FC2ブログ

湘南 食の雑記(ラーメン?)

2014年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年09月

【閉店】【新店】 麺屋 サスケ 横浜店 横浜市中区 2014年9月19日(金) 【みそラーメン】

※2017年4月閉店

今回は、ちょっとお久の横浜市中区(曙町)、そしてみそラーメンです。曙町と言えば、横浜周辺に住んでいる方はたいていご存じの、淫靡というかいかがわしい雰囲気漂う街ですが、そんな界隈にはラーメン屋も多いものです。そこへ2014年5月に開店した北海道ラーメンのお店サスケさんへ行ってきました。

麺屋 サスケ 横浜店

・住所 :神奈川県横浜市中区曙町4-47 中村ビル 1F 最寄り駅:横浜市営地下鉄線 阪東橋駅他  
・時間 :11:30~15:00 18:00~翌日1:00
・定休日:火曜日
・駐車場:なし(近傍にコインパーキング多数あり)
・その他:HPあり 禁煙? カウンター12席 接客普通 子連れ(幼児)カウンターのみなので厳しいかも 入り口から店内がよく見えるので女性も昼間なら入りやすそう? 券売機 エアコンあり(扉全開) 給水器 ティッシュあり 内税 おすすめは みそラーメン(800円)

サスケ外観1
○麺屋サスケ外観。

この写真で何となく周りの雰囲気がわかるかも。ゴルドクイーンってなんですか?よくわかんない。その看板が目立ちますが、その看板の下が麺屋サスケの店舗。

サスケ外観2
○入り口。外からよく見えるので入りにくいって事はないですね。

サスケ券売機
○券売機。

みそラーメン専門店と思っていたら、醤油や塩、それにユッケじゃんラーメンなんて変わり種もあります。

サスケ味変KIT
○味変KIT。

KITはシンプルで開店間もないこともあり、カウンター周りはきれいです。それとセルフですが使い捨ての紙おしぼりがあるのはポイント高し。

サスケお願い
○お願い。

家系のようにいろいろカスタマイズできる仕様となってます。

最近、丼をカウンターに載せるように強制?するお店が結構ありますが、こういうのってどうなんですかね。(そうはいってもそういうお店では私もカウンターに上げたりはしますがね。)店員さんの人数を絞っているもしくは繁盛店でなおかつCPのいいお店ならならば仕方ないのかなとは思うんですがね。客数がそんなでもなかったり店員さんが3人も4人もいて最大キャパが10数人のお店でこれってどうなんだろうとはなはだ疑問に思う分けですよ。(自分で経営してみたら実際どうなのかわかるのかもしれないけど・・・)お客さんが自発的にするのはそれぞれの問題だから良いんだけど(たまにそれを常識だと思っている人がいて困りもんですが・・・)、お店側がそれがデフォだとする姿勢はちょっとね。店によっては丼を上げた後にカウンターを客に拭かせるのが普通みたいな店もありますが、めちゃ旨い店でない限り私的にはリピートはないですね。(かといって、ラーメン屋さんに過剰にサービスは求めませんが)

とりとめもなく書きましたが、話は戻ってこちらのお店は、札幌市に5店舗を構えるお店で初の道外への出店とのことで本当に北海道にあるラーメン屋さんです。メインとするみそスープは6種類以上の味噌をブレンドしているらしい。

サスケメニュー1
○メニュー。

うーんちょっと値段設定が高いような。北海道のお店の方はもうちょっと安いようですが、場所代ですかね。

サスケラーメン1
みそラーメン(800円)

サスケラーメン3

注文は、全て普通にしましたが、提供されるまで5分程度だったと思います。(かなり遅い時間行きました)具材は大きめのチャーシュー・シナチク・もやし・ねぎ・キクラゲ・海苔といったところ。上にかかっている粉状のものは何かよくわかりませんでした。粉チーズかな?チャーシューはあえてそうしているらしいけど味のあまりないもの。ロースの固めのチャーシューですが脂がかなり多く感じました。麺は、札幌の小林製麺の中太卵縮れ麺で固さがちょうど良く、適度なコシがあって美味しい。スープの濃度は濃いめで、ラード系は思ったより薄めでした。出汁は数十種類の野菜と丸鶏等からとっているようなので、見た目とは逆にこってりではないですね。一番の特徴は味の時計台にも似た甘めの味噌仕立てですね。これがかなり強く感じてちょっと合いませんでした。この甘めの味付けは、食べ始めるとすぐ飽きてしまって箸を進めるのが難しくなってきます。このあたりは”みずき”や”らぁめんはまじん”などみそラーメンを売りにする店があるので今後どうなりますかね。ご馳走様。
スポンサーサイト



くり山 白楽(六角橋) 2014年9月18日(木) 【つけ麺】

以前からずっと行きたいと思いながらなかなか行けないお店の一つ白楽のくり山さんにやっと行ってきました。知る人ぞ知るつけ麺で有名なお店で、店主さんは、かの超有名店東池袋大勝軒の山岸さんの元で4年ほど修行した後、繁盛しすぎたという摩訶不思議な理由で閉店した六厘舎でも修行した後、山岸さんから大勝軒の製麺機を譲り受けて開業したラーメンエリート街道まっしぐらな方です。こんな経歴知ったら否が応でも期待してしまいますよね?

くり山(旧名:仁鍛)

・住所 :神奈川県横浜市神奈川区六角橋1-17-29 最寄り駅:東急東横線白楽駅   
・時間 :11:30~15:00 18:00~21:00 【土日祝】11:30~18:00
・定休日:火曜日
・駐車場:なし
・その他:Twitterあり 完全禁煙 カウンター8席 テーブル席4人掛け×1卓  接客丁寧 子連れ(幼児)OK 女性も入りやすそう? 口頭注文 エアコンあり(扉全開) 給水器 ティッシュあり 内税 おすすめはつけ麺(800円)

201409くり山外観
○くり山外観。

かなり地味な外観。看板もないし外装も中もきれいとは言いがたい。知らない人が見たら場末の食堂みたいに見えるかも。この辺が近頃のラーメン屋さんとは一線を画すところ。以前は仁鍛という名前で営業してましたが店主さんの名前を屋号にしたようです。

外の列の最後部に並ぶと大陸系の女性店員さんが注文を取りに来ます。その際、メニューを見せてくれるので最初から決めていなくても大丈夫。この日は、メニュー見ながら結構悩んでいるリーマンもいましたが(心の中で、メニュー少ないんだし後に並んでいる人もいるんだからちまちま悩んでないでさっさとオーダー決めろよと思ったのは、妖怪のせい)この日はお昼に行って、行列4人の後ろに並んでいて最後私1人になったのでそれほど並ばないのかなと思っていたら、はかったように右から左から人がワラワラ現れて再び6,7人の行列ができたのが、なんかおかしかった。

201409くり山煮干し
○火曜日メニュー。

火曜日は定休日だけど、煮干醤油蕎麦という全く別メニューを提供しているんですね。最近はやりのニボラーですね。これはこれで興味があります。

結局並んでから15分くらいですかね、先ほどの女性店員さんに案内されてお店の中に入って、カウンターに座ります。お水はセルフで入り口にある給水器から。

201409くり山給水
○給水器。

201409くり山メニュー
○メニュー。

実は、行きたかった割に全然予習をしていないのでどんなものがあるのか知りませんでしたが、中華そば・つけ麺・辛つけとやはりシンプルですね。

お土産つけ麺も販売しているようですが、原価のほどはわかりませんがちょっと高いですね。お店で食べるのと変わらないなんて・・・。本当は奥さんに一つ買って帰ろうかと考えていたんですが、買って帰ってもきっとうちで食べるんじゃなくて、店で食べさせろお店に連れて行ってと言われるのは目に見えているのでとりあえずやめました。

201409くり山味変
○味変KIT。

KITはニンニク、酢、一味と七味唐辛子、コショー、魚粉(今これを書いているときに気づいたorz)

201409くり山汁1

201409くり山麺
つけめん+半チャーシュー(800円+150円)

席に着いてから、10分弱くらいの着丼でしょうか。先に注文した割には時間がかかった気がします。

ちなみに勉強不足なもんで今回初めて知ったのだけれど、専門家(ラオタ)の間では、豚骨魚介系のラーメンのことを「またおま系」と言うそうです。昨今、ラーメン屋さんが開店すると魚介豚骨系のお店が多く、新店だけど食べたことのあるような味ということで「またお前か」から来ているそうです。
勉強不足のついでに、くり山さんでは昼の部は「中濃」、夜の部は「濃厚」とのことで、昼と夜でスープに違いがあるみたいで、なかなかしたたかな戦略です。商売人ですな。

201409くり山麺2

:断面が四角い自家製麺の太麺。そのまま食べてみるとかなり弾力の強いタイプ、タピオカを練り込んであるとの情報もあるが?多加水麺で小麦粉の香りがするがつけ汁につけるとその風味はわかりにくくなる。モチモチ感があって美味しい。量の表記はないが300g程度らしい、食べた感じではほどよい量。国産と外国産のブレンドとの情報もあり。

具材:チャーシューは豚バラと肩ロースの2種類らしいが食べているときは肩ロースしか印象になかった。バラってあったけな?写真に写っている厚切りで大きめなチャーシューはバラ肉じゃないし、ころころスープに入っていた角切り・短冊切りチャーシューも固めで繊維質(悪い意味じゃないよ)の肉感があるものだった。味はやや肉の旨味が抜けている感じがした。そして味付けがやや塩っぱい。最近、豚バラ系の美味しいチャーシューを食べているのでその記憶が支配的なのかもしれない。半チャーシューを追加にしたので、チャーシューがいっぱいで良かったですね。その他はシナチク、なると、海苔、刻みネギ。この辺は平凡かな。

201409くり山汁2

つけ汁:他の方のブログ等によるとスープはゲンコツ・鶏ガラ・モミジ(アレからなんで旨味が出るんだろう?)・各種野菜・鯖節・昆布・椎茸などから出汁を取ったもの。意外に粘度は高くないしこってりな訳でもないので麺を軽くつけるのではなくどっぷりつけてから口に運んだ方が美味しいと私は思います。場合によっては麺を口に入れて追っかけでスープを口に放り込んだぐらいでもいい。大勝軒のように強い酸味はなく、酸味より甘みの方が強い。ただ飽きるような甘みではないのでちょうど良くて美味しい。

今回かなり楽しみにしていたがハードルを上げすぎたのかも、それと最近のつけ麺は大勝軒を参考あるいはインスパイアして作り上げているので、それらを先に食べてからくり山さんのような店に行くとその分インパクトが薄くなるという変な弊害があるのかもしれない。もちろん美味しかったんだけどね。

今回ちょっとこの界隈を歩いてみたんだけど、他にも魅力的なお店がいっぱいなので本当だったらしばらく通いたいところですがそうもいかないのが残念です。家系の数店舗・豚星・葉隠・知ったかぶりの豚等々いろいろ行ってみたいですね。六角橋商店街もちょろっと歩いてみたけど、なんか良い感じで気になるところ。

駐車場についてですが、車で行った場合コインパーキンが近傍にいくつかありますが2輪で言った場合、サイクルスペース24ビック・ライズビル六角橋駐輪場がよろしいかと。ここからだと、近傍にいくつかあるラーメン屋さんにも徒歩で行きやすいので。ただし、駐車できるのは5台と少ないので注意が必要です。(もしあいてなくてもなんとかなるかも・・・)

201409くり山駐輪場

この界隈はまた来たいな。ご馳走様!