ごちそうさま!
スポンサーサイト