FC2ブログ

湘南 食の雑記(ラーメン?)

2015年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2015年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年07月
ARCHIVE ≫ 2015年07月
      

≪ 前月 |  2015年07月  | 翌月 ≫

ぺーぱん 2015年7月2日(木) 【正油ラーメン】

最後に行ったのがもう何年ぶりだろうっていうぐらい行ってない旭川ラーメンのお店「ぺーぱん」。訪問は今回でたぶん3回目。初めて行ったのは、15年以上前かもしれない。その当時には有名店だったのでどんなもんかと行ってみたのは懐かしい思い出。(でもないか)ちなみに名前の由来は旭川に「ぺーぱん川」という名の川が実際にあって、アイヌ語で「水・甘い・川」や「飲む水」という意味があってそれからとったみたいですね。

こちらのお店は本場旭川にある人気店・老舗の「天金」(実は全然知らない)の親戚筋らしく、そこで修行したというそのお味は横浜で食べられる数少ない本格旭川ラーメンとのこと。実は以前に食べたのは塩ラーメンだったのですが、知識が無いので旭川といえば塩だと勝手に思いこんで(おそらく山頭火の影響)いて、最近なんとなく調べていたら実は醤油だったということが判明(あってるか?)。であれば、醤油を食べるしかないよね、ということで「ぺーぱん」へやってまいりました。

『ぺーぱん』

・住所:神奈川県横浜市南区高砂町3-34 細田ビル1F 最寄り駅:横浜市営地下鉄 吉野町駅
・時間:[平日]11:30~21:00 [土・日・祝]11:30~16:00 17:30~21:00
・定休日:水曜日
・駐車場:なし
・オープン:1995年
・その他:HPなし facebookなし Twitterなし 完全禁煙(店の入口外に灰皿あり) 給水機 ティッシュ手元になし エアコンあり カウンター9席 テーブルなし カウンターのみなので子連れ(幼児)はちょっと厳しい 口頭注文 女性1人は入りにくそう 接客普通 割り箸  お勧めは正油ラーメン(700円)
IMG_3197.jpg

IMG_3266.jpg
ぺーぱん外観
店の名前より北海道旭川ラーメンの字の方が大きいという・

IMG_3217.jpg
店内はオーソドックスにL字型のカウンターのみ。入って左側に給水機があってセルフ、券売機はない。とっても昭和テイストですな。
左上にテレビがあって、手が空いている時は厨房大将がそのテレビを見ているのでその視線の線上の席で食べているいる人は落ち着かないかも。

IMG_3228.jpg
メニュー表(カウンターの上にもあります)

IMG_3209.jpg
味変KIT。きれいにされていて清潔感があります。(外観は少々アレですが・・・

IMG_3213.jpg
最近「食べ終わった丼はカウンターの上に置いて下さい」という張り紙をする店が多くなった中、逆にそのままにしてと書いてあります。

IMG_3233.jpg
正油ラーメン(700円)

IMG_3251.jpg
色合いが珍しい丼

IMG_3260.jpg
上から見たビジュアル

IMG_3244.jpg
そしてアップ

事前情報で野菜ラーメンにするとチャーシューが入らないとのことなので普通のラーメンにしました。
獣臭が結構するような事前情報を得ていました、それはほとんど感じませんでした(臭覚が弱いのか?)

麺は中細くらいの縮れ度が高いもので、固さはちょうど良かった。ラードのせいか低加水にせいかスープの絡みは良かったです。ただ、他の北海道系の麺ほどは香りがないんですね。製麺所は旭川の藤原製麺というところで空輸しているそうです。

具材は、チャーシュー(もも?)・シナチク・刻みネギのみ、シンプル。チャーシューはしっかりと味付けされた肉の線維感がある固めのオールドタイプ。ネギについては何が違うのが分からないが、刻んだねぎがシャキシャキの食感と相まって非常に美味しく感じた。これは珍しい体験だ。

魚介類は使用せず鶏ガラと豚骨を2,3日煮込んで作るというスープは豚骨の方が強いが獣臭はそれ程感じない。今時のラーメンとは違って濃厚ではなくさらっとしているが薄いわけではなく、出汁とタレ・それから焦がしたようなラードの風味で食すバランス型のスープのようです。最初に一口飲んでみると、香ばしい香りが口の中に広がりますがこれも他のラーメンにない特徴。

普段あまり気にしていなかったけど、薬味のネギってラーメンに本当に合いますね。ご馳走様。
スポンサーサイト