FC2ブログ

湘南 食の雑記(ラーメン?)

2014年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年08月

【新店】 らぁめん夢 東神奈川 8月14日(木) 【特製らーめん】

2014年度に開店した神奈川県のお店の中でおそらく一番人気・話題のお店じゃないですかね、らぁめん夢(むー)さんは。ネットの情報では数々の有名店で修行した期待のホープってところでしょうか。白河ラーメン?淡麗系?鶏清湯のお店のようです。

らぁめん夢

・住所 :神奈川県横浜市神奈川区二ツ谷町1-21 最寄り駅:JR東神奈川駅
・時間 :[平日]11:00~15:00 18:00~20:00 [土・日・祝]11:00~16:00
・定休日:水曜日
・駐車場:無
・その他:完全禁煙 カウンターのみ7席 接客悪いわけではないけどなんだかね期待しない方がいいよ(シャイすぎるのかね?) 給水ピッチャーあり エアコンあり(でも結構暑い) 割り箸 券売機 ティッシュあり カウンターのみでなおかつ狭いので子連れ(幼児)は厳しい 価格は内税 迷ったら特製ラーメン(950円)

夢外観
○らぁめん夢外観。ぱっと見ラーメン屋とはわかりづらい外観です。

行ったときには店から一人出てきて、待ち客がいなかったので並べばいいのか店の中に入ればいいのかよくわかりませんでした。(このへんのアナウンスはありません)最近の店だと席が空いてても準備ができるまで入れてくれなかったり、先に食券を買ってから店外で待ったり、それぞれの店でルールが違うので言ってくれないとどうしていいのか困ります。店主さん一人でやっているのでその辺は期待しない方が良いのですね。(この日はたまたま一人だったのかな?)一応並んだのだけれど、その後に後客が来たので席が空いているのに待ったら悪いなと思って、とりあえず中に入ったら一席あいていたので、そのまま食券を買って空いた席に座りました。たまたまかもしれませんが年配の方が多かったです。結局店の中の構造がわかってみると店の外から覗いて(窓から中がのぞける)空席があるかどうかわかりますが・・・。(知らないで外から見るとみんな立って待っているように見える)

夢券売機
○券売機。らーめんとつけ麺のみのシンプルな構成。

券売機にたどり着くには、お客さんの後ろを通るのですが、かなり狭いので多少の接触は避けられないです。

食券をとりあえず、カウンターに置いたけれど店主さん何も言ってくれないので、注文が通っているのかどうか実感がつかめません。これだけ至近距離なのでわかっているとは思いますが。他のお客さんの問いかけに対する反応を見ても、どうもシャイなのか、人と話をするのが苦手なタイプのようですね。職人気質に黙々とラーメンを作ってます。

夢味変
○味変KIT。コショーと唐辛子のみのシンプルなKIT。ただし、この調味料に拘りがはあるのかはよくわかりませんね。結局使わなかったし。カラフルなコップが置いてあって、給水ピッチャーがあるのでお水はセルフのようです。

厨房では、麺茹でのお湯がすごい勢いで煮立ってましたね。スープは、寸胴ではなく小さい鍋で温めているようです。丼は先に温めたものを使用する気配りで、チャーシューも都度切り出してましたね。

夢器
○あまりないタイプの丼。

夢ラーメン1
特製らーめん(950円)。(980円にしないところが良心的)淡麗系のようでいてこの写真で見ると、かなり鶏油が浮いているがわかりますね。なので、思ったほどあっさりではないです。

夢ラーメン2
○上から見た全体図。特製らーめんだけ有ってなかなか具だくさん。

夢ラーメン

:細麺ストレート。スープが意外に油分が多く濃いので麺に絡んできます。なめらかな歯触りで量もそこそこ有ります。

具材:チャーシュー3枚。煮たものではなく焼いたもののようです。鶏ムネ1枚と豚が2枚で豚もスモークっぽいもので旨かったけど、私は鶏が特に旨かったですね。鶏のチャーシューでは今まで食べた中で一番美味しかった。ワンタン3個入っていますが熱いので慎重に食べないと火傷しそう。中身はそれほどでもなく感じたけど、皮が美味しい。その他、味玉(半熟タイプで味は濃くない)1個とシナチク、小松菜?海苔、ネギが載っていて特製だけあって盛りだくさん。箸休めとは別にいろいろな味が楽しめるので飽きません。

スープ:上の写真を見てもらうとわかりますが、鶏油?の層が厚いので最初に想像したよりはこってりというか油分を感じます。しかし、魚介の風味があるので気にはならないですね。そしてやや醤油が立ってます。鶏ベースの魚介清湯醤油味とでもいいましょうか。

夢煮干し
○煮干しオイル。

最後にこちらのお店の一番の特徴?煮干しオイル。なんと注射器に入っております。他の方の感想を見ると慎重に入れないと(ゆっくりと)勢いよく出ててやばそうなので慎重に投入したつもりが一気に出てびっくり。そして一口啜ってみると煮干しの風味がいい感じ。しかし、持続性がないというか量が少ないのか最初だけですぐに元の味に戻ってしまい、味変ってほどではないです。うーん。

全体的に、とてもレベルが高いラーメンだと思うし具材もなかなかよかったけど期待が大きかった分、ちょっと物足りないものを感じてしまいました。たぶん好みの問題ですね。次は、つけ麺にしてみよう。ご馳走様。

らー麺土俵 鶴嶺峰 8月13日(水) 【鶴嶺峰つけ麺小結(大)】

最近大きく勢力を広げているこうじグループのお店(独立店なのかな?システムがよくわからないけど)で店主さんは元力士の方らしい。で、現役時代の四股名を店名にして鶴嶺峰(かくれいほう)という店名なのだそうです。こうじグループということでやはりこちらのお店のウリはつけ麺。

らー麺土俵 鶴嶺峰

・住所 :神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-25-6 最寄り駅:京急鶴見駅
・時間 :[月~金]11:15~15:00 18:00~22:30 [土]11:15~16:00 18:00~22:30 [日・祝]11:15~20:30 ※連休などの最終日以外は土曜日の営業時間 ※連休などの最終日は日曜日の営業時間
・定休日:木曜日(ただしこの日はTOMOKIという別コンセプトのラーメンを出しているようです。
・駐車場:なし
・その他:完全禁煙 カウンター8席 接客丁寧 子連れ(幼児)はカウンター席のみなので厳しい 券売機 給水ピッチャーあり エアコンあり トイレは入り口の左側の2階 迷ったらつけ麺幕内

外観写真を撮り忘れてしまった。昼時(12:20くらい)に行ったので周囲の通りの雰囲気がよくわからないですが、おそらく夜に来ると猥雑な感じになるであろう雰囲気が何ともいえません。昔はもっと淫靡な通りだったような気がします。今でもディープな雰囲気いっぱいですが・・・そういった通りの中にあるので締めのラーメンで来る人も多いでしょうね。

横浜市内のつけ麺ランキングで結構上位にあるらしいので期待しての訪問です。そうはいってもTOP10クラスのお店にも行ったことがないのは内緒の話。

行ってみると外に3人待ち。ちょっと並んで待っているとまだ不慣れな感じの店のお兄さんが出てきて、人数確認後先に食券を購入してくださいとのことなので店内に入りすぐ右側にある券売機で食券を購入後外に並び直す。2,3分で店内へ。店内はちょっと狭いですね。

鶴嶺峰麺量
○つけ麺の麺量。カウンターの上に小さめおスクラップブックのようなものが置いてあってその中に麺量だとかコンセプト、相撲に関する事、蘊蓄などが書かれてます。さらにこの上に(横綱を完食した人のみ限定)の「濱の大横綱」1Kgというのがあるそうです。特製は200円で「もち巾着・味付け玉子・のり3枚」のトッピングが付くみたい。

鶴嶺峰券売機
○券売機。トッピングの「もち巾着」(おでんの中で好きなメニューですな)があるのがお相撲さんらしいところですかね。ちゃんこ御飯も気になるけどお寿司(150円)がすごく気になる。これも力士の世界では常識?うーん。この世界は全く知識がないのでわからないな。ちょっと調べてみますかね。

鶴嶺峰味変
○味変KIT。カウンターはすごくきれいです。箸立ての後ろにある黄色の本のようなものにいろいろ書かれているので見てみてください。そういえば左カウンターの端の方に大きなすり鉢があったけど、あれが「濱の大横綱」用の丼なのかな?絶対食べられないって

作っている姿を何となく見ていましたが、(よく見えるタイプのキッチン)店主さん相当丁寧に作ってますね。丼に麺を小分けに載せるのですが、何処が気に入らないのか一旦上の麺を取って載せ直したりしてまして好感が持てます。(人によっては早く出せよと思う人もいるかもしれないけど・・・)

鶴嶺峰つけ麺
鶴嶺峰つけ麺 小結(大)350g(850円)。

鶴嶺峰麺
○くり山の太麺。

麺箱にはくりやま食品とかいてありまして、神奈川ではつけ麺の有名店、くり山(大勝軒、六厘舎で修行した方がやっているお店)の自家製麺だそうです。くり山も一度行きたいと思っているのですがなかなか行けません。極まではいかない太麺はよく締められていて美味しいですが、他店との際だった違いは感じられませんでした。

麺には胡麻で和えたほうれん草と豚しゃぶが載っています。和えたほうれん草が載ってるなんて他で見たことないですね。両方とも味はあまりないので、麺を食べる際に邪魔になりません。

鶴嶺峰汁
○つけ汁。

濃い茶色のスープ。魚介風味の方が強い甘めのどろどろ系スープ。ぎりぎり甘すぎないけど、これ以上甘いと飽きて途中で食べられなくなりそう。熱々なのはいいです。スープに関してはちゃんこ風な感じはしませんでしたね。(してるのかもしれないけど・・・)濃厚なんだろうけど最近は超濃厚なお店もあるのでそこまで濃厚って感じはしない。ちょうどいいくらい。

麩が載っているのが変わっているけど、この辺がちゃんこ風かな。あとは三つ葉、玉ねぎのみじん切りなどが入っています。油揚げは入ってたかな?

鶴嶺峰汁2
○軟骨入りの鶏つくね。こりこりした食感がいいですな。

おそらくちゃんこ味風にしたらラーメンとしてだめなんでしょうね。それに元力士がやっている店と聞くと単純にそういう味を想像してしまわれるはマイナスかもしれないし。とにかく、店主さんの姿勢が好感持てました。

次行ったとしたら、和みラーメンかな。ご馳走様。

【閉店】【新店】 友勝軒 8月12日(火) 蒔田 【豚骨魚介つけ麺】

2015年頃閉店したようです。

今回は、ネット上でもほとんど情報のない新店です。といっても謎のお店と言うわけでもないけどね。それから友勝軒という名前から大勝軒からの暖簾分けとか麺屋こうじグループなのかとも思ったけどおそらく全く関係なさそう。

友勝軒

・住所 :神奈川県横浜市南区通町1-11
・時間 :?
・定休日:?
・駐車場:?
・その他:喫煙可 カウンター8席とテーブル席4人掛け2卓 接客普通(中国系の人らしく日本語は完璧ではない) 喫煙可らしいので子連れ(幼児)はすすめない 子供椅子あり 口頭注文 エアコンあり ティッシュあり

友勝軒外観
友勝軒外観。名前にどういう意味が込められているんでしょうか。上の看板を見るとわかりますがラーメンと居酒屋の二毛作?ハイブリッド?なお店のようです。でもそんなことでは怯みません。

とりあえず外の看板でちょっとどんなラーメンがあるのかを確認しましたが、少なくとも大勝軒の系列ではないなと。それとどのラーメンが売りなのかよくわからない。考えてもしょうがないので入ってみると、中に男女3人ほどいて「イラシャイマセ」。ん?日本人じゃないみたいね。別にかまいませんが。よくみると3人ともお店関連の人らしく客は私一人。ま、いいか。

狭めのカウンター席に座って、メニューを確認。出された水はレモン水でした。

友勝軒メニュー
○メニュー。良心的な値段設定だと思います。

作っているのは、中国の方のようだけれどラーメンを見ると中華っぽいのあり豚骨醤油あり味噌ラーメンありで日中混合のようですな。メニューを見てもどれが売りかさっぱりわからない。もしかしたらだけど、外の看板で真ん中にあった蘇邦五目ラーメンっていうのが売りかな?(蘇邦ってどういう意味?)

友勝軒漬け物
○なぜか漬け物を出されました。(居酒屋だからお通し?別料金はとられなかったけど)甘辛酸っぱいお味の漬け物です。そういえば、お店のお姉さんから「ビ-ル今なら半額ですけどどうですか?」と訊かれましたが、日本語の発音がまだ上手くないようで何度か聞き直してしまいました。(悪かったかな?)運転があるのでビールは泣く泣く断りました。(本当は頼みたかったのだよお姉さん。ごめんね。ついでに紹興酒も飲みたかったな)

友勝軒メニュー2
○ラーメン以外のメニューの一部。居酒屋もやっているのでメニューは充実してます。それに値段がかなり安いですね。ってゴーヤチャンプルみたいなのもあるな。それから写真は撮りませんでしたが、定食物もあるし、紙に手書きでおすすめ料理が書いてあり、しかも油淋鶏だったかは半額で提供していたりCPがかなり良さげなお店です。

友勝軒味変
○味変KIT。醤油・コショー・ラー油・酢・紅生姜など。また箸はエコ箸なんですが、先が太いのでラーメンの麺が掴みづらいので違うのに変えた方が・・・。左端のは灰皿だと思われる。(ずっと醤油入れる小皿だと思ってたけど、最初から置いてあったのでたぶん灰皿でしょう)しかいこのカウンター、幅というか奥行きというかあまりないのでいっぱいつまみを注文すると大変なことになりそうですね。

店内見渡すと、開店祝いのお花がありましたので開店したばかりだと思われます。ちょっと調べてみると以前は徐福という中華屋さんが有ったところみたいだけど、関係者がリニューアルオープンさせたのかな?

店の中は、基本的に中華屋さんの佇まいが残ってます。紹興酒も並んでるし。結構安心して入れる感じです。

で、結局注文はなんとなく豚骨魚介つけ麺にしました。大盛りは無料ではないけど+50円で安いです。

友勝軒つけ麺3
豚骨魚介つけ麺(680円)。

友勝軒つけ麺1
○極太までいかないけど、結構太い麺ですがかなり弾力のある麺で、風味もあるし悪くないですね。厨房のお兄さんもちゃんと流水で麺を丁寧に締めてました。(冷水ではないので麺は冷たくはないけどね)

友勝軒つけ麺2
○つけ汁。そのまんま豚骨魚介のつけ汁。魚介の風味の方が強い。普通に美味しいです。

お店に入った瞬間、今回もしかしたら大外ししたかもと思ったけど(だって居酒屋もやってるんだもん)そんな心配は稀有に終わったようです。ちゃんと豚骨魚介つけ麺です。ただ、スタンダードなタイプで特徴はあまり有りませんね。具材はチャーシューが肩ロースかな。もうちょっとゴロッとしたのが入っているとうれしいな。写真には写ってないけど味玉が付いていて結構濃いめの味付けがなされています。固い方寄りの半熟玉子。あとはシナチクと海苔が付いてます。ただ一つ難点があって、つけ汁が熱くないんですよね。これだけがちょっと・・・。それだけ直してくれれば結構いいと思うけどな。

こちらのお店は使い勝手がいい店だと思います。ラーメンもいろいろ種類あるし、居酒屋でもあるし定食もあって値段も安いので、近所であればちょくちょく行ってしまいそうです。近くじゃないのが残念。ご馳走様。

【新店】 昇や 藤沢 8月10日(日) 【支那そば】

完全にノーマークでした。2013年12月にオープンした、藤沢のあべ多というお店が代替わりしてリニューアルオープンしたお店のようです。(元々地元民ではないので老舗の店とかはわかりません)ネットでラーメン屋さん情報はチェックしてるのですが、こちらのお店の存在は知りませんでした。なんで引っかからなかったんだろう。

らーめん 昇や

・住所 :神奈川県藤沢市鵠沼神明3-9-8
・時間 :11:00~23:00
・定休日:水曜日
・駐車場:店の裏側に1台あり(セブンイレブンの左の小道を入って右側)
・その他:完全禁煙 カウンターとテーブル席1卓で15席くらい 接客普通 子連れ(幼児)OK 子供椅子あり 口頭注文 給水ピッチャーあり ティッシュあり

昇や外観
○正面から撮りたかったんだけどね。歩道に車が駐まってたんで断念。

場所的には、なかなか微妙な位置にありますね。駅からの距離は結構あるし、近くにコインパーキングとかあるのかな?(ないから路○してるのか?)近所住じゃないとハードルが高そうです。

昇やメニュー
○メニュー。野菜ラーメンとか野菜辛口ラーメンはあべ多時代にはスタミナラーメンとオロチョンラーメンという名前だったようです。志那そばとその他のラーメンで麺が違うみたいですね。

昇やメニュー2
○定食メニュー。

全体的に値段は安めの設定です。

お店は近所の常連客さんが多い感じですね。

注文後見ていると、麺茹では女性店員さん(女将さん?)が担当しているようで深ざるで湯切りしながら店主さんと一緒にラーメンを作っていました。

昇や味変
○味変KIT。シンプルで清潔感のあるKITです。

昇や壺
○この壺も調味料が入っているのかと思って開けてなかったのですが、他の方のブログで確認したところ、たくあんと小梅が入っているようです。

昇や志那そば1
支那そば(680円)。カツオ風味の薄口しょう油の細麺

昇や志那そば2

:細麺ストレート。堅めのゆで加減がちょうどいい。特に指定はしていないけど、絶妙ですな。(個人的な好みの固さ)コシもあっていい感じで、麺量も若干多めかな。

具材:小さい海苔が1枚(これは拘りなのかもしれないけど、ちょっと残念な感じ)、チャーシューは結構大きめだけど薄い巻きバラタイプが1枚。味があまりないです。その他刻みネギとシナチクが入っている。

スープ:鶏ベースですかね。一口啜った感想は、ちょっと変かもしれないけど、トーストのような香ばしい風味があって他では味わったことがない。もしかしてだけど本場高知の藁焼き鰹のたたきみたいのを使用してるんですかね。(そんなわけないか)いずれにしろ丁寧に作ったスープ感があります。はっきり言って旨いです。まだ見ぬ強豪ってまだまだいっぱいあるんですね。麺もいい感じなので美味しくいただけました。また、コショーとニンニクをほんのりと入れて味変しましたがこういうシンプルなラーメンに味変すると本当うんまいです。

他の方の情報を見ると野菜のラーメンもいいようなので次回はその辺を攻めてみたいです。

ところで、食べ終わって会計しようとしたら500円ですと言われ、一瞬こんな顔になりましたが(思わず聞き返してしまった)ランチタイムはお店指定のラーメンが500円になるサービスをしているみたいです。やっすーーーーーーー。

こういう美味しくて良心的なお店には売り上げに貢献しないといけませんな。チャーハン(小皿)280円(これも安いけど)くらい注文しておけばよかったです。餃子でもよかったかな。ご馳走様!

麺屋 登夢道 茅ヶ崎本店 8月9日(土) 【まぜそば】

5ヶ月ぶりの 麺屋 登夢道。2回目の訪問になりますが今回も基本ラーメンではなく、まぜそばを食べてきました。以前食べた”日の○らーめんのガッ○麺D○”の好印象があったんで他店の味はどんなんかなということで試してみました。

麺屋登夢道 茅ヶ崎本店

・住所 :神奈川県茅ヶ崎市赤羽根95-2 (以前”茅”というラーメン屋さんがあった所。)
・時間 :昼営業 11:00~14:30 夜営業 17:30~21:00
・定休日:水曜日
・駐車場:あり 6台(店の隣と道路を挟んだ向いの駐車場。店の隣はチャリやバイクが停まっていて狭い)
・その他:禁煙 カウンター9席くらいと小上がりにテーブル2卓(8人?) 接客丁寧(女性の方) 子連れ(幼児)OK 券売機 水入れあり ティッシュあり

とむ2外観
○登夢道外観。

とむ2券売機
○券売機。ちょうどまぜそばのところが切れてしまってます。

とむ2味変
○味変KIT。前回との違いは、唐辛子がCABAN、追いダレ?、ラー油といったところでしょうか。

まぜそばの食券を購入して席へ行くと、女性店員さんに”大盛りにできますが?どういたしますか?”という趣旨のことを訊かれ脊椎反射的に大盛りにして少し後悔。(少し体重を落とそうと思っているのに。自分が悪いんだけどね)しかしこの女性店員さん終始笑顔で接客を行っており好印象ですな。個人的にはこういうところが往々にしてそのお店に対する高ポイントになります。

とむ2まぜ1
まぜそば(730円)大盛り。

とむ2まぜ2
○タレが馴染むようにした麺に、もやし、メンマ、ナルト、チャーシュー、玉ねぎのみじん切り、マヨ、辛味噌をトッピングして提供しますとのこと。(なぜキャベツが一切れ?)

とむ2麺
○麺は、太麺ですが極太のタイプではないです。油を絡めてるのかな?

とむ2まぜたれ
○たれが別の器で提供されます。特に説明がなかったので、一瞬どうすればいいのか悩みましたが、少しずつ混ぜて好みの濃さにしてくださいってことでしょうと解釈して少し混ぜてみる。

とむ2まぜ3
○様子見でタレを1/3くらいかけてかき混ぜ。辛味噌のピリ辛具合がなかなかよかったけど、マヨネーズのせいかマイルドというかちょっと物足りないので残りのタレを全部投入

とむ2まぜ4
○タレ全投入後。実物を見ると麺の色がかなり濃くなったのがわかります。大盛りなので混ぜるのがかなり大変。そして食べてみると確かに味は濃くなったけど・・・。あまーーーい。この醤油ダレかなり甘いです。1/3くらい食べたところで甘さが口の中に満たされて飽きるというかだんだん受け付けなくなってくる。私には合わなかったですね。(あくまで個人の感想)基本出されたものは残さないので食べきりましたが私にはちょっとつらかった。チャーシューは美味しかったな。甘いのが苦手な人はタレを少なめにしたほうがいいと思います。(でもそれだとちょっと物足りないし・・・う~ん)次回は、つけ麺にしてみましょうかね。ご馳走様。

康楽 新子安 8月8日(金) 【黒胡麻タンタン麺と半チャーハン】

今回は京急新子安駅のすぐそばにある「康楽」さんという中華屋さんで昼食をしてきました。この周辺もそれなりの数の食事ができるところがありますね。

康楽

・住所 :神奈川県横浜市神奈川区子安通3-288 最寄り駅:京急新子安駅
・時間 :11:30~13:30 17:00~23:30
・定休日:日曜日
・駐車場:無
・その他:喫煙可 テーブル席が7,8席(32人くらい) 接客普通 給水ピッチャーあり(塩素系の匂いはしない) エアコンあったと思う 割箸 おしぼりあり あまり広くないスペースで喫煙可なので子連れ(幼児)はすすめない 口頭注文 価格は内税 

康楽外観
○康楽外観。夜はどちらかといえば居酒屋チックになるようです。(サワー類は300円)

康楽外メニュー
○黒板に手書きの外看板。黒胡麻タンタン麺は単体だと700円なんでセットの方が断然お得です。

12時過ぎに伺いましたが、どんどん人が入ってきていて店員さん、軽くテンパってましたね。客層はサラリーマン風からガテン系まで、それから満席では入れなかったようだけどOL風の女性など近所で働いている人たちがほとんどのようです。

康楽卓上
○卓上。ラーメン屋さんと違って中華屋さんなんかだとおしぼりを出してくれるのでいいですね。

康楽メニュー
○一応卓上の(手作り感満載の)メニューも載せておきます。今回はちょっと変わったところで黒胡麻タンタン麺のセットを食してみます。

康楽セット1
黒胡麻タンタン麺と半チャーハン(850円)。他にザーサイとミニ冷や奴がついてこの値段ならCPはいいです。

康楽セット2
○半チャーハン。セットとしたらちょうどいい量。具材は玉子とネギ、チャーシューが入ってます。味は比較的薄味で油の使用は少なめの軽くパラパラ感でいいと思います。

康楽セット3
○黒胡麻タンタン麺。まっくろーーーーーーーーー。びっくりするくらい真っ黒ですな。予備知識なしでこんな真っ黒な料理が出てきたら食欲でないよ。(そんなことないか)具材は、万能ネギとゆで卵(味付け玉子ではなく。でもこれがいいね)半個、湯がいたしゃきしゃきのもやしそして挽肉のて肉味噌が載ってます。面は結構細くて縮れている中華麺。スープはほとんど辛さを感じません。後からかすかにぴりっとするくらい。それより胡麻の風味がかなり強くて甘さすら感じるようです。かなり胡麻の風味が強いのですが意外に多いもやしがそれをうまく緩和して全体的にいい感じに仕上がってます。

お店の方は12時半を過ぎると少し空くようですので、ちょっと時間をずらすともう少しゆっくり食べられるかもしれませんね。次は、中華丼かな。ご馳走様。

北海道ラーメン 赤レンガ 鶴見 8月7日(木) 初訪 【味噌オロチョン 辛さ10倍】

前から気になっていた1国に面した鶴見にあるこちらのお店にやっと行ってきました。こちらのお店は辛さと味噌をウリにするオロチョンラーメンのお店。まあ夏だしやっぱり辛いのが欲しいでしょ?ということもあって本格的に熱くなってきたのを見計らったわけではありませんがやってきたのです。ちなみにオロチョンってアイヌ語なのかと思ってたら違うんですね。詳しい説明は省きますがオロチョン族という北方民族がいてそこからの連想みたいなのから来ているようです。ただ、ラーメンでオロチョンと言えば唐辛子と味噌です。

赤レンガ

・住所 :神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-19-8 八千代ビル1F 最寄り駅:京急鶴見駅
・時間 :11:30~14:45 18:00~翌1:45
・定休日:日曜日 祝日は休まない
・駐車場:無
・その他:完全禁煙 カウンターのみ12席くらい テーブル二人用四人用合わせて8卓?合計30名くらいのキャパかな 接客普通 給水ピッチャーあり エアコンあり(位置が良かったのか結構効いてました) エコ箸 券売機 ティッシュあり 子連れ(幼児)OK 価格は内税 迷った味噌オロチョンラーメン(800円)

赤レンガ外観
○1国沿いを走っているとすぐに見つかります。店内は結構広いですね。

赤レンガ外観2
○店の入り口には、大きなラーメンの写真が貼ってるのでどんなラーメンかわかりやすい。

入り口から入って左手に券売機があります。

赤レンガ券売機
○券売機。こうやってみるとオロチョン以外にもスタンダードなしょう油・塩・みそやゆず辛風塩・つけめんなんかもありますね。ちなみに味噌オロチョンは3種の味噌を独自ブレンドしたものでオロチョンは北海道の赤味噌を使ったものとの事。どちらもトンコツベース。

券売機で味噌オロチョンを買って振り返るとお姉さん(みんな中国系の人なのかな?)がカウンターに水の入ったコップを置いていて誘導されます。食券を渡すと「辛さは普通でいいですか?」ときかれましたが、「10倍でお願いします」と返事をし、着席。壁に辛さによって”鮭も真っ青”、”熊もびっくり”等の記述がありますが10倍は”最上級”となってます。でもその上に20倍があるんですがね。最最上級?

赤レンガ味変1
○味変KIT。一通り揃ってます。手前のタッパは沢庵が入っているようです。今回は、10倍の辛さなので味変を使っても変わらないだろうと言うことで手をつけませんでしたがね。

赤レンガ味変2
○水やらティッシュやらも卓上に置いてあります。ふりかけもありますな。

ラーメンを作っている間店の様子を見ていると、店主さんがやたらちらちらこちらのほうを見るのでなんだろうと思っていたら、テレビを見ているようでした。おじさんテレビ見すぎ。お店のHPや店内の感じを見ていると店主さん人柄が良さそうだからいいけど。

赤レンガ半ライス
○サービス(無料)の半ライス。サービスなので文句を言ってはいけないのだろうけど。ご飯がやたらダマになって固い部分が多くてだめでした。時々かき混ぜたりすればいいのにな。残念。個人的には、辛いラーメンには白飯が欲しいのでここは改善してくれるとありがたい。(おじやみたいにラーメンに入れてしまえば問題ないんですけどね)

赤レンガラーメン1
味噌オロチョン(辛さ10倍)800円。

赤レンガラーメン2
かな~りの唐辛子濃度に見えます。大丈夫か?

赤レンガラーメン3
○スープが赤すぎて麺が見えないのでリフトしてみました。

:西山製麺の多加水熟成玉子麺、中細縮れ麺が弾力があってスープによく絡みます。おかげで油断するとスープが気管に入りそうになるので御注意を。かなりの辛さにしているので、麺の風味を感じるところまではいきません。

具材:肩ロースのチャーシュー2枚 キャベツ もやし 海苔1枚 シナチク、刻み葱。チャーシューは美味しいのでトッピングしてもよかったけど、350円はちょっと高いな。それと札幌ラーメンをイメージしていたので、野菜が思ったより少ないのがちょっとがっかり。

スープ:辛さについて。10倍を注文したが思ったほどではなかった。多少辛さに耐性がある人ならば問題なく食べられるレベルだと思う。なので、ベースのスープの味も味わえます。トンコツプラス鰹節系を使用しているようだが節はよくわからなかった。(10倍だしね)しかし、辛さだけでなく、スープとしての旨みが感じられるスープなので美味しいと思う。ただ欲を言えば、野菜の量をもう少し増やして欲しいな。(某味噌ラーメンの専門店の小○屋などでは、もっと値段が安くてもっと野菜の量が多いのよね)次は、20倍に行ってみようかな。ご馳走様。

ドゥルガ ダイニング (DURGA DINNING) 茅ヶ崎市 8月2日(土) 【タンドリーランチセット】

今回は、茅ヶ崎にあるインド料理のお店、ドゥルガ ダイニング (DURGA DINNING)さんです。こちらのお店は茅ヶ崎では有名な横浜飯店(肉そばが有名で混む時間を外してもいつも数人程度の行列ができている。)のお隣です。

ドゥルガ ダイニング

・住所 :神奈川県茅ヶ崎市元町4-3 トムビル 2F 最寄り駅:JR茅ヶ崎駅
・時間 :11:00~15:00 17:00~23:00(L.O 22:30)
・定休日:無休
・駐車場:無(お近くのコインパーキングに停めてください。人数と金額に応じ駐車料金を値引きいたします。駐車券をお持ちくださいね。とのこと)
・その他:たぶん禁煙 30席 (4人テーブル×6、2人テーブル×3) 接客丁寧(全員インドの方のようです。お兄さん優しい感じです) エアコンあり 店内インド映画を流してる 価格は内税 味は日本人向けになっているみたい ランチセットがお得

ドゥルガ外観
○ドゥルガ ダイニング外観。階段を上がって2階。ドゥルガとは美しい戦いの女神の名前だそうです。この辺の神話を調べていくと結構面白いものですよ。階段はちょっと急なので足元には気をつけて。

ドゥルガ外メニュー
○入り口にある外看板と料理見本。

ドゥルガ卓上
○卓上の様子。箸もあります。入って左に厨房があって細長い店内です。

ドゥルガメニュー
○セットメニューは8種類くらいのカレーから選べます。(この辺は他のインド料理屋と同じスタイル)辛さは普通から激辛までで今回大辛にしましたが激辛でも良かったかも。(ちなみに私は特別辛さに耐性があるわけではない普通の味覚です。でも最近ちょっと強くなったかも)

ドゥルガサラダ
○サラダ。見た目辛そうに見えますが、ほとんど辛くはないカレー味のドレッシング。他店よりちょっと野菜が多め。

ドゥルガラッシー
○定番のラッシー。やはりインド料理の時はこの甘さがいいです。夏だしもう一杯くらい飲んでもいいな。

ドゥルガセット
○今回注文のタンドリーチキンセット。(1120円)

カレーはチキンとかぼちゃのカレー(だったと思う)とマトンカレーの2種類を注文。マトンカレーは肉が思ったより入ってますね。ナンは小さめで油が塗られたふわふわした感じがちょっと控えめのものですが美味しい。ライスはサフランライスでなく、日本米っぽいですが柔らかめに炊いているのが残念。(個人的な好みで固めのほうがいいな)タンドリーチキンは、適度な辛さで肉のスモーク感もあってなかなか美味しい。もう一本くらい食べたかったな。

今回は、追加注文しなかったけどナンとライスは1回無料ですのでこの値段と味からするとCP良くていいですね。もちろん味もいい。他のメニューも試してみたいです。

男性1人客も3人くらいいましたね。雰囲気がいいからでしょう。御馳走様!

たまがった 神奈川新町 8月1日(金) 【らぁめん】

プチ激戦区の神奈川新町辺りへ再び。こちらたまがった神奈川新町店さんは、九州大分ラーメンを謳って2000年くらいでしょうかね開店したのは。その前身は、近所にあった龍宝(珍珍珍の系列?)というラーメン屋さんで、こってりとあっさりの二種類のラーメンを出していてとても美味しかったんですが、その後大勝軒で修行をして神奈川新町店を出店し、さらにその後たまがったを出店したという話を聞いたことがありますが、どこまでが本当かはわかりません。(龍宝を別ブランドで復活させてくれないかな。)


たまがった 神奈川新町店


・住所 :神奈川県横浜市神奈川区新町2-7 最寄り駅:京急神奈川新町駅
・時間 :【月~日】11:00~翌5:00
・定休日:無休
・駐車場:無(近傍のコインパーキング利用)。バイクくらいなら店の前に停めるスペースあり。
・その他:完全禁煙 カウンターのみ11席 接客普通 給水ピッチャーあり エアコンあり 割り箸 店の外に券売機あり ティッシュあり カウンターのみなので子連れ(幼児)はちょっときびしいかな 価格は内税 迷ったららぁめん(690円)

たまがった外観1
○たまがった外観。12時10分くらいに行きましたが、外待ち客1名。

たまがった外観2
○朝5時までやってるのはすごいけど、どんな人が来るんだろう。

たまがった券売機
○たまがったの券売機は外にあります。九州とんこつ系としては高めの値段設定です。

かなり久々の訪問で神奈川新町店は3回目くらいかな。初めて行ったのは多分開店当初かな。去年は伊勢佐木町店には行ったけど、その時の感想は薄くて美味しくないし外国人店員の接客も適当だしでもういいやって感じでした。

たまがった味変KIT1
○味変KIT。

たまがった味変KIT2
○味変KIT。高菜は有料トッピングらしい。左にちょろっと見えるのがサービスの半ライス。

食券を渡してそれほど待たずに着丼。九州系は、このファーストフォードライクなところがいいところと個人的には思っております。

たまがったラーメン1
らぁめん(680円)。最近は丼の下に受け皿をする店が多いですな。

たまがったラーメン2
○たまがったオリジナルどんぶり。

:他の九州系のお店よりほんの少し太いか?今回は、バリカタでお願いしたが粉落しぐらいでもよかった。量は少なめ。替え玉前提。半ライスを食べたので替え玉はしませんでした。

具材:海苔2枚?(3枚だったか?)葱多め。薄いバラチャーシューが2枚載っているが、このスープだったら肩ロースのほうが個人的には好み。ちょっとくどくなるので。

スープ:とろみのあるスープは比較的濃厚。ただ、ちょっとだけ甘みが強いかな。気になるほどでもないけど化調のせいか。臭みはないしくどくなく濃厚な割にはあっさりしている。なんとなくだけど、長浜ラーメンと家系の中間のような味わいのスープ。無難に美味しい。替え玉もいいけど、ご飯に合うスープなのでライスの注文をお勧めします。

最後に。本当はそもそも大分ラーメンというカテゴリーはないんじゃなかろうか。御馳走様。

【閉店】 鎌倉家 大船 7月31日(木)

先日(2016年6月22日)に店の前を通りかかると、閉店したとの張り紙がありました。

2014年6月6日にオープンしたばかりのお店です。他の方のブログでもあまり記事を見かけませんね。神奈川のラーメンブログで有名?なあの方のブログにも登場してないようですし。おそらくは、企業支援等ではなくどこかの企業系のお店じゃないかと。大船にはいくつか家系のラーメン屋さんがありますが後発で開店したのは自信の表れなんでしょうか?

鎌倉家

・住所 :神奈川県鎌倉市大船1-5-5 最寄り駅:JR大船駅
・時間 : 11:00~翌2:00
・定休日:無休?
・駐車場:?
・その他:たぶん禁煙  カウンター18席くらい 接客普通 券売機 給水ピッチャーでセルフ エコ箸 子連れ(幼児)OKだがカウンターのみなので幼児にはちょっときつい エアコンあり 価格は内税 迷ったら醤油 並(690円)

鎌倉家概観
○鎌倉家外観。弘明寺にあった”かまくら家”とは関係ないようです。駅から出て左へちょっと行った以前東京チカラ飯のあった場所になります。

店内入って右手に券売機があり、奥に細長い店舗ですね。カウンターのみで、2階もあるのかな?

鎌倉家食券
○券売機。豚骨醤油・豚骨塩・つけ麺・トッピングという構成になっておりまた左右の配列が他店とは逆で左から右へ高額メニューから低額メニューへとの構成となってますね。ただ値段のつけ方が上手いのでSPを注文する人が多いのではないですかね。今回私は初志貫徹で基本と思しきラーメンにしましたが。

鎌倉家味変1
○味変KIT等卓上の様子。ライスは、OPENから18:00まで食べ放題になってます。定番アイテムは揃っているようです。タマネギのみじん切りがあるとの情報もあるんですが写真を見ると見当たりませんね。KITは一味唐辛子・醤油・ゴマ・ブラックペッパー・漬物・生姜・豆板醤、辣油というところですかね。

鎌倉家味変2
○箸はプラスチック製のエコ箸。ニンニクが見当たらなかったけど写真の奥に写っている複数の容器がそれなのかな?飲んだ後の締めなのではっきりとは覚えてないけど、多分奥の容器も、生姜だったと思うけどなー。それから写真でみても生姜と漬物がほとんどなくなっているけどこれはだめでしょう。ちゃんと補充しないとね。

このとき店員さんは、中国系の男女の店員さん(男性が厨房)でした。特にホールの女性の方は中国系のひとにありがちな愛想がない機械的な接客ではなく仕事を頑張ってる感が出てて愛想も悪くなかったし好感の持てる接客でした。ただ、以外といっては失礼かもしれないけど、客が次々入ってくるので味変KITの状態まで気が回らないのかな。

鎌倉家ラーメン1
醤油(690円)。

鎌倉家ラーメン2
○見た目は家系のそれです。

:中太ストレート麺。低加水タイプかな。コシと言うよりちょっと固さがありすぎると感じました。

具材:海苔が3枚・チャーシュー・ほうれん草。チャーシューの脂がちょっと合わなかったけど、他の具材は悪くない。

スープ:他の方のブログを見ると家系じゃないという記事も見かけますが、独立系家系の平均点的な味です。濃厚を謳っている割にはあっさりしてます。で、あまり特徴がない。やはりどこかセントラルキッチンで大量生産して作っているような感じですな。

おそらく個人店ではないのでしょうね。作っているオーナーの顔が見えないタイプのお店ですね。味は悪くないですが、壱六家をはじめいくつかオリジナリティのある家系のお店がひしめく中で大丈夫なのかなと、大きなお世話ですが思ってしまいました。

※これを書いている途中でよく調べてみると、ケンコーグループのお店じゃないかとの情報がありました。とすると、すぐ目の前にある”博多ラーメン無双”と同じ系列と言うことになりますね。

大船も色々なラーメン屋さんが進出して激戦区化していくのですかね。ただの消費者としては面白いですが。では、ご馳走様。