FC2ブログ

湘南 食の雑記(ラーメン?)

2014年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年05月
ARCHIVE ≫ 2014年05月
      

≪ 前月 |  2014年05月  | 翌月 ≫

らーめん せたが屋 京急鶴見駅店 5月18日(日) 魚郎

このブログでは、初めての鶴見のお店。しかも、関東のラーメン好きならたいていの人は知ってるかな?のせたが屋グループなのです。せたが屋は確か以前フジテレビの敷地内でやっていたラーメン博覧会みたいので食べたきりなのだけれど、なかなか美味しいラーメンだったので、いつか店舗で食べたいなとずっと思っていたのです。本当は、その時のお目当ては麺劇場玄瑛という福岡県のお店で、以前現地で食べたときに非常に美味しく、また食べたいなと思っていたんだけど、さすがに福岡までしょっちゅういけるわけもなく、ある時フジテレビの企画で出店するのを聞いたのでいそいそと出かけて一食だけではもったいないので、有名店のせたが屋のラーメンを食したというしだいです。

らーめん せたが屋 京急鶴見駅店  

 ・住所 :神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1-30-22  最寄駅:京急鶴見駅
 ・時間 : 11:00~23:00  8:00~10:0 朝ラーメン有り
 ・定休日:なし
 ・駐車場:なし(近傍のコインパーキングへ) 近くに有料のバイク駐輪場もあり
 ・その他:完全禁煙 カウンターのみ16席 券売機 割り箸
      子連れ(幼児)OK 給水ポットあり 接客は丁寧なほう
      今回食したのは魚朗ラーメン(930円)

せたが屋外観


鶴見駅の近くへ行くなんて何年振りよってな感じなのですが、ずいぶん変わっていてびっくりしました。年の経つのは早いものなのね。そんなことはどうでもいいのだけれど、せたが屋です。つい何日か前にもせたが屋出身の店主さんがやっている茅ヶ崎のまつやにも行きましたが、結果的に伏線になっていましたね。

話は変わって。上の写真でもわかりますが、ラーメン屋さんの店主さんはなんで腕組みで写真がとる人が多いんですかね。なんとかウォーカーとかのような雑誌で特集を組まれると決まってみんな判を押したように腕組みですよね。それに店頭に顔出し写真って・・・これって自己顕示欲の表れなのかそれともプロデューサーみたいな人の指示なんですかね?普段たまにしかラーメンを食べない人は逆に入りづらいような気が・・・。それにもし私がラーメン屋さんをやったとしたらむしろマスクをかぶってやりたい・・・オペラ座のファントムのようにっていうのは冗談だけど、以前に本当にマスクをかぶってやってるラーメン屋さんがあったと思ったけど。

閑話休題(これって普段使うことないよね?特に仕事のときなんか)

初せたが屋(実店舗では)グループですが、まずは券売機から。

せたが屋券売機
緊張したわけじゃないけど、うまく撮れんかった。orz
本来基本のラーメンを食すのが王道だと思うのですが、せたが屋流二郎インスパイアと聞くとあら不思議からだが自然に魚郎らーめんのボタンを・・・。押してしまったものはしょうがないよね。ということで、お姉さんにカウンターの端へ案内され(格好が汚いからか?端のほうが落ち着くからいいけどね)着丼待ちです。ちなみに、にんにく入れますかしか訊かれません。

入ったときは、まだ2,3席あいてましたが着席したとたんウエイティングが6,7名に。これもいつもの法則か?

せたが屋味変2
味変KIT。一通り揃ってます。カウンターはきれい。

せたが屋刻みネギ
他の店と違う特徴的なところは、まずガツン汁。昆布、煮干、鰹節からとった濃縮旨味かえし入っていて追加すると魚系の風味が増すというもの。次に、ガツンカレー・これはそのまんまカレーパウダーですな。以前は、本牧のやらかし亭でも出してましたね。あれとは違うものですが。それから、玉ねぎの刻んだもの。これは嬉しいサービスです。

ちょっと長めに待ってから(インスパイア系なのでこれは通常時間かな)着丼です。

せたが屋ラーメン1
魚朗(ぎょろう)らーめん(930円)店員のおじさん丼置くときにスープがこぼれてましたが、実際受け皿があるので私的には何の問題もないんですがね、スープがなみなみと入って店員さん大変だなと思って。どうせスープを飲み干すなんて私にとって殺人的なことはしないのでもう少し少なくても良いんですがね。インパクトねらいですかね。ちょっともったいない。

せたが屋ラーメン2
背脂がすごいことになっていてなかなかインパクトのあるルックスですね。

せたが屋ラーメン3
麺リフト(多少ミーハーかもしれませんが最近は毎回やってますね。結構恥ずかしかったりしますが)

せたが屋ラーメン4

:中太ストレート麺、麺量225g、断面四角い。インスパイアだと思って食べるので、極太じゃないのと麺量が少ない(300gはほしいところ)のががっかりです。コシはあってモチモチしているが、昨今のインスパイア系とすれば特徴がない。
具材:もやし、キャベツ、よくわからないけどシナチクが入ってたかな?チャーシューはバラが2枚にトントロが2枚。野菜はもっと多くしてほしいしあまり印象に残っていない。入れ放題の玉ねぎはさっぱりしていてなおかつ辛くなくていいね。食感もシャリシャリしていて良い。乗せてみました。(一番下の写真)にんにくは風味が強くないけど、わざとかな?チャーシューはバラよりもトントロのほうが美味しかったがもう少し味が濃いほうが好み。炙ってあって香ばしいのは良い。
スープ:背脂がかなり浮いているので、もしかしたら脂っこいのかなと思ったらそれほどでもない。最初一口スープを飲んだときは、魚介系のインスパイアって感じがしてたけど、ラーメンを食べ始めるとインパクトが薄くなって普通の醤油ラーメンっぽくなる。粘度はあまりない。インスパイアを想像して食べると肩透かしを食らうくらいさっぱりしている。途中でガツン汁とガツンカレーを投入。ガツン汁はよくわからんかった。たぶんいっぱい入れないとだめみたい。小心者なんで遠慮がちに入れてみた。カレーは、そのまんまカレーですな。ありだけど。入れすぎると元の良さが失われますね。

うーーーん。あえてインスパイアって言わなくていいんじゃないのか。二郎系が好きな人には物足りないと思う。っていうか期待しすぎたかもね。二郎と比較しなければ全然ありだと思う。(二郎のイメージが邪魔をしちゃう)

やはり、今度は基本のせたが屋らーめん(1030円)にしよう。四万十川あおさのりも、うりのようだし。(好きなんだよね。また、四万十川に行きたい。)

ご馳走様。
スポンサーサイト