湘南 食の雑記(ラーメン?)

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 横浜市旭区
CATEGORY ≫ 横浜市旭区

支那そばや 鶴ヶ峰 2015年2月19日(木) 【ラーメン】

このブログでは初めての横浜市旭区のお店です。あまり知らなかったのだけど、かなりの人気店ですね。1998年の開業で名前からもわかる通りラーメンの鬼故佐野実さんの暖簾分け1号店だそうです。店主さんは佐野さんと同年代くらいでしょうか、その寡黙な雰囲気が何となく佐野さんを思わせます。そのせいか店内はちょっと緊張感がありますが私語禁止だとかといったことはないようです。場所は、旭区鶴ヶ峰の国道16号線沿いにあります。

『支那そばや 鶴ヶ峰店』

・住所 :神奈川県横浜市旭区鶴ケ峰本町1-29-8 最寄り駅:相鉄線鶴ヶ峰駅
・時間 :11:30~スープ終了まで(14:00くらいで終わるみたい)
・定休日:月曜日 (月曜が祝日の場合翌日)
・駐車場:店の前に8台 店の横道路に面したところに2輪も駐められます
・オープン:1998年
・その他:HPなし 完全禁煙 カウンター13席 テーブル4人掛け×2卓 券売機 給水機 エアコンあり 子連れ(幼児)OK 女性一人でも入りにくいことはなさそうう 接客普通(以前のように、香水はダメとか、子供は静かにといったルール?みたいなものはないようです) おすすめは塩ラーメン(750円)

支那そばや鶴外観
○支那そばや外観。

11:30くらいに着いたので、楽勝ですぐ入れると思っていたのですがお店の前のベンチに一人座っており、「この人は食べ終わって外で連れでも待っているのかな」と思い中に入ろうとしたらちょうどお店の人が「お待ちのお客様お入り下さい」と中へ誘導。「えっ、もう待ちが出てんの?」とびっくり。実はほとんど予備知識なしの状態で行ったのでこんなに人気があると知り驚きました。

その後、待ちの1番目としてベンチに腰掛けていると次々に人が来てすぐに7人くらいの行列になってこれまたびっくり。でも5,6分ほどで中へ。

店内L字型のカウンターとテーブル席が2卓あり、空間的に余裕があるので窮屈さがなくて良いですね。

支那そばや鶴味変
○味変はコショーのみ。このコショーも拘りのあるものなのかな?

支那そばや鶴券売機
○写りがイマイチだけど券売機。醤油と塩のみで後はトッピング。
後で他の方のブログなんかを見てみたら、塩の方が人気あるみたいです。

支那そばや鶴ラーメン1
ラーメン(醤油 750円)

支那そばや鶴ラーメン2
思ったより透明度の低いスープ、数十種類の素材を使用しているためですかね。

支那そばや鶴ラーメン3

自家製麺の麺は細麺のストレートタイプ。店主さんが丁寧に状態を確認しています。細麺だけど、多加水の啜り心地に良い麺でラーメン食べてるなぁという感じを実感します。他の方の情報によるとハルユタカを含む国産小麦を使用とのこと。
具材は、巻きバラチャーシュー・海苔・九条ネギ・シナチク。チャーシューは柔らかくて味付けもちょうど良く美味しい。ノリも風味が良くて良かったです。脇役のねぎも良い感じですね。スープは名古屋コーチンの丸鶏ベースで動物系がメイン。魚介も少し入っているのかな。所謂優しい味というんですか、昨今のラーメンのように何かがガツンとくるようなものではなく、全体のバランスで食べさせるタイプですね。あっさり系だけど、物足りなくはない深みのある味とでも申しましょうか。(なんて、悲しいことに馬鹿舌にはそこまではわからん)ワンタンも人気あるみたいだけど、この次の予定があるので今回はパス。

お客の回転は良いです。そして優しい味のためか年齢層が高め。私が帰る頃には(スマホでいろいろチェックしていたので12:10くらいかな)15,6人くらいは行列になってました。すごいですね。次回は塩ラーメンにしてみよう。ご馳走様。
スポンサーサイト