FC2ブログ

湘南 食の雑記(ラーメン?)

2014年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年09月

うちなーすばヤージ小 (うちなーすばやーじぐわー) 横浜市鶴見区 2014年9月10日(水) 初訪 【ソーキソバ】

このブログ初の沖縄そばです。っていうか初めて食べました。沖縄そばってね、もうずーーーっと気にはなっていたのだけれどなかなか行けませんでね、特に理由はないけど。何十年越しでやっと来れました。(オーバーか?沖縄行きてー!)沖縄そばはラーメンカテゴリーに入れて良いのかよくわからないけど、一応ラーメンカテゴリーに入れておきます。さて”うちなーすばやーじぐわー”という店名ですが、調べてみると”うちなーすば”が沖縄そばをあらわし、”やーじ”がこちらを創業した祖母の方のヤギさんの渾名、”小(ぐわー)”が~ちゃんということで「沖縄そば やーじちゃん」ということになるんでしょうか。

うちなーすばヤージ小

・住所 :神奈川県横浜市鶴見区仲通3-72-2 ※最寄り駅:JR鶴見線の弁天橋駅   
・時間 :11:00~15:00 16:00~21:00(L.O.20:30)
・定休日:火曜日
・駐車場:なし(右側にコインパーキング2台あり)
・その他:HPなし 11:00~14:00禁煙 1階:4人掛けテーブル×5卓 2階:小上がりに4人卓×4つ  接客普通 子連れ(幼児)昼間は禁煙なのでOK 口頭注文 エアコンあり? 給水器(セルフ) ティッシュあり 内税 おすすめはソーキそば(750円)

やーじ外観2
○やーじ小外観。商店街と言うより住宅街にありまして、お店が連なっているわけではなくぽつぽつある感じですね。このあたりはリトル沖縄とも言われてるそうです。右側にコインパーキンが2台分ありますが狭そう。

やーじ外観
○やーじ小入り口。

スパム等沖縄の料理の関係するものを販売もしているし、やーじ小特製沖縄そばも販売してます。また、やーじ小は1955年の創業で大型製麺機を使い自家製の沖縄そばを販売したパイオニア的なお店だそうです。

お店は意外と狭いのですが、宴会ができる2階席もあるみたいです。時には行列ができるようですが12時15分くらいに行ったこの日はまだ大丈夫で4人掛けのテーブル席が1つ空いていたのでとりあえずそちらの席に座りちょっと店の観察をして注文です。給水器は、店に入ってすぐ右側にあってセルフになってます。

やーじメニュー1
○お品書き。

多少知識のある人ならわかるのでしょうが、いくつか名前からでは判断できない料理がありますね。

やーじメニュー2
○お品書きの下部分。

焼きそばのケチャップ味が沖縄では普通にあるって今回初めて知った。みんな知ってるのか?それに味噌汁定食670円ってなんじゃそりゃー味噌汁がおかずで定食だからさらに味噌汁がつくんか!って思ったんだけど沖縄の味噌汁って立派なおかずなのね。(ググってみてね)

やーじ味変1
○味変KIT。ケチャップがある!!!

注文は最初から決まっていたので、一瞬お品書きの中から選んだ演技をしながらソーキそば(中盛り)を頼むとすぐに骨入れ用の空の椀が出されてこれに骨を入れてくださいと言われまして、その後味変KITの写真を撮っているとソーキそばですと配膳されました。その間ものの1,2分。えーーーーーー。はっや!ラーメン屋さんではこんな早いところ見たことないですわ。作り置きなんでしょうか。このスピードは結構沖縄では普通らしい。恐るべし沖縄そば。

やーじそーき1
ソーキそば+中盛り(750円+80円) 鰹出汁のいい匂いがします。

何となくイメージでソーキそばって香川県の小うどんと同じように量が少ないと思い込んでいたので中盛りにしてみたんだけど、結構量が多くてお腹いっぱいになりました。

やーじそーき2
○これがソーキです。豚のあばら肉(スペアリブ)。

やーじそーき4
○具材はソーキと刻みネギのみ。

やーじそーき3
○浅めの丼。

やーじそーき5
○平打ちの中太ストレート麺。

つるつるとしていてちょっと長崎ちゃんぽんの麺に似てますね。食感は良い。材料や製法はラーメンの麺に近いらしいです。正直最初食べたときは、ラーメンの麺の味に慣れているのでちょっと合わないなと思ったんだけど食べ進めると、やっぱりこれじゃないとこのスープに合わないんだなと思えるから不思議。御飯(米、主菜)感覚で食べるような感じ。きっとこの優しいスープには風味の強い自己主張するような麺だとバランスが悪くなるんだろうなと勝手に思ってみる。

やーじそーき6
○ソーキのアップ。(ずっとソーキそば=沖縄そばなのかと思ってました。ラーメンとチャーシューメンみたいなのね)

ソーキは柔らかく、噛むとほろっと身が取れます。下味はあまり付いていないのともしかしてある程度煮込むので出汁としてうま味がスープに出ちゃってるのかもしれませんね。それほど美味しいって言うほどではなかった。(昔の家系のチャーシューみたいなものか)

スープはまず魚介系(鰹)の風味が強く豚の風味が弱い。知らないで飲むと私程度の馬鹿舌ではブタはほとんど気づきません。かといって魚介が強烈なわけではなくあっさりしているのにしっかり出汁がボトムから支えている。見た目は半濁だがしょっぱくはない。そうそうレンゲはないんですね。久しぶりにスープを飲みのに丼を持ちましたよ。

やーじコーレグス
○コーレグス。

島唐辛子を泡盛に入れた(酢を入れたりもする)もので沖縄の食堂ではどこでも置いてあるらしい。これも全然知らなかった。ほとんど予備知識がなかったので、残りわずかになったときにちょっと垂らしてみた。ちょっと甘酒風味?不思議な今まで味わったことのない調味料です。味が全然変わりますね。結構良い感じでした。次回はもうちょっと早い段階でもう少し多めに入れてみよう。それとケチャップ味の焼きそばも気になるな。

こうやって沖縄料理のことをちょこっと調べてたら楽しくなってきました(脳天気?)。いっそ沖縄行っちゃうか?ご馳走様!
スポンサーサイト