湘南 食の雑記(ラーメン?)

2014年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年05月

荒湘 辻堂店 5月26日(月) とんこつ塩と醤油ラーメン

辻堂界隈では老舗の有名店で、大庭に本店があります。(いつものあれだけど、本当は湘南ねぎ家に行ったのだけど、やってなくてこちらを訪れたのは内緒の話)ここは数年前まで家系の辻吉家がやっていた場所でそのまんま居ぬきですね。辻吉家は辻堂駅の近くで炭火焼ごりというお店でラーメンを出しているようです。

荒湘 辻堂店

 ・住所 :神奈川県藤沢市辻堂元町4-17-8 最寄り駅:JR辻堂駅(徒歩20分くらい)
 ・時間 :11:00~22:00(L.O.21:45)
 ・定休日:水曜日
 ・駐車場:有り(店の前1台、店の裏の駐車場に2台)
 ・その他:禁煙 カウンター10席くらい 子連(幼児)OK
       接客普通 給水機 ティッシュあり(ポケットティッシュもあり) エアコンあり?
       水はセルフ 子供用取り皿あり エコ箸

荒湘外観
○外観写真が思いっきり失敗していたので、小さな写真で。

一応家系にカテゴライズされているようですが、私の中では家系ではありません。鶏油だとかの甘みは効いていないのでオリジナルなとんこつラーメンです。見た目は、完全に家系のそれですが、家系が無性に食べたいなって思う時には選択肢に上がることはありません。食べるとしたらガテン系のラーメンが食べたいなっという時ですかね。(わかりづらい表現でごめんなさい)

荒湘券売機
○券売機。味噌、塩、醤油、とん辛、つけ麺、中華そばと多様ですな。以前よりちょっと値上げしてます。(基本のラーメンが550円)

荒湘お子様ラーメン
○お子様ラーメン(350円)もあるのはポイントが高い。

荒湘卓上メニュー
○醤油、塩、味噌の順に50円ずつアップしていきます。

荒湘メニュー2
○自信の表れかチャーシュー麺系になると急に高めの値段設定になってますな。(最近はこういうのに惹かれなくなってきました。あの頃は・・・ 遠い目)。似たようなところでは関内の和蔵でこれに輪をかけてとんでもないチャーシュー麺を提供しています。誰が食べるんだろう?

荒湘味変KIT
○味変KIT。
 ここに写ってないのもありますが、にんにく・豆板醤・酢・醤油・ラー油・コショー・ごま塩 一通りそろってます。(少しほ○りが・・・)

今回の注文。私がしおラーメン。奥さんがしょうゆラーメン。そして子供と共用でとん肉ライス。

麺上げは平ザルを使用していました。麺は、しょうゆとしおで同じものだと思います。どこの製麺所かはわからない。

荒湘塩ラーメン1
しおラーメン(650円) 夜に行って他に客もいなかったのでそれほど待たずに着丼。

:。結構黄色みが強い中太ストレート麺。やや固めで小麦粉の風味が出ています。好みです。食感がよくスープに絡んで合っている。麺量はこんなもんかな。
具材:のり・ロース系のチャーシュー・うずらの卵・ほうれん草・もやし。しょうゆにはないのでしおラーメンにのみもやしがつくみたい。チャーシューは、あまり味のないものでバラチャーシューのほうがいいな。うずらの卵が乗っていますが、壱系でありません。海苔は、家系のものより若干風味が強い感じがする。しおラーメンだとこれくらい風味が出ていても良い。もやしはしゃきしゃきでよい。
スープ:見た目茶色より白よりの濁りのあるスープ。(しおラーメンなので若干白っぽい)本当にライト系の豚骨出汁で、しおダレが強い。家系というよりラーメンショップよりです。この系統のスープは個人的にコショーを投入すると美味しさアップするのですがうっかり忘れて気づいた頃にはラーメンがほとんどなかった。orz また、ブレなのかもしれないがしょっぱい。

荒湘醤油1
ラーメン(600円) 奥さんが注文したもの。味は、しおよりこっちのほうが好みかな。

荒湘ライス
○とん肉ライス。そぼろ上のひき肉?に味を絡めて炒めたのかな。味がこいので、沢庵は余計。結構ボリュームがある。CPよし。

今回は注文しなかったけど、前に食べたときチャーハンが美味しかったような。

ご馳走様。
スポンサーサイト

味無双 藤沢市本鵠沼 5月25日(日)

前から行ってみようと思っていてなかなか行けなかった北海道ラーメンのお店です。店主さんは、ススキのラーメン横丁で店長をしていたということで、本場札幌ラーメンなのか?

味無双

 ・住所 :神奈川県藤沢市本鵠沼2-7-20 最寄り駅:小田急江ノ島線本鵠沼駅
 ・時間 :[水~月] 11:00~22:00  [火]11:00~15:00
 ・定休日:無休
 ・駐車場:有り(店の前、隣)8台くらい
 ・その他:禁煙 カウンター6席くらい 4人掛けテーブル3卓 子連(幼児)OK
       接客普通 給水ポットあり ティッシュあり エアコンあり
       水はセルフ 子供用取り皿等セルフ 口頭注文 割り箸

味無双外観
青系の看板ってあまりないような。

味無双お品書き
サービスセットが開店~閉店までなんていいサービスですね。(以前は、時間が決まっていたみたい)。ラーメンは、札幌味噌、旭川醤油、函館塩という北海道シリーズのようですが、3種類とも同じ価格というのは珍しいです。北海道ラーメンがウリですが、つけ麺もあって、やはりその辺は今時ですね。(悪いわけではないよ。美味しけりゃいいのよ)ご飯物にいくら丼があるのが、らしいですね。

さて、初訪でなければ雷ラーメン(写真見づらくてごめんね)行きたいところですが、やはりここは基本として味噌ラーメンで行ってみたいと思います。

味無双味変
味変KITはシンプル。すべて店頭販売品。よく見たらにんにくがありませんね。

味無双味噌ラーメン1
私の注文品。味噌ラーメンAセット(ミニチャーシュー丼) 650円+250円(税抜き)

:中太のちぢれ麺。たまご麺ではない。西山製麺では無さそう。あまり印象に残らない麺。湯で加減は丁度いいかな。
具材:豚バラチャーシュー・メンマ・モヤシ・ネギ チャーシューはほぐしてしっかり味付けがされたもの。メンマは穂先?
スープ:比較的どろっとした白味噌ベースのスープ。甘みは弱い。(あまり強いのは好みではない)一番の特徴は、豚骨が強いというか、豚骨臭がかなり強いその匂い。これは、苦手な人は全然だめだと思う。私自身は、それほど気にしないほうなのだけど、最初から鼻について、食べるにしたがってどんどんにおいが強まっていくようで正直合わなかった。味噌ラーメンでこんなに豚骨臭の強いラーメンは食べたことがないな。それと、これ本当に札幌スタイルなのかな?あまりそんな感じがしないけど。気のせいか?

味無双チャーシュー丼
○ミニチャーシュー丼
具材:豚バラチャーシュー・刻み海苔・ネギ・ゴマ ご飯にはタレを染み込ませています。

味無双塩ラーメン
奥さんが注文した醤油ラーメン。醤油といいながら、透明なスープにしっかりラードが浮いています。こちらは豚骨ではなく鶏がらのようです。丸鶏かな。麺と具材は、同じっぽいですが?このスープは美味しかった。ラーメン単体でいただくなら、大盛りぐらいが丁度よさそう。

味無双いくら丼
○子供の大好きなイクラ丼。基本私はありつけません。写真を撮り忘れましたが、餃子は味は普通で餡が少なめっていうか餃子全体が小さめなので物足りない。メニューを見ると餃子3個で税抜き250円とあるけど、同じものならかなりCPが悪いといえると思う。

奥さんが注文したのは、醤油ラーメンA・Bセット(ミニイクラ丼、餃子3個) 1000円(税抜き)

ご馳走様。

麺屋らう 辻堂 【閉店】

”「麺屋らう」のラーメンは、湘南で珍しい「本格背脂チャッチャ系」と「あっさり系」の両方をご用意。”(HPより)の辻堂にある麺屋らうさんが”5月31日をもちまして一身上の都合により閉店とさせて頂きます。”とのことです。湘南地区ということで、このブログでもいずれ取り上げようと思っていたのですが、残念ですね。実は今日、本当にたまたまらうの前を通りかかったら行列ができていて、「ここの店ってこんなに行列ができるほど人気があったっけ?」と疑問に思ってたんだけど、(湘南地区でいつも行列ができる店は非常に少ないので)これが理由だったんですね。

長い間お疲れ様でした。

【閉店】 だし屋 本店 5月24日(土) 藤沢市石川 【新店】 リニューアルオープン?

事情はよくわかりませんが、だし屋が閉店したと思ったら、だし屋本店がオープンしました。なんか軋轢でもあったんですかね、行って雰囲気悪かったらやだなとも一瞬思ったのだけれど大好物の新店?(まあ人が変わったのは間違いないのでよしとして)ということもあり、出かけてきましたよ。

だし屋 本店

 ・住所 :神奈川県藤沢市石川3-22-3
 ・時間 :11:30~15:00のみ?
 ・定休日:?土日はやっているみたい
 ・駐車場:有り(店の隣、第2駐車場有)11台くらい
 ・その他:禁煙 カウンターのみ20席くらい? 子連(幼児)OK 子供椅子有り
  接客丁寧 給水機2箇所 ティッシュあり

DA05255.jpg
看板のところに関東ラーメンの文字が消えました。(食べ終わってお店から出て撮影)

前回訪問時のレビュー
だし屋

本当は、今週は体調を崩していて、土曜日ひたすら寝まくっていたら昼を大幅に過ぎていてびっくり。なので行ってもし閉まっていたら松湘家にしようかと思っていたのは内緒の話。(松湘家は未訪)

意外と言っては失礼だけど意外に人がいましたね。3時ちょっと前に行ったのでもしかしたらL.O.の時間に引っかかるかもしれないし、大丈夫でも時間が遅いのでほとんど人がいないだろうと思っていたら、10人くらいいましたかね。やはり人気があるようです。

DA05256.jpg
新しくなった、だし屋本店(今回訪問)の券売機

だし屋券売機
のだし屋の券売機

こうして上下で比較してみると、多少の違いはあるものの、値段設定・メニュー等に基本変化はないようです。(ビールがなくなっているまぁ基本、車なんであまり関係ないけど)

DA05257.jpg
新メニュー表 右上の営業時間からすると昼間しかやってないのかな?

DA05251.jpg
味変KIT。これも以前と変わってないようです。(入れ物含めて)

DA05252.jpg
そして今回の注文は、基本のラーメン(580円)。行った時間と体調を考慮して泣く泣く大盛り・トッピング・ライス等はなしで・・・

DA05253.jpg
油が多めな感じ。(油多め等のオーダーは一切してません。ってここは本来できないんだっけ?)いままでと大きく違うのは、わかめがない。家系ライクなラーメンのトッピングとしては、通常わかめはないほうが多いのだけど、ここのお店はわかめが特長だったのに残念に思う人は多いかも。ただ個人的には、家系タイプにはどうもわかめが合わない感じがするのでこれはこれで構いませんが。

DA05254.jpg
と、いうことで実食です。

”豚骨に昆布、煮干し、干しエビの和風だしをブレンドした、旨味たっぷりなWスープが味の決め手”とのことですが。まずは、スープを一口。

スープ:他の方のレビューを見ると魚介系が強くなったという意見が見られるけど、私の感想は逆で以前に比べると油がきつくなって、さらに魚介系よりむしろ動物系のスープが強くなって魚介系があまり感じられない印象なんだけど。ブレンドの比率が違うのかブレなのか?以前の味のファンからすれば劣化したという意見が多くなりそうだけれど、私的には、以前はあまり特徴がなくて豚骨のだしをとった醤油ラーメンという印象だったのだけど、今回はもう少しジャンク度が上がって家系の亜流の豚骨醤油ラーメンという感じに変化して以前より美味しいと感じた。(通っていたいた人と真反対の意見かもしれないけど、駄舌の一個人なもんで・・・)油が苦手な人は、少なめにしてもらったほうがいいかも。また、スープの温度が低いのが残念。スープの生姜の味がなくなった。
具材:のり3枚。もやし少量。チャーシューはバラ肉に変更。以前あったわかめがなくなった。海苔は、以前と同じだと思うが少し風味が強いもの。ネギがなくなったような。入れ忘れ?わかめ以外の大きな変更は、とろとろのバラチャーシューに変わった。味が私にはちょっと濃すぎるな。味の薄いチャーシューが多いなか珍しい。肉が、生姜ダレにつけられているのかな?ちょっと二郎の豚っぽいのでもう少し味付けを薄味にしてくれれば結構美味しいかも。
:麺量は、値段が値段なんで少ない。小腹が空いた程度であれば丁度いい量だが、男性がしっかり食べたいなら増量するかご飯物がほしいところ。また記憶が定かではないが、以前と違う麺なのかな?中太ちぢれ麺なのだが、ちぢれ具合が大きく感じる。

・気になった点は。前客が帰った直後なのかもしれないが、カウンターが汚れていてそのままだった。
・丼は以前と同じものを使用。
・白髪の年配の方が店長なのかな?その他、男性2名。年配の方が仕切って仲良く仕事をしている印象。接客は丁寧。お店の雰囲気はよかった。
・常連だった人とは違う意見になるかもしれないけど、結構美味しかった。

ご馳走様。

らーめん せたが屋 京急鶴見駅店 5月18日(日) 魚郎

このブログでは、初めての鶴見のお店。しかも、関東のラーメン好きならたいていの人は知ってるかな?のせたが屋グループなのです。せたが屋は確か以前フジテレビの敷地内でやっていたラーメン博覧会みたいので食べたきりなのだけれど、なかなか美味しいラーメンだったので、いつか店舗で食べたいなとずっと思っていたのです。本当は、その時のお目当ては麺劇場玄瑛という福岡県のお店で、以前現地で食べたときに非常に美味しく、また食べたいなと思っていたんだけど、さすがに福岡までしょっちゅういけるわけもなく、ある時フジテレビの企画で出店するのを聞いたのでいそいそと出かけて一食だけではもったいないので、有名店のせたが屋のラーメンを食したというしだいです。

らーめん せたが屋 京急鶴見駅店  

 ・住所 :神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1-30-22  最寄駅:京急鶴見駅
 ・時間 : 11:00~23:00  8:00~10:0 朝ラーメン有り
 ・定休日:なし
 ・駐車場:なし(近傍のコインパーキングへ) 近くに有料のバイク駐輪場もあり
 ・その他:完全禁煙 カウンターのみ16席 券売機 割り箸
      子連れ(幼児)OK 給水ポットあり 接客は丁寧なほう
      今回食したのは魚朗ラーメン(930円)

せたが屋外観


鶴見駅の近くへ行くなんて何年振りよってな感じなのですが、ずいぶん変わっていてびっくりしました。年の経つのは早いものなのね。そんなことはどうでもいいのだけれど、せたが屋です。つい何日か前にもせたが屋出身の店主さんがやっている茅ヶ崎のまつやにも行きましたが、結果的に伏線になっていましたね。

話は変わって。上の写真でもわかりますが、ラーメン屋さんの店主さんはなんで腕組みで写真がとる人が多いんですかね。なんとかウォーカーとかのような雑誌で特集を組まれると決まってみんな判を押したように腕組みですよね。それに店頭に顔出し写真って・・・これって自己顕示欲の表れなのかそれともプロデューサーみたいな人の指示なんですかね?普段たまにしかラーメンを食べない人は逆に入りづらいような気が・・・。それにもし私がラーメン屋さんをやったとしたらむしろマスクをかぶってやりたい・・・オペラ座のファントムのようにっていうのは冗談だけど、以前に本当にマスクをかぶってやってるラーメン屋さんがあったと思ったけど。

閑話休題(これって普段使うことないよね?特に仕事のときなんか)

初せたが屋(実店舗では)グループですが、まずは券売機から。

せたが屋券売機
緊張したわけじゃないけど、うまく撮れんかった。orz
本来基本のラーメンを食すのが王道だと思うのですが、せたが屋流二郎インスパイアと聞くとあら不思議からだが自然に魚郎らーめんのボタンを・・・。押してしまったものはしょうがないよね。ということで、お姉さんにカウンターの端へ案内され(格好が汚いからか?端のほうが落ち着くからいいけどね)着丼待ちです。ちなみに、にんにく入れますかしか訊かれません。

入ったときは、まだ2,3席あいてましたが着席したとたんウエイティングが6,7名に。これもいつもの法則か?

せたが屋味変2
味変KIT。一通り揃ってます。カウンターはきれい。

せたが屋刻みネギ
他の店と違う特徴的なところは、まずガツン汁。昆布、煮干、鰹節からとった濃縮旨味かえし入っていて追加すると魚系の風味が増すというもの。次に、ガツンカレー・これはそのまんまカレーパウダーですな。以前は、本牧のやらかし亭でも出してましたね。あれとは違うものですが。それから、玉ねぎの刻んだもの。これは嬉しいサービスです。

ちょっと長めに待ってから(インスパイア系なのでこれは通常時間かな)着丼です。

せたが屋ラーメン1
魚朗(ぎょろう)らーめん(930円)店員のおじさん丼置くときにスープがこぼれてましたが、実際受け皿があるので私的には何の問題もないんですがね、スープがなみなみと入って店員さん大変だなと思って。どうせスープを飲み干すなんて私にとって殺人的なことはしないのでもう少し少なくても良いんですがね。インパクトねらいですかね。ちょっともったいない。

せたが屋ラーメン2
背脂がすごいことになっていてなかなかインパクトのあるルックスですね。

せたが屋ラーメン3
麺リフト(多少ミーハーかもしれませんが最近は毎回やってますね。結構恥ずかしかったりしますが)

せたが屋ラーメン4

:中太ストレート麺、麺量225g、断面四角い。インスパイアだと思って食べるので、極太じゃないのと麺量が少ない(300gはほしいところ)のががっかりです。コシはあってモチモチしているが、昨今のインスパイア系とすれば特徴がない。
具材:もやし、キャベツ、よくわからないけどシナチクが入ってたかな?チャーシューはバラが2枚にトントロが2枚。野菜はもっと多くしてほしいしあまり印象に残っていない。入れ放題の玉ねぎはさっぱりしていてなおかつ辛くなくていいね。食感もシャリシャリしていて良い。乗せてみました。(一番下の写真)にんにくは風味が強くないけど、わざとかな?チャーシューはバラよりもトントロのほうが美味しかったがもう少し味が濃いほうが好み。炙ってあって香ばしいのは良い。
スープ:背脂がかなり浮いているので、もしかしたら脂っこいのかなと思ったらそれほどでもない。最初一口スープを飲んだときは、魚介系のインスパイアって感じがしてたけど、ラーメンを食べ始めるとインパクトが薄くなって普通の醤油ラーメンっぽくなる。粘度はあまりない。インスパイアを想像して食べると肩透かしを食らうくらいさっぱりしている。途中でガツン汁とガツンカレーを投入。ガツン汁はよくわからんかった。たぶんいっぱい入れないとだめみたい。小心者なんで遠慮がちに入れてみた。カレーは、そのまんまカレーですな。ありだけど。入れすぎると元の良さが失われますね。

うーーーん。あえてインスパイアって言わなくていいんじゃないのか。二郎系が好きな人には物足りないと思う。っていうか期待しすぎたかもね。二郎と比較しなければ全然ありだと思う。(二郎のイメージが邪魔をしちゃう)

やはり、今度は基本のせたが屋らーめん(1030円)にしよう。四万十川あおさのりも、うりのようだし。(好きなんだよね。また、四万十川に行きたい。)

ご馳走様。

ちゃんぽん浪漫食堂 新子安 5月17日(土)

き京急新子安駅から歩いて数秒のちゃんぽん専門店です。店内はレトロな雰囲気で、ちゃんぽんのお店としては、結構美味しい部類に入ると思う。

ちゃんぽん浪漫食堂 

 ・住所 :神奈川県横浜市神奈川区子安通3-289-3 美珍ビル 1F  最寄駅:京急新子安駅
 ・時間 : 【月~土】11:00~翌1:30(L.O.1:10)
 ・定休日:日曜日
 ・駐車場:なし
 ・その他:分煙(昼は禁煙、14時以降喫煙可) 14席 (カウンター6席、テーブル8席)
      テーブル席は、混んでいると相席になるようです
      子連れ(幼児)OK 口頭注文 給水ポットあり 紙おしぼりあり
      接客は普通 口頭注文
      
浪漫外観

ちゃんぽんってラーメンに分類してよいものかよくわからないけど、とりあえずラーメンカテゴリーにしておきます。店内狭めで昭和レトロな店内です。 ちゃんぽん研究所を名乗っているだけあってかなりの種類のちゃんぽんがあります。また、漫画本が結構置いてありますね。昼飯で入って前客3人後客4人くらい。

浪漫メニュー
メニュー。今回は野菜が食べたかったので野菜ちゃんぽん麺にしましたが、焼きちゃんぽん麺っていうのも気になるな。豚骨ラーメンもあります。

浪漫ドリンクメニュー
ドリンクメニュー。居酒屋的な使い方もできるようで、ビールやウーロンハイが安いですね。

浪漫辛い系メニュー
辛い系のちゃんぽんも充実してます。

浪漫味変kit
使わなかったけど、味変KIT。一通り揃ってます。皿うどん用の辛子もありますね。カウンターは結構年季が入っているけどきれい。

浪漫ちゃんぽん1
待つこと数分。野菜ちゃんぽん麺(730円)+ご飯小(100円)。

浪漫ちゃんぽん2
かなり具沢山。

浪漫麺
具材:モヤシ、キャベツ、にんじん、キクラゲ、カマボコ、豚肉、イカ。よく炒められて美味しいです。かなりの量。

スープ:白濁系の香ばしいスープ。割とあっさり目でスープ量は少なめ。個人的には、リンガーハットより好み。だいぶ前に奥さんと来たことがありますが、奥さんはリンガーハットのほうがいいみたい。

麺:ちゃんぽんの麺は、唐灰汁麺という専用の麺を使うらしいがここはどうなんですかね。やや黄色いつるつるしたあまり弾力のないぶつぶつ切れる中太ストレート麺。野菜でわかりづらいけど麺の量は少な目かな。(正直あまり好みではなかったのは内緒の話)前に食べた麺と同じ麺なのかな?前はもっと良かったような気がするけど。

ライスの量は普通。

野菜がいっぱい食べられたので体によかったような気になって今回は締め。次は、焼きちゃんぽんにしてみようか?

ご馳走様。

【閉店】まつり家 藤沢遠藤 5月16日(金)

本年2回目のまつり家です。奥さんがどうしても家系が食べたいというので、迷った末にまつり家に決定して3ヵ月半ぶりの訪問。

前回訪問。
http://rahmenbishoku.blog.fc2.com/category1-2.html#entry8

まつり家 

 ・住所 :神奈川県藤沢市遠藤937-6 最寄駅:香川駅(ただし、歩くような距離じゃない。車必須)
 ・時間 : 11:00~22:30
 ・定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
 ・駐車場:店の前に4台くらいとすぐ近くの駐車場に数台分あり(前より減ったかな)
 ・その他:禁煙 カウンターのみ17席 子連(幼児)OK、子供用椅子あり、券売機、トッピングは現金
      基本家系なので好みのオーダー可 子供にはお菓子と海苔のサービスあり
      (女性店主は子供に優しい)水はセルフで給水器1箇所 トイレ普通
      待ちの場合、店内で待てる。女性店主。店員4名くらい。      

まつり家外観0516
前回は貼らなかったまつり家外観。来た人はわかりますが、まつり家は駅からも離れた住宅街の中にあり、車かバイクじゃないと来るのは結構大変な場所かも。(有名店でなければわざわざ来ない場所ですな)

まつり家中0516
ラーメンの丼は、こぼれたスープの油でべとべとですが、カウンターは比較的きれいです。壁のほうにその日に提供できるライス物を掲示してます。この日のライスは、白飯か豆腐丼。前はマーボー丼だったけど今回は軽く味付けした豆腐丼。(豆腐丼って聞いたことないけど・・・)そして、カウンターには、調味料の説明。

まつり家味変KIT0516
味変KITは充実しており、オリジナルの商品もあります。今回は、コショー、刻みしょうが、行者にんにくを途中から投入。

まつり家カスタマイズ0516
ラーメンのカスタマイズの仕方が掲示されています。ラーメンをハーフ(麺少なめ)にすると、のり4枚か味玉がついてきます。

まつり家券売機0516
増税後、前回と比べるとラーメンとライスはそれぞれ20円ほど上がったようです。

まつり家ラーメン0516
今回の注文 ラーメン並(650円)+ライス(豆腐丼、150円)固め+濃いめ

まつり家ラーメン05161
ライスは、今回選択肢があまりないので豆腐丼にした。個人的には、あまり味が合わなかった。薄い味付けで、ラーメンを食べながらだと豆腐はいらないかな。白いライスで十分だったし、納豆があったらその方が良かった。量は、結構多めでCPは良い。

ネギもやしが前回より少ないような?値段は変わらないのだけどね。前にも書いたけど、よく何らかの事情で、値上げをしなければならないときに値段を変えずに量を少なくするパターンと素直に金額を高くするパターンがありますが、私は、量を少なくするくらいだったら素直に値段を上げてほしい派なのでこれは嬉しくないですね。だいたい、他店に比べるともともとのトッピングの値段が安いのだから少々上げてもいいかなと思う。券売機に貼ってあったけど 味付け卵50円は安い!

ここはつけ麺や和風ラーメンだとかの他の味を出さずに一種類のラーメンにトッピングのみの変化。これって心意気?開発能力の問題?ポリシー? 食に関してはいろいろな味を試してみたいチャレンジャーなので(時々大外しがあってもそれはそれで楽しい)できれば他店のように他のメニューにもチャレンジしてほしい。

スープについて。前回のときと比較してもぶれたのか味が変わっていました。一言で言うと家系かどうか微妙な味になってきている。湘南地区で言えば、かつて康家が当初家系だったのにメニューが増えるにつれ独自路線に走り、やがて完全に家系ではなくなったときのよう。味が悪くはないのだが、家系の豚骨醤油ではなく醤油ラーメンになってしまったみたいで醤油が立ちすぎ、(前は、これに豚骨の旨みがプラスされ、ワイルド家系とも言うべきまつり家ならではの味わいになっていたのだが。)で豚骨らしさが希薄。鶏油も少なく思う。家系を食べに来たのに不完全燃焼。味濃い目にした私が悪いのか?麺に関しても固めにしたけどあまり固くなかった。

家系の店ってブレが大きいけど、中でも長いスパンで見るとまつり家はかなりぶれの大きいほうだと思う。何年か前のワイルド家系に戻るまで当分来ることはないかな。(また2,3ヶ月で来たりするかも

ご馳走様。

景珍楼 茅ヶ崎店 5月11日(日)

本店は中華街にあり、杉田にも姉妹店がある景珍楼茅ヶ崎店へ行ってきました。こちらのお店は年に2,3回程度ランチで行ってますが、結構お気に入りなのでそのうちに夜に行って紹興酒を飲みながらディナーをいただきたいなと思いながらなかなか行けずにいます。そういえば、紹興酒って初めて飲んだときはなんてまずい酒なんだと思ったけど、今ではすっかりなれて中華のときは普通に飲んでしまいますね。(ただし、角砂糖 ザラメ 梅等は入れません)

景珍楼 茅ヶ崎店 

 ・住所 :神奈川県茅ヶ崎市茅ヶ崎2-1-35  ※最寄り駅:JR茅ヶ崎駅
 ・時間 :土・日・祝 11:00~23:00
      (HPによる。ただし、ランチは15:00で終了だと思われる。)
       火~金 11:00~15:00 火~金 17:00~23:00
 ・定休日:月曜日
 ・駐車場:2台あるらしい。
      ※買い物ついでに近くのイオンの駐車場にとめたほうが良いかも
 ・その他:分煙 テーブル席多数 2階あり 100席
      子連れ(幼児)OK(スプーン、フォークは出してくれる)  
      紙ナプキン 広東料理
      店員さん中国人らしいので笑顔はありませんが接客普通です。

景珍楼外観
正面から撮れんかった。

茅ヶ崎にいながら、中華街の味が味わえます。ランチがリーズナブルで、味付けが好み。ランチしか食べたことがないけど、個人的にはほとんどハズレなしだと思ってます。中華にうるさい人にはどうかわかりませんが。

景珍楼店内
店内。(中華ーーーって感じですな)入り口から奥のほうが禁煙になってます。

景珍楼調味料
卓上。取り皿等は最初からおいてあります。

景珍楼メニュー1景珍楼メニュー2
単品メニュー

景珍楼メニュー3景珍楼メニュー
ランチメニュー(右)は、裏にもセットメニューが8種類くらいあります。そちらのほうは、ラーメンのセットなどもあります。
今回は、Cのレバーとニラ炒め(700円)にしました。なんとなく体のことを考えて。

景珍楼レバニラ

もやしはしゃきしゃき、全体の量はまあまあ、レバーはもうちょっとクセのあるのが好みだったけど、割りにあっさりと食べやすいもの。それほど特筆すべきものはなかったけど、スープが美味しかった。(こんなにおいしかったっけ?)

あと中華街の店でもそうだと思いますが、一度入ってしまえば次からは気軽に入れるどちらかといえば大衆的な店ですね。以前食べた油淋鶏も美味しかったです。他にも8種類くらいセットメニューがあるので(メニューを下げられたので写真を撮れなかった)選ぶ楽しみもあります。とりあえず、夜は近場で本格中華を味わえそうなのでよさげですね。

ご馳走様。

(回転寿司)タフ 藤沢店 5月10日(土) 本年3回目

前回(3月12日)から、2ヶ月弱での訪問です。ただの記録なので読み飛ばしてください。

前回の雑記
回転寿司タフ 3月12日

タフ 藤沢店

 ・住所 :神奈川県藤沢市石川3-21-2 GAYA8 1F(マンションの1階)
      ※最寄り駅は六会日大前駅だが遠い。車でないと厳しい。
 ・時間 :11:00~22:00(L.O.) ランチ:11:00~15:00
 ・定休日:元日
 ・駐車場:有り(22台)
 ・その他:禁煙(入り口近くに灰皿あるので、出入りの際タイミングが悪いとタバコ臭い)。
       50席 (カウンター10席、大テーブル4席、小テーブル3席[ちょっと狭い席,おデブちゃん
       には苦しい)。子連(幼児)OK(帰りにキャンデーをくれる)握りの人の感じは良い。

前回からの流れで、今回は日替わりタフ丼を注文。680円(味噌汁付、外税)

タフタフ丼05101
日によってネタは変わるようですが、味的には悪くありません。CPから考えたら、かなりいいといえますね。

タフ 汁
つみれの入ったあら汁。湯のみと比較するとその大きさがわかると思います。

タフとびっこ
なぜか子供の好きなとびっこ。いくらは撮り忘れた。

今回気づいたのが、丼物ってご飯大盛りできるのね。しかもお値段28円(外税)

ご馳走様!

鶴一家 横浜市神奈川区 5月9日(金)

今回は勘違いやらネタがあったりがっかりしたりのちょっとだけ忙しい内容。一つは、ここって神奈川区だったのね。(町田商店に来たときに気づけよ)本日は、仕事関係で何も下調べをせず適当にぶらぶら歩いて目に付いたお店に入ったわけですが、まあこの場所が横浜駅の近くとはいえ、近傍にラブホや泡の国があったりと、夜になると淫靡な世界が繰り広げられるワンダーランドな場所柄といことで、わかりづらい場所にあります。

鶴一家 初訪

 ・住所 :神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町1-7-34  ※最寄り駅:JR横浜駅
 ・時間 :11:00~翌5;00 (始発近くまでいても大丈夫?)
 ・定休日:無休
 ・駐車場:なし (近傍にコインパーキングあり)
 ・その他:禁煙 23席(カウンター9席、テーブル14席) 17席
       子連れ(幼児)OK 券売機 水入れカウンターにあり ティッシュあり
       接客対応丁寧(女性店員さん美人
       エコ箸
       
鶴一家外観
鶴一家外観

上の写真を見てもらえばわかるんだけど、この界隈で適当にラーメン屋を探していたところ、博多豚骨ラーメンの看板が目に付いたわけで、先日神龍に行ったこともありちょっと味比べでもしてみんべえかとこちらのお店に入ったのですが、なんと券売機を見るとそれらしきボタンがない。しばし固まりましたよ私は。

鶴一家券売機

だいたい左上の法則のところにスペシャルラーメン(1000円)を見た瞬間にあざいといなと思ったのは内緒の話として、家系の店ならメニューに家系などと普通書かないだろうと心の中で軽く突っ込みをいれたところで、券売機のメニューを眺め回すも、どう考えても博多豚骨はありそうにない。これはやられたか?外看板に博多豚骨と書いてあったら、それが食べられると思うじゃないですか、普通。でもメニューにない。これはどうすべきか本当しばらくぶりに券売機の前で悩みましたよ。(そんなに大げさなことじゃねえだろ、と今は思うけどね)結局、後で調べたらこちらのお店名前からしてある程度予測はつくのだけど、壱系といえば壱系らしく、壱六家からの流れの松壱家(藤沢を中心として展開しています)で修行した人が開店したらしく、その後隣のくっついた店舗が立ち飲み屋だったところに隣り合ってネクストブランドの博多豚骨ラーメンだんだんという店を開店して、夜だけそちらも営業するという二毛作スタイルの店だったようですな。(前に行った横浜市神奈川区の大黒家商店に似たスタイル。ただしこちらは一店舗の中で家系とインスパイアの両方から選択できるスタイル)なので、店の中ではつながっていてそれぞれの券売機があったようです。おそらくそれで、券売機にわざわざ家系豚骨ラーメンと表記したのでしょう。で、いまいちはっきりしないのだけど、どうも博多豚骨はやっていないようです。なら、看板を外しなさいよってことですが、真相はどうなのかな?まあ、もし二毛作スタイルが存続していたとしても、夜だけなのでどちらにしろ食べられなかったようですが・・・。
券売機の値段を見るとちょっと強気な設定の値段。しかも塩になると100円アップだけど何でだろう?他の壱系では値段は変わらないけど、それに特に店の中に薀蓄の表記もないのでよくわからないですね。地獄ラーメンも悩んだけど、ここで家系を注文してもつまらないなと思い、家系ではあまり注文しないつけ麺にしちゃった。(外看板にもラーメンとつけ麺が書いてあったのを思い出したので美味しいことを期待して・・・)

つけ麺大300gの食券を店員さんに渡し、カウンターの端に座りました。濃厚つけ麺300g(880円)(入った段階では、前客0)

券売機を買った段階で女性の店員さんがかわいらしい声で”お好きなところにお座りください”といったので、食券を渡したのですが、声に負けず劣らず、かわいらしいというより美人さんでしたね。このあたりこの前に行った”濱塩らぁめん”を思い出しちゃった。あそこも、アウトサイダーな通りの裏の目立たないところに美人店員さんが働いているという共通項がありました。もしかして他にもそういうところがあるのか?うーーーん、これは今後の課題にせねば、って冗談ですが。本当に冗談だよ。ちなみに、以前ラーメンブロガーの間ではこの美人店員さんが有名だったようですね。(この件が今回のネタになります)

鶴一家味変KIT
とりあえず、つけ麺の場合茹でるのに時間もかかるし、暇なのでカウンター周りのチェック。って写真がボケてます。味変KITは一通りそろっていてカウンター周りはきれいです。水のポットもティッシュも近くにあるのでいいです。一人でゆっくり食べられそうだなと思っていたところで、この後どしどしお客さんが入ってきました。(よくあるパターンです)

鶴一家麺
これまた、写真がボケまくってるけど、麺は大橋製麺。あまり太くないようです。麺は2種類のようで、茹でる前のつけ麺は日本そばのような色をしたストレート麺。

待っている間、厨房の中を見るとかわいらしく一生懸命深ざるで湯切りです。(家系の場合、平ざるが多いですが)

そしてにっこりと配膳、つけ汁と麺の登場。
鶴一家つけ汁
まずは、つけ汁

鶴一家麺上
そして大橋製麺の麺

鶴一家つけ麺
麺:太いストレート麺。ただ、つけ麺に多い極太麺ではないので、食べやすい分つけ麺を食べてる感が薄い。汁につける前に、そのままで麺を食べてみたが多少小麦の風味があるものの汁につけるとほとんど感じられないのが物足りない。麺量はもうちょっと多くても良かったかな。(他の方のブログを見ると全粉粒麺かなと)
スープ:魚介豚骨系に属するが、いまどきのつけ麺と比べると無難にまとまった特色のない汁。そしてちょっとしょっぱみが強い。普通、麺と一緒に食べるとスープが丁度いい感じになるが、このつけ麺は、それでも私にとっては塩分が強く感じ、そのほかの旨みだとか魚介や獣系の出汁、あるいはカエシの風味が弱く感じるものだった。先に結論を書いたがいまどきの進化してきているつけ麺に比べると面白みのないスープだった。もちろん悪いわけではない。
具材:面の上には、ネギとほうれん草、のり。つけ麺にはほうれん草はいらないかな。つけ汁の中に角切りのチャーシューが入っているが、小さくて物足りないし、汁に負けていて味がわからない。あとネギは、汁にも入っているので、麺のほうにはいらないかな。(特別ネギが好きなわけではない)

ただ、つけ麺に関してはあまりいい評価は書かなかったけど(繰り返すけど悪いわけではない)他の方のブログや食べログ等見ると家系のラーメンがずいぶん好評のようです。今回は選択を間違ったか。ということで、次回は通常の家系にしてみましょう。(地獄ラーメンのルックスも、実に気になるけどね)ご馳走様。