湘南 食の雑記(ラーメン?)

2014年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年07月
ARCHIVE ≫ 2014年07月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2014年07月  | 翌月 ≫

【閉店】 神龍 辻堂 7月29日(火) 【夏期限定つけ麺】

ほぼ3ヶ月ぶりの神龍です。基本的に新店や未訪のお店に行きたい人(既訪のお店でも気になる未食メニューがあれば良い)なので美味しいお店でもなかなか再び訪れることがないのです。今回は、テラスモールに行ったついでやってきました。

神龍(じんりゅう) 

・住所 :神奈川県藤沢市辻堂2-9-34(洞洞神跡) 最寄り駅;JR辻堂駅
・時間 :11:00~15:00 17:00~22:00
・定休日:日曜日
・駐車場:?
・その他:灰皿がないのでたぶん禁煙 カウンター8席 テーブル4人掛け×1、2人掛け×1
      券売機あり 水は入り口右側にあり(給水ピッチャー)
      子連(幼児)OK 生にんにくクラッシャーあり カエシあり
      物腰柔らかく優しい接客です。お水はセルフ 紅しょうが・高菜等は別皿に自分で盛る 
      麺の固さだけでなく油の量も調整できる

2神龍外観
○神龍外観。看板ができたのかな。(以前の写真には上の看板は写ってませんね)

19時半過ぎくらいに行きましたが、それほど混んではいませんね。

2神龍券売機
○前回写真が大失敗で載せることができなかった券売機。つけ麺以外は特に変わってないかな。

2神龍メニュー
○卓上メニュー。

2神龍味変
○以前は、卓上に味変KITが置いてありましたが、専用のテーブルに置いてあるので、そこにある取り皿に適量を自分で盛るスタイルになったようです。(子供用の皿も置いてあります)
以前書いた「紅しょうがや高菜を入れている容器にトング?を挟む隙間がないのでふたが密閉できないためあまり衛生的でないこと」が改善されていますね。ブログ読んだのかな?そんなことないか。

2神龍壁
○前回との一番の違いは夏季限定のつけ麺があること!過去の情報を見ると以前もつけ麺はやっていたようで、カレーつけ麺というのもあったようですね。

今回本当は、神龍は豚骨ラーメン1種類しかないから(美味しいんだけどできるなら未食のラーメンが食べたいので)「らーめんまる玉」(実際はまる玉もブログを始める前に何回か行ってます)と迷ったのだけど、再開後どんな様子なのか気にもなったので神龍を訪問したのですが、未食のつけ麺があってよかったですよ。

最初に着丼は、奥さん注文のラーメン。

2神龍ラーメン2
ラーメン(550円)。丼の下にお皿があるスタイルはいいですね。っていうか丼が変わっている!

2神龍ラーメン
○旨さが安定してます。でも味が変わったのかな?スープは豚骨の粉なのかよくわかりませんがザラツキがあります。気のせいか少し魚介?魚節?っぽい味がするのだけど。またとんこつの臭みはないので女性でも食べやすいと思うし、いずれにしろ旨いことには変わりありません。

2神龍つけ麺
○私が今回注文したとんこつつけ麺(680円)。並明太子が載ってます。この辺のオリジナリティがいいです。

2神龍つけ麺2
○つけ麺全体像。明太子を除けばシンプルな見た目。

2神龍つけ汁
○つけ汁。

具材:具は変わったところで確かオクラが入っていました。あとは肩ロースのチャーシュー、刻みネギ・モヤシなんかが入ってます。

:神龍といえば長浜ラーメンですが、とはいえ、つけ麺を出す以上やはりふと麺です。他店で出している極太までは行かないけれど、香川のうどんをさらにコシを強くしたようなストロングな麺ですな。よく水切りされて締められていますね。それと、細麺ではないので茹でるのに若干時間はかかります。つけ麺好きの人には全然許容範囲内の時間ですが。小食でなければ大盛りにしましょう!大盛りでワシワシ食べたほうが美味しいと思う。麺量は並で200g、大盛りは替え玉購入で400g。CPはいいと思う。

スープ:ちょっと期待しながらつけ汁を一口飲んで見ます。ん?また一口。おーーーーーなんだこれ?めちゃうまいやんけーーーーー!!!!!。しかもとんこつつけ麺といっているけど、魚介系がブレンドされてるよね?とんこつのほうが全然強いけど、後味のほうに魚介系の風味が残ってきてうんまいですな。
とりあえず、麺をそのままつけ汁につけて食べてみるとやはり旨い。ただし、私は全然気にならなかったけど結構しょっぱくて奥さんはだめだったみたい。女性の場合は、最初からスープ割で少し薄めたほうがいいかもね。

さらに、麺に明太子をつけてからつけ汁に浸して食べてみる。おーーーこれがまた旨いですな。くせになりそう。しばらくつけ汁のみ漬けたり、明太子を絡めたりを交互に繰り返して楽しんでました。

最後は紅しょうが辛し高菜も投入してさらに味変を楽しんでみました。ここの高菜はかなり辛いので量に注意です。結果的には、つけ麺の場合は味変するなら少なめにが吉って事で。

今年食べたラーメンの中では、3本の指には入りますね。(あくまで個人的な感想です)暫定一位かも。

かなり美味しかったです。おすすめ!ご馳走様!
スポンサーサイト

【新店】 ラーメンJUNJI 善行 湘南藤沢地方卸売市場 7月26日(土) (旧だし屋店長の店)

7月17日に藤沢の卸売市場内に新規開店したお店。藤沢市石川にあった(今はリニューアルしてだし屋本店を名乗ってますけど・・・)だし屋の店長がだし屋閉店後、噂の通り湘南藤沢地方卸売市場内にオープンさせたお店になります。

ラーメンJUNJI 

・住所 :神奈川県藤沢市稲荷520 最寄り駅:小田急江ノ島線 善行駅
・時間 : 9:00!~15:00 17:00~21:00
・定休日:水曜日
・駐車場:卸売市場内駐車場
・その他:灰皿がなかったので禁煙かな(場内に喫煙所があります) カウンター15席くらい・テーブル席2卓 新しいので店内綺麗で清潔感があり狭くなくて良い 接客丁寧  口頭注文 給水ピッチャー・ティッシュ卓上にあり 割り箸 子連れ(幼児)OK エアコンあり 価格は内税 迷ったらラーメン(醤油、豚骨)(600円)

JUNNJI外観
○JUNJI外観。これだけ見ると、独立した店舗ではないのでラーメン店かよくわからない感じですでが実際はガラス張りなので店内が外からよく見えます、っていうか丸見えで、ついでに超オープンキッチンで作っているところまでよく見えます。営業中の看板に描いてある卵が心情と言うか決意と言うかあるいは心根を表現しているのかもしれませんね。店舗は、市場奥のほうにあります。店長含めて3人ほどのスタッフでやっているようです。

私は昔から物事に関するストーリーや裏事情とかに好奇心と言うか興味がわくタイプなのです。で、だし屋閉店後の本店は行きましたが、こちらの店主の動向も気になっていたので今回行ってきました。藤沢の市場がどういう感じなのかも一度見たかったっていうのもありましたが・・・。

市場の入り口には関係者以外立ち入り禁止との表示がありますが、横浜の市場と同じく気にせず中に入っていき駐車場の奥のほうに停めます。この日は、午前中朝市と子供まつりが開催されていたようですが、昼を回ってから行ったので閑散としていました。

JUNJIメニュー2
○ラーメンメニュー。以前と比べると醤油が20円アップ、塩と味噌が30円ダウンしたようです。違いは、タンメンと冷やし中華(他の方が注文したのを見ましたが見た目はオーソドックスな形でした。量が多そう。)があるのとトッピングの種類が多いこと。

JUNJIメニュー1
○サイドメニュー。以前との違いは、カレー・チャーハン・大根サラダがあること。

JUNJI卓上
○卓上。カウンター新しそうで綺麗です。ショットバーのようなコの字型のカウンターとテーブル席2択あり、奥のほうに丸見えのオープンキッチン?があります。味変KITはかなり種類が豊富。(今までで一番多いかも)ニンニク・醤油・酢・豆板醤・紅しょうが・ねり辛し・とんかつソース・ラー油・唐辛子・コショー(この時は確認できなかったけど柴漬けもあったらしい)等。本当に使うかな?ちなみに私は今回特に何も入れませんでした。

今回の注文は、醤油ラーメン(とんこつ)・塩ラーメン(鶏がら)・半チャーハン・餃子となっております。

JUNJI醤油1
醤油ラーメン(とんこつ)(600円)。違いは、具材でいえばチャーシューが一枚減って、シナチクが付くようになったこと。(これはプラスポイント)チャーシューは同じ肩ロースだが若干薄くなった?麺は中太までいかない太さで量は少なめ、固さは丁度良い。スープは、家系ではないライトな豚骨醤油。正直物足りないかな。豚骨分量がどうなんだろう。この辺は、だし屋の時より若干マイルドというよりライトになった気がしますね。

JUNJI塩1
塩ラーメン(鶏がら)(600円)。醤油との違いは、具材でいえばごま油を絡めて味付けされたモヤシが載っている(美味しい)のと、胡麻が浮かんでいること。前回記事の写真と比べると海苔が載っている。

JUNJI塩2
○ベースを鶏がらにしたのでスープはかなり透明度の高いあっさりしたもので塩ダレにはあっている。麺は、醤油のものと違うように思う。わりに細い縮れ麺で量は少なめ。美味しいとは思うがいまどきのラーメンと比べると全体的に特徴がないのでラーメンフリークにはあまり受けはよくないと思う。逆にオーソドックスに昔ながらのラーメンが好きな人にはツボだと思います。

全体的にラーメンのタレが3種類とベースのスープの2種類組み合わせられるのはありそうでなくて面白い。

JUNJI餃子ギョーザ(300円)。ちょっと厚めの皮に包まれたモチモチした餃子で、噛むと中から肉汁がジュワッと口に中に広がります。ニンニクはあまり強くない。なかなか美味しいです。

JUNJIチャーハン半チャーハン(350円)。

昔ながらにかまぼこ系が入っていて色取りが良いですな。割とオイリーですが、好みの味付けで半チャーハンにしては量もしっかりあって旨い。他の方も書いてますがおすすめです。

こちらの市場へははじめてきたのでよくわからないけど、立地的にはどうなんですかね。知らないとなかなか入りずらそうだけど。

市場の各お店にも早い時間から行ってもう少しじっくり見たいですね。御馳走様。

旧だし屋 2014/2 

【新店】 大連食府 横浜市神奈川区 7月23日(水) 【ネギとチャーシュー刀削麺】 

開店したのが去年の9月なので、一応新店(開店後一年以内は新店の扱いにしてます)ということで。今回は中華・ラーメン店の乱立地帯になっている神奈川新町(以前訪問した店で言えば、スタンダップ・大黒家商店・あかくろたんたん・すずき家などがあります)にある刀削麺をウリ?にした大連食府 神奈川新町店にやってきました。

大連食府 神奈川新町店

・住所 :神奈川県横浜市神奈川区浦島町2-1 ハマビル 1F 最寄り駅:京急神奈川新町駅
・時間 : 11:00~15:00 17:00~23:00(L.O.22:30)
・定休日:無休
・駐車場:なし
・その他:全面喫煙可(禁煙席なし)  75席(6人掛け程度のテーブル席12卓くらい) 接客普通(中国系の人のようです) 口頭注文 給水ピッチャー(お茶)は各テーブルごと 割り箸 全面喫煙可なので子連れはすすめない 食べ放題・飲み放題メニューあり 藤沢に支店あり 価格は内税 迷ったら刀削麺

大連外観
○お店の外観。最近は料理の写真を掲示している中華料理屋が多いですね。

このお店の並びですが、大連食府以外にもすぐ近隣に3店舗くらい中華屋が並んでおり、またちょっとはなれたところにもいくつか小さな中華屋・ラーメン屋が乱立している激戦区の様相を呈しております。こんなにすぐ近くに並んで営業していたら、潰しあいにならんのかね?それとも相乗効果のほうが大きいんだろうか?ただ、この界隈ほとんどのお店が中華系で、イタリアンやカフェ、洋食等はあまりないのでそういったお店を開店するほうがねらい目かも。近くにいくつか企業があるらしくガテン系の人だけでなくサラリーマンも多いので、中華系の比較的低価格で食べられるお店のほうが集客できるのかな。

そんなことは、どうでも良くて今回の行くきっかけは、以前磯子に”西安刀削麺らぁめん いろは”というお店がありまして、そこのラーメンがですね刀削麺なのにスープは家系という不思議なものを出していてこれが以外に美味しくて気に入っていってましてね。たまたま、その記憶を思い出したんで気持ちは刀削麺モードということで、刀削麺を食べられるお店を探していたら見つけたのでこちらにやってきたわけです。ちなみにそのお店は、おそらくオーナーは変わらず(中華外にあるお店のセカンドブランドらしい)名前が変わって、完全に家系のお店になってしまいましたので、あの刀削麺は食べられなくなりました。

大連外看板
○外看板のアップ(しすぎ)。今気づいたけど、このセットものはライス・スープのおかわりが自由なのね。

大連メニュー1
○刀削麺メニュー。そんなに安くはないね。下のほうが切れているけど、半チャーハンは150円でお得です。

大連メニュー2
○お得な定食、ほとんどが750円で食べられるようです。

大連卓上
○卓上。灰皿が常備されてます。

サラリーマンが圧倒的に多いせいかタバコを吸う人がちらほら、しかも結構煙が漂っているのでもうちょっと換気をどうにかならんもんかね。タバコ嫌いな人ならいられないと思うけど。

セットメニューではなかったせいか他の人より待たされました。注文してから料理が出てくるまで20分ほどかかったかな。待っている間、あとから人がどんどん入ってきてほぼ満席になりました。流行っているようです。また、近くの企業では外国の方も多いようで、英語が飛び交っていて不思議な雰囲気になってました。

大連刀1
ネギとチャーシュー刀削麺(800円)。

大連刀2
○結構具が多い感じです。辛味ネギがたっぷり。

大連刀3
○久しぶりの麺リフト。実食。

スープ:むせるほどじゃないけど、意外に辛いです。辛くてよくわからないけど鶏がらスープなのかなあっさりタイプのものでそれほどコクはない。(中華のラーメンなのでこんなものでしょうか。思ったより良かった。)

具材:ネギとチャーシュー、きゅうり。量はまずまずですが、チャーシューが肩ロースとかなんだろうけど、ハムっぽいもので想像と違ってちょっとがっかり。ネギはシャキシャしてます。

:久々のピロピロした麺ですが、これって本当に刀削なのかな?以前食べたものは、目の前で削りながら湯の中に飛ばしているのを見れたのでよくわかったけど、これって妙に麺の幅と厚さが揃っていて、まるで打った麺のようなんですけど・・・。一本の麺でも末端部と中央部では厚みが異なり、それが独特の食感と味わいを生み出して美味しかったのだけど、この麺はちょっと残念だな。

大連半チャーハン
半五目チャーハン(150円)。

チャーハンは、値段のわりに具材も量もしっかりしているので満足度は高い。飯はパラパラ系。ただし、味が薄めですが、夏で汗により塩分が抜けていく季節なので、むしろ今だけ濃い目の(塩分多め)味付けのほうが、いいんじゃないかなっていうのは独り言。

個人の感想だけど、定食のほうがCPも含めて満足度が高そうですな。ご馳走様。

【新店】 ラーメンショップ 寒川西店 7月19日(土) 【つけ麺+ラーメン】 初訪

今回伺ったのは、ラーメンショップ 寒川西店で新店でございます。以前はローソンがあったところみたいですね。本当にたまたま通りかかって中途半端な時間(お昼をだいぶ周っている)にちょっとお腹がすいていたので、ふらっと入ったお店です。当然予備知識ゼロ。しかも、ラーメンショップ系はあまり入ったことがないんです。

ラーメンショップ 寒川西店

・住所 :神奈川県高座郡寒川町一之宮4-2-18 最寄り駅:JR相模線 寒川駅
・時間 : 7:00~20:00※朝ラーができます。
・定休日:無休
・駐車場:10台くらい
・その他:全面喫煙可(11:00~14:00まで完全禁煙)  カウンター15席くらい・テーブル席2卓・小上がり席3卓があってかなり広い 接客普通(男性店員さん優しい) 券売機 給水機でセルフ 割り箸 子連れ(幼児)OK エアコンあり 価格は内税 迷ったらラーメン 並(550円)

ラーショ寒川外観
○ラーメンショップ 寒川西店外観。開店したばかりで店内綺麗。そして広い。

ラーショ寒川券売機
○券売機。私のスマホにしては珍しくまともに撮れている。なんでだろう?)

この値段を見てて思うのは、基本のラーメンは安いのにトッピングが高く感じること。これをもっと極端にやっているラーメンチェーン店があるけどそれは置いといて、個人的には逆効果じゃないかと思うんだけど。世間一般では違うのかな?トッピングが色々載ってそこそこの値段だけど、ただのラーメンにしたらCPがいまいちであればトッピングが載ってそこそこの値段(基本は1000円以内)の方を選んでしまうのは私だけ?
ラーメンデー用と思われる350円と500円の押しボタンが見受けられるます。

ラーメンショップはあまり行ったことがないので詳しくはないのだけど、ラーメンショップにはラーメンデーというラーメンを安く提供する日があるらしく、大庭店とかは金曜日なのかな?その日は基本のラーメンが350円で食べられるとか。なので、券売機を見ると、左下に項目は見えないようになっていて値段が350円、500円となっているのがそれなのかもしれない。

ちなみに勝手な思い込みだけど、ラーメンショップってわりに古い店が多いので最近はチェーン展開してないのかなって思ってたんですけど、やってるんですね。

ラーショ寒川味変1
○味変KIT。ブラックペッパー・オリジナル豆板醤・オリジナルニンニク。表のひさし?には本部の電話番号は書いてないけど、写真のこれがあるということは所謂椿系のお店のようです。

ラーショ寒川味変2
○ラー油、醤油、酢、給水ピッチャー、ティッシュと揃ってます。テーブル席ですが、綺麗です。(綺麗過ぎてラーショっぽくない

私の撮った写真には写っていないけど、こちらのお店は家系と同じく麺の固さ・味の濃さ・油を指定できる旨、掲示してありました。駐車場も広いので使い勝手のいい店だと思います。

ラーショ寒川ラーメン
ラーメン並(550円)。この時は大人三人でお店に入ってラーメンとつけ麺を1杯ずつ注文しましたが(3人で2杯)、男性店員の方がすぐに”取り皿を用意しましょうか?”と聞いてくれて、こういう心遣いはありがたいですね。(かなり高ポイント)

だいぶ前なんで覚えていないけど、ラーメンショップの麺て細麺なんですね。豚骨醤油系は中太麺に慣れているからちょっと違和感があるけどこれはこれでありかな。濁りのあるスープは突出する味があるわけではないが結構出汁が出ていて美味しい。化調感はけっこう強いけどね。(そこがラーショっぽいところだったかな)値段も安いので全然ありですね。

この平べったい丼も特徴かな。翡翠ブルーっていうんだっけ?関係ないけど、昔子安の辺りにあった龍宝(今は大勝軒になってしまったけど、美味しかったな。旧龍宝のオーナーが子安辺りの大勝軒とたまがったを経営してます)もこういう丼だったな。

ラーショ寒川つけ麺
つけ麺(600円)。

ラーショ寒川つけ麺スープ
○スープのほうにはほとんど具材が入っていないタイプ。チャーシューは肩ロースかな。ちょっとハムっぽい柔らかいもの。わかめはアクセントとしていいと思う。麺は、ラーメンと共通。やはりつけ麺は極太麺で食べたいところですな。また、他の方のブログを見ると”冷水できっちりと〆られており、ポイントとしては油がまぶされていて 麺同士が乾燥してくっつくのを防いでくれています”との情報が見受けられますが全然気づかんかったorz。

つけ麺のつけ汁は大勝軒に倣って軽く酸味を効かした店が多いが、ここのはかなり酸味が強くサンラータンメンのように酸っぱくて私には合わなかった。(食べ勧めるとどんどん酸味がきつくなってくる。)

朝食営業(7時から)やっているのはウリとしていいですね。次回はみそラーメンかな。ご馳走様。

飯田屋 横浜市神奈川区(新子安) 7月15日(火) 【穴子天丼+もりそば】 初訪

久々にそばが食べたくなってネットで検索しながらいろいろな条件の元熟慮した結果(本当はそんなおおげさなものではないけど・・・)、今回は新子安駅から歩いて1分の飯田屋さんへやってきました。この飯田屋さんはなんと創業が明治というかなり老舗の店です。

飯田屋


・住所 :神奈川県横浜市神奈川区子安通り3-340 最寄り駅:京急(JR)新子安駅
・時間 :11:30~15:00 17:00~20:00 土曜のみ11:00~14:00
・定休日:日曜日、月曜日の祝日
・駐車場:?
・その他:灰皿が見当たらなかったので少なくとも昼は禁煙かな? カウンター5席 テーブル3卓 小上がり2卓 子連れ(幼児)OK 接客普通 口頭注文 おしぼりなし エアコンなし

飯田屋外観
○飯田屋外観。

飯田屋卓上
○ラーメン屋とかではないので卓上はシンプルです。特におしぼり等は出てきませんでした。

飯田屋メニュー1
○お得なセットメニュー。丼もの+もりそばか、かけそばが選択できる。昔は蕎麦と言えば温かい蕎麦でないとなんだか食べた気がしなかったのだけど、年齢のせいか今はもりそばのほうが圧倒的に好きになってしまいました。(暖かいのも食べるけどね)

飯田屋メニュー2
○もりとざるの単品メニュー。超一般的な薀蓄として、謂れは置いといて、もりとざるの現在での違いはざるには刻み海苔が載っているがもりには載っていないってことはどうでもよかったですね。

飯田屋メニュー3
○単品及びお酒メニュー。(写真がかなりひどいな

飯田屋メニュー4
○その他の単体そば丼単体メニュー。今気づいたけど夏限定のメニューもあるんですね。

飯田屋穴子丼
穴子天丼+もりそば(1030円)。

実は飯田屋の穴子は地物らしい。子安に漁港なんかあったっけと思うのだが、子安には子安浜という漁港があり、まったく知らなかったのだけど、昔から穴子やシャコの水揚げで有名でそれは現在も続いているとのこと。ちなみに江戸前の穴子と言えば、羽田から子安の沖合いが漁場でだったようですね。穴子って普段全然食べないのだけど、まあそんな情報を仕入れたのでやはり気になってそばと一緒に(セットになっている)注文しました。

がぶりといってみると、サクサクの衣の食感とともにかなりの熱が。あっつーーー。揚げたてなのでかなり熱いですが旨い。衣が厚めで穴子はやや薄めですが、旨いのでOKです。結構、味が淡白なのは淡白なのだけど、かみ締めると美味しいのね、初めて知った。衣も油のギトギト感はなく軽いです。それにご飯に甘めのタレをかなりを染み込ませているのだけど(これはポイント高し)、比較的薄味なので飽きずに食べられます。後はかぼちゃと人参かなんかのてんぷらの小さいのが入ってました。ご飯の量は丁度良い。

飯田屋そば
○そば。更科系のそばですね。更科系なので、そばの風味は強くなく喉越しでさらっといけます。白いそばが綺麗です。(手打ちとの情報もあり)量的には、普段ならセットであればこのくらいでもいいんだけど、この日は蕎麦脳だったのでもう少し食べたかった。(でも富士山盛りは無理)

子安で穴子をもっと宣伝してウリにすればよいのに思うけど、あまり捕れなくなっているようなのが残念ですな。ご馳走様。

清水家 茅ヶ崎市常磐町 7月14日(月) 【ラーメン+キャベモヤ】

こちらは以前、家系の名店と言われる寿々喜家で修行した方が「笑家」というラーメン屋さんを出していた場所ですが、店主さんの体調不良により閉店し(現在は平塚で炎天夏という店を開店しているようです。辛い系のラーメンもやっているのでそのうち行くつもり)、その後寿々喜家での兄弟子に当たる方が現在は経営しています。

清水家

・住所 : 神奈川県茅ヶ崎市常盤町6-41 最寄り駅:JR辻堂駅(ただしバス等利用しないと遠い)
・時間 : 11:00~20:00(L.O.19:45)※閉店時間が早いので注意
・定休日:火曜日・第3月曜日
・駐車場:店の隣駐車場に4台
・その他:完全禁煙 カウンター11席(間は狭くない)  接客丁寧 券売機 給水機あり 給水ピッチャー等なし 店の真ん中付近の炊飯器の辺りにティッシュあり 割り箸 子連れ(幼児)OK 幼児には海苔とサイコロチャーシューのサービスあり  子供への取り分けについて、お子様ラーメン(500円)を発売したのでラーメン1杯に付き1つまで エアコンあり 価格は内税 迷ったらラーメン 並(670円)

清水家外観
○清水家外観。右の壁に見える大きな人の絵が目印になります。そしてそのあたりに駐車場があります。

清水家券売機
○以前より値上がりしていますね。

券売機の写真を見てもらうとわかりますが、ラーメンは1種類のみ。近頃の家系なら、塩味・みそ味・つけ麺は当たり前、下手したら油そばや二郎インスパイアまであったり、もう何ラーメンかわからないようなお店(決して嫌いじゃないけど)まである中で豚骨醤油のみという潔さ。なかなか豪気ですな。

清水家味変KIT
○味変KIT。卓上は掃除が行き届いていて綺麗です。味変はニンニク・豆板醤・コショー・酢、そして生姜。

清水家ご飯
ライス(120円)。カウンターの真ん中くらいの壁側に、炊飯器が置いてある。ライスを注文すると店員さんから茶碗を渡されるので、一杯だけ盛り放題(てんこ盛りOK)できます。

清水家ご飯2
○てんこ盛りまで行かない程度に盛ってみました。茶碗がそれほど大きくないので見た目ほど多くはないのです。(本当か?)左に見えているのが、子供用(幼児用?)のサービスでサイコロチャーシュー、海苔、ほうれん草が入ってます。(ありがたいですな)
清水家キャベモヤ
モヤキャべ(110円)。タレがかかった状態で、別皿にて提供されます。

清水家らーめん
ラーメン並(670円)。固め。

清水家らーめん2
○見た目は家系のオーソドックスなものです。

清水家は今までも何度か来ていますが、その感想はネオ家系とか新家系とか言われるものに近くマイルドというよりライトなもので、美味しいんだけど今ひとつ何か足りない(出汁の強さなのかタレの旨みなのか、はたまた別なものなのか私にはわかりませんが)といったものでした。今回はどうでしょうか?

:酒井製麺の中太平打ち縮れ麺の短め。固めでオーダーしたら思ったより固く茹でて出てきました。この辺がお店によって違うのでそれぞれのお店のクセとして覚えておかないと注文してから”あれっ”となってしまいます。(ちょっとしたら丁度良い固さになるけど)スープによくあっていると思います。

具材:海苔(風味の強くない家系のスタンダードなタイプ。その方が好み)・ほうれん草(他店と比べて量が多い。また、他の家系とくらべてくたっとしてはいない)・肩ロース?のチャーシュー(チャーシューは厚みがあるので歯ごたえがあって味が染みている)、ネギ少々、トッピングのキャベモヤ(暖かくてシャキシャキしたもの、ラーメンの邪魔にならない)

スープ:一口啜る。ん?二口。んん?味を変えた?旨い。私個人の感覚で家系の王道の味だと思う。最近は、壱系の店が多くなってきた影響もあり、いわゆる亜流の家系を食す機会が多く、またその味が好みのため家系で美味しい店と言えば壱系に偏っていたのかもしれないが、やはり王道の味っておいしいと言うことを思い出させられた。スープを口に含んでよく味わった瞬間、出汁とタレのコクと旨み、動物系の甘さが口に広がってとてもバランスがよく美味しい。違う店かと思うくらい。前のような物足りなさはなくなっていた。ただ、懸念することはこれが閉店近くのスープ(よく煮込まれて出汁がよく出て旨みが凝縮される?)のせいなのかブレなのかということ。これがたまたまだったらがっかりなんだけど、とにかく美味しかったのでまた日を改めて行ってみたい。(総本山にも久々行ってみようかな)ご馳走様!

ミナミカレースープ (MINAMICURRY&SOUP) 藤沢市辻堂 初訪

今回はテイクアウトなのでさらっと書いて終わりです。

ミナミカレースープは辻堂にあるカレー屋さん。辻堂駅からサーファー通り?を海側に行くと浜見山交差点の少し手前、右側にあるお店です。前から気にはなっていたのだけど、なかなか行く機会がなかったんですよね。

ミナミカレースープ (MINAMICURRY&SOUP)

・住所 :神奈川県藤沢市辻堂5-20-16 最寄り駅;JR辻堂駅
・時間 :[火~土]11:00~22:00(L.O.21:30) [日]11:00~21:00(L.O.20:30)
・定休日: 月曜日・毎月最後の日曜日
・駐車場:30m北側 月ぎめ駐車場に2台(1番、74番) 
・その他:テイクアウトあり

ミナミカレー外観
○ミナミカレースープ外観。

この隣のホルモン焼きも気になるし、道路を挟んで向かいを少し海側に行くとある泰同門というお店も気になるし、この先をさらに海側に行くととんかつで有名な「大関」や焼肉で有名な「トザワ」、おでんで有名な「ひげでん」などなど食の店がたくさんあってなかなか制覇できませんね。(って別に義務じゃないんだけどね)

話は戻って、奥さんとの会話で最近行ったカレー屋さんの話などしていたら、カレーが食べたくなったからテイクアウトで買ってきてという話になり、「へい、それじゃ買ってまいりやす。」ということで、今回初めて行ってきました。カフェ風の店内で、店主さん一人でやっているようでした。(他にも店員さんいたのかな?)事前にtelで予約を入れてすぐに取りに行ってきました。

ミナミラムキーマ
ラムキーマカレー(760円か810円のどっちかだと思う。忘れた)

ミナミ角煮
豚角煮カレー (M、760円)。Mだと温泉玉子は載らないのかな?

キーマカレーはほとんど辛くないので子供でも大丈夫だと思うが私には物足りなかった。また、ラム肉が入っている(くせがあるらしい)ので合わない人もいると思う。私は全然問題ないが、奥さんはラムの匂いがだめだった。カレーの味はインド風でというわけではないし、家庭的なものでもないし、和風と言うわけでもないオリジナルの味のよう。最近は鎌倉の迫さんの焼きカレーやボンベイの薬膳カレーなどを食したわけだけどカレーといっても本当、いろいろなんだなと改めて思いました

かぼちゃ、人参、ピーマン、なす、とうもろこし等藤沢野菜の素揚げは美味しかった。ご飯も雑穀米でいいのだが、これは通常のライスとの選択ができるといいと思う。

雰囲気も良さそうだったので、今度は実際に行ってお店で食べてみたいと思います。ご馳走様。

寿司割烹末広 神奈川県厚木市七沢 初訪 【北海3色丼】

今回は、山の方までやってきたわけですが、途中でこちらの看板を見かけ、予備知識なしに急遽訪問。なぜか山なのに寿司。まあこんなのもありでしょう。

寿司末広外観
○寿司割烹末広外観。

寿司割烹末広

・住所 :神奈川県厚木市七沢1444-2神奈川県藤沢市城南1-8-5 ※車じゃないときついかな
・時間 :[火~日]11:00~15:00 17:00~22:00(L.O.21;30)
・定休日: 月曜日(月曜が祭日の場合は営業) 月末の火曜日
・駐車場:店の前に5,6台とその他にもあるらしい 
・その他:分煙(11時~14時迄 完全禁煙) 60席 (カウンター7席、テーブル3席、お座敷30席、) 個室あり 子連れ(幼児)OK 接客普通(この日はてんぱってましたね) 口頭注文 おしぼりあり 蒸し寿司と玉子焼きが売りみたい

寿司末広卓上
○卓上。割り箸の箸入れの紙は折ると亀の折り紙ができる解説つき。

こちらのお店はHP等を見ると”本鮪、天然魚、旬の魚、有明海産海苔、自家製玉子焼き、山形産ササニシキ、純米酢、そして握り、すべてのメニューに自信を持ってお勧めいたします。”ということでかなり拘りがあってやっているようです。それからメニューで確認しませんでしたが、山の中にあるためか鮎や、岩魚等の川魚、丹沢産イノシシ、鹿肉等のジビエ料理も提供しているようですね。(野菜は地場野菜)

寿司末広メニュー1
○ランチメニュー。手頃な値段です。

寿司末広メニュー2
○本当だったらこちらのいくつか注文して冷酒でいっぱいやりたいところです。(基本飲兵衛ですが、車の運転があるので泣く泣く断念

寿司末広メニュー3
○蒸し寿司が名物のようで、何度がTVで取り上げられているみたいですね。

寿司末広サラダ
○セットのサラダ。地場野菜なのかな。

寿司末広茶碗蒸し
○安っぽくない結構しっかりした茶碗蒸し。

寿司末広北海1
北海三色丼(800円)。

寿司末広北海2
○カニ・サーモン・イクラ、そして玉子焼き。

寿司末広北海3
○そして味噌汁が付きます。イクラもこの値段にしては量がはいっているし、ちゃんとイクラの味がします(安い店だと時々嘘っぽい味のイクラが出てくることがあるよね?)。カニもパサパサ感はなく、身の味が舌に感じられるもの。サーモンは臭みがなく新鮮。

ちゃんとした寿司屋において800円で3色丼・サラダ・茶碗蒸し・味噌汁が付くのはかなりCPがいいです。

ちょっと気になったのは、昼宴会が入って忙しかったのか、店員さんがちょっとパニクっていて店内があわただしかったことかな。雰囲気自体は全然悪くなかったです。

山の中にあっても侮れないお寿司屋さんでした。ご馳走様!

レストラン びすとろ 神奈川県藤沢市 7月11日(金) 【チキントマト煮マレンゴ風】

藤沢(茅ヶ崎よりの端のほう、辻堂)にあるビストロ。名前もそのままレストランビストロとなっていますが、この辺のネーミングの仕方もかなり拘りがあるのでしょうか。おそらくこの界隈では老舗の部類に入るのではないかと思います。訪問としては、3,4回目くらいかな?

レストラン びすとろ

・住所 :神奈川県藤沢市城南1-8-5 最寄り駅:JR辻堂駅
・時間 :11:30~14:30 17:30~22:00
・定休日:日曜日
・駐車場:?店の隣に停められた様な気もするが・・・ 
・その他:禁煙? カウンター6席くらい テーブル4卓くらい 子連れ(幼児)OK 接客普通 口頭注文 おしぼりあり 以前は時々、JAZZの演奏などもやっていたようです 

ビストロ外観
○びすとろ外観。茅ヶ崎方面から国道1号線を藤沢方面に向うと左側に見えます。

一見入りづらいかもしれないけど、基本ビストロなんでそんなに気取って入るような雰囲気ではなく意外に気楽に入れると思います。

ビストロ卓上
○卓上。

ビストロメニュー1
○メインディッシュのメニュー。洋食屋さんという感じのメニューです。

ビストロメニュー2
○サイドメニュー。おつまみもあるので、ワインを飲みながらつまむのもいいですね。

ビストロワイン
○コノスル カベルネ・ソーヴィニヨン ヴァラエタル。タンニンはそれなりにあるけどそれほど強くないので程よい感じで楽しめる安旨ワイン。飽きが来ないので楽に飲み干せます。

ビストロハンバーグ
○奥さんの注文したハンバーグステーキ(900円)

かわいらしく盛り付けられています。注文が入ってからパンパンとたたく音が聞こえていました。一口食べてみると、デミグラスソースの味のあとにしっかり肉の旨みの感じられる美味しいものでした。ガロニはちょっと寂しいかな。

ビストロチキン
チキントマト煮マレンゴ風(900円)

チキンは鍋で煮込んだものではなく、ソテーされている感じですね。口の中で広がる香りがいい。アレンジが入っているようでクレソンの代わりにパセリ、クルトンの代わりにニンニクチップ。そのほかに、オリーブの実が入っています。ザリガニは入ってないようですね。

今回は、パパッと食事をすませて帰るつもりだったので(その割にはワインフルボトル入れてるけど)、この他にツナとレタスのサラダくらいしか注文しませんでしたが、たまにワインを飲みながらこういった食事をすると気持ちいいですね。それからこういったビストロ形式のお店にもふらっと一人では入れるようになりたいですね。ご馳走様。

【新店】横浜らーめん 源泉 横浜市戸塚区 7月11日(金) 初訪 【赤みそらーめん】

前回の続き、連食の横浜らーめん「源泉」。

最近はラーメンを”らーめん”あるいは”らぁめん”などとひらがな表記のラーメン屋が増えました。各店、どういう思いを込めているのか気になるところですが、こちらのお店はさらに家系なのに店名に家が付かない「源泉」という壱八家からの暖簾分けの店らしいです。

横浜らーめん 源泉

・住所 : 神奈川県横浜市戸塚区戸塚町4118-3 最寄り駅:JR戸塚駅
・時間 : 11:00~24:00
・定休日:月曜日
・駐車場:なし
・その他:完全禁煙 カウンター7席、テーブル10席  店内意外に広い 接客普通 券売機 給水機で黒ウーロン茶とルイボスティーが飲める 卓上にティッシュあり 紙おしぼりあり 割り箸 子連れ(幼児)OK エアコンあったと思う 価格は内税 迷ったら醤油豚骨らーめん(650円)

源泉外観
○源泉外観。国道一号線を通ると目立ちます。

源泉なんていろいろ野望を感じさせるネーミングですが、こちらは2014年年1月18日にオープンしたばかりの家系のお店です。ラーメン以外で特徴的なのは、給水機が二つ置いてあって黒烏龍茶とルイボスティーが飲めるところでしょうか。(暑かったので結局黒ウーロン茶1杯とルイボスティー2杯飲んでしまった。冷水もあったかな?)

源泉券売機
○券売機。写真がボッケボケですまぬ。本流?の家系ではあまり見られないバター・わかめ・もやしなどのトッピングがありますね。(ボケすぎで見えないか)スマホのカメラが壊れてるのかな?ある程度の近さだとボケる確立が非常に高いのよね。

源泉給水機
○お店に入って左側に券売機と給水機が置いてあって、給水機の左脇に使い捨ての紙おしぼりを置いてあって、ちゃんと動線を意識したレイアウトが好感もてます。

お昼も少し過ぎているので前客は一人、二人程度。黒ウーロン茶の入ったグラスと紙おしぼりを持ってカウンター席へ適当に着席。家系の定番、食券を渡す時に好みを聞かれたので麺硬めを注文。

味変KIT
○味変KIT.一通り揃ってます。開店したばかりだし、卓上は綺麗です。

豚骨醤油らーめんは、他の方のブログ等によると私の好きな濃厚家系のようなのでこれは後日に取っておいて、赤みそらーめん(券売機を見ると”赤みそ”と”赤味噌”の二つの表記があるけど、どっち?自分もしょっちゅうやらかすけど、他の場合こういうのは気になるのだ)

待つこと5分程度で着丼。

源泉ラーメン1
赤みそらーめん(750円)。辛そうなルックスですな。

源泉ラーメン2
○特徴的な逆さ富士型丼。一見小さめの丼。

具材:海苔が3枚かな・ほうれん草・チャーシュー(崩れていたので一枚か二枚かよくわからん)・半熟味玉0.5個。ほうれん草が本流にありがちな、くたっとした中国産ではなく、結構新鮮なものだったのは意外だった。0.5個とはいえ半熟玉子が付くのは珍しい。でもうずらの玉子は付かないのか?

:中太やや縮れ麺。スープが濃いので、麺の風味・食感等はよくわからなかった。量は、多くも少なくもなくと言ったところで普通の男性だとちょっと物足りないか。(これは他の家系も共通)

スープ:レンゲで一口飲んでみる。旨いと感じた。が、その後食べ勧めると段々にしょっぱさとくどさが気になってきてペースが落ちる。味は、少々の辛さと・しょっぱさ・甘みが一体となったもの。
辛さが足りないのとこの味に飽きてしまうので、途中で味変。豆板醤・ニンニク少々・ごまを投入するもスープが強すぎてあまり変化しない。このオレンジ色っぽい色は赤みそだけでなくラー油とかも使っているんだろうか。ラー油っぽい味が途中でしつこくなってくるので、これはどうなんだろう。最初は旨いと思うのに後半戦飽きさせない工夫はなにかないもんだろうか。そうはいっても他の方のブログでは、絶賛している方も多いので、あくまで私個人の感想です。家系のみそはハズレが多いのだけど、(まずくはないけどわざわざ出さなくてもいいのにと思う味)ここのは、違ったアプローチで今後期待させるものがあったので、しばらくしたらまた食してみようか?でもベースのこのスープがいい感じだったのでやはり次回は豚骨醤油にしてみようかな。 ご馳走様。