湘南 食の雑記(ラーメン?)

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ラーメン 横浜市栄区

【閉店】神勝軒 横浜市栄区 2015年9月7日(月) 【ふじそば】

言わずと知れたというか名前から想像できる通り、東池袋大勝軒直系(麺屋こうじグループ)のお店でありながら独自メニューもある神勝軒本店へ雨の中行ってきました。とはいっても、今回も予備知識がほとんどない状態ですが、二郎インスパイアライクなラーメンがあるということでそれを目的に。

『神勝軒』

・住所 :神奈川県横浜市栄区長沼町194 
・時間 :【月~金・日】11:00~22:00 【土・祝前】11:00~23:00
・定休日:なし
・駐車場:有(店の前に5、6台分、道路を挟んで向かい側に6台)
・オープン:2011年1月28日
・その他:HPなし(麺屋工事グループはあり) 禁煙 36席 (カウンター8席、テーブル28席) 席 子連れ(幼児)OK エアコンあり 券売機 給水ピッチャーあり ティッシュあり 女性1人でも入りにくくはなさそう 接客普通 割り箸 お薦めはつけ麺かな

IMG_7300.jpg
神勝軒外観
店内は思ったより広いですね

IMG_7305.jpg

IMG_7313.jpg
券売機
やはり一番のウリは、つけ麺って事で良いのかな
一見種類が多そうですが、つけ麺・ラーメン・ふじそば・味噌ラーメンの4種類みたいです。

こちらのお店は東池袋大勝軒系というか麺屋こうじグループのお店のようですが、メニューを見る限り大勝軒とは大分趣が違うんですね。これが麺屋こうじグループなんでしょうか。グループのHPをみてみるとかなり勢力を伸ばしているようです。すごいもんだ。

IMG_7319.jpg
味変KIT

変わったところでニンニクの醤油漬けがありました。(左のピンクの蓋のやつ)

IMG_7325.jpg
外看板もそうですが、中にも山岸さんのお顔が・・・

店内は8席ほどのカウンターを正面に左右にテーブル席があって広いですね。この日20時くらいに食べに行って前客一人後客12人くらいでしたが、家族連れも結構来てました。

IMG_7337.jpg
ふじそば(730円)

IMG_7357.jpg

着丼までは10分くらいでしょうか、結構待った感じがします。

最初の印象

「うわっ、ちっさ!だまされた!」

勝手に二郎ライクなラーメンだと思っていたもので、結構がっかりです。丼は一回り小さいタイプなので余計小さく見えます。野菜ももっと載っていると思っていたらたいしたことなかったorz。

IMG_7374.jpg

他店ではあまり見ない大きな背脂がいっぱい浮かんでおります。スープは甘塩っぱい味ですがかなり甘みの方が強い。一口目はかなりインパクトがあるので、「おっ」と思って食べ進めると、思ったほど出汁感がなくちょっと薄っぺらい印象があります。醤油はたっていますがキレという感じはしませんね。背油がいっぱい浮かんでいるのでこってりしているのかと思うと意外にあっさりしています。二郎には似てませんでした。

IMG_7346.jpg

チャーシューも二郎をイメージしていたので、薄くてちょっとがっかり。でも気を取り直して味わってみるが、肉の旨味は多少あるが味は染みていないで普通。モヤシは味なし、玉ネギは良い。っていうかもっとあった方が良い。半分近く食べた頃にスープが飽きが来始めるので(個人の感想)、玉ネギで口内をリセットできるので良い。

IMG_7389.jpg

四角い断面の極太縮れ麺は固めで旨いです。さすが、大勝軒系列というところか。ワシワシ食べられる食感が良い。

途中で、味変のニンニクの醤油漬けを投入。どうなるか。

これはかなりいい!というよりこれがないとちょっと最後まで食べきるのはきつい。美味しいとは思うけど、途中で飽きが来ちゃうんだよね。大盛りにしなくて良かった。大勝軒系なんで、次はやはりつけ麺ですかね。ご馳走様。
スポンサーサイト

【新店】 らーめん森や 11月3日(月) 【はるゆたかわんたんめん醤油】

東戸塚にあった人気店が復活・移転したぐらいの知識しかないのに行ってきたらーめん森やさん。しかもほとんど行くことがない栄区。でもラーメンのためなら行ってしまうのですよ。って、そんな大げさなものでもないけど。とりあえず久しぶりの無化調です。

『らーめん森や』

・住所 : 神奈川県横浜市栄区長沼町339 二本松ハイツ 105
・時間 :11:30~15:00 17:30〜22:00
・定休日:火曜日
・駐車場:あり(店の裏に3台)
・オープン:2014年7月20日
・その他:HP・Facebookあり 完全禁煙  カウンター7席 テーブル4人掛け×2卓 子連れ(幼児)OK エアコンあり 口頭注文 水入れあり 女性1人でも入りにくくはないと思う 接客普通 お勧めははるゆたかわんたんめん(1080円)

もりや外観
○らーめん森や外観。なんとなくそば屋チックです。

もりやメニュー2

もりやメニュー

ん~~わかりにくいメニューですね。他の方のブログと写真のメニューなどから判断すると、4種類+限定の塩の5種類の味があるようです。まず1つ目が上の方の写真の東戸塚時代の元味醤油、2つ目が四万十の山で決勝させた塩を使った山塩小僧、3から5つ目が新味(この店をオープンするに当たって作った味)の正油・塩・味噌。そして更に麺が2種類あって、北海道産小麦4種ブレンドの細麺かはるゆたか100%の中太麺。

それにしてもラーメンとしてはかなりお高い値段設定です。かけらーめんですら650円!それからするとラーメンマニア向けと思われても仕方ないかな。店内に蘊蓄が書かれていないので、何故この値段なのかわかりません。きっと知らないで入った人はびっくりして戸惑ってしまうでしょうね。

並んでいるところにメニューが一つ置いてあるので、値段を見て嫌なら入らなければいいわけなんだけど、どうせならどこに拘っているのか、コンセプトが何なのか書かれていたりなんかするともう少しすっとした気持ちでは入れるかもね。

ちなみにお店に13:20くらいに着いて7人くらいの行列で帰るときは2,3人の行列かな。

もりや味変
○シンプルな味変KIT。

オーダー後15分くらいでらーめんが出てきました。

もりやラーメン1
はるゆたかわんたんめん・正油(1080円)

もりやラーメン2
割合透明度のある清湯スープですね。

もりやラーメン3
マッシュルームが載ってるのは珍しいです。

もりやラーメン4

はるゆたか(非常に手に入りにくいようです)100%の自家製麺。中太で結構な縮れです。初めて食べたのですが、一口目は小麦の風味が口の中で広がって、こりゃ美味しい!と思ったのですが食べ進めると慣れちゃうのかすぐに風味を感じなくなってしまいました、なんでだろう?啜り心地が良いちょっと蕎麦っぽい麺です。具材は味薄めのチャーシューが2種類・ブラウンマッシュルーム・シナチク・小さい海苔・刻みネギといったところ。実は食べてるときはチャーシューが2種類あったことに気づかなかった馬鹿舌でした。恥ずかしい。わんたんは生姜が特徴的なあっさりしたさわやか系。スープは拘りの丸鶏を使用したもので化学調味料、白砂糖の不使用など素材に相当拘っていますね。スープは結構煮出したような感じはするのですが何故か薄く感じてしまう。他の方が書いているほど旨味が感じられなかったのは、化学調味料に毒されてしまって繊細な部分を感じられなくなっているんですかね、私の舌が。どうしても物足りなさを感じてしまうんですが、これも相性でしょうか。でも、ブログや食べログを書いているほとんどの人が絶賛しているのでレベルが高いんだと思います。その良さがわからなかったのは残念。いつかまた機会があったら行ってみようかな(悔しいし)。ご馳走様。