湘南 食の雑記(ラーメン?)

2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 長野県安曇野市
CATEGORY ≫ 長野県安曇野市

そば処 常念 長野県安曇野市 2014年8月31日(日) 【もりそば】

信州といえばそばでしょということでこの日の夕食はホテルから近いそば処常念さんへ行ってきました。行く前に数件目星をつけていまして、そのうちの1軒、そば処常念さんがホテルに行く前に看板を見つけていた店だったのでちょうど良かったわけです。ただ以前仕事でしばらく信州の某所で働いていたときに数軒の店でそばを食べたことがあるのですが、特別美味しいわけでもなかったので今回あまり期待しないで食べに行きました。(あまり自分の中でハードルをあげすぎて、本当は美味しいんだけどがっかりってことあるよね?)

そば処 常念

・住所 :長野県安曇野市穂高上原7690
・時間 :11:00~14:30 15:30~19:00(オーダーストップ)
・定休日:毎週火曜日・元旦(但し、大晦日と1月第1火曜日、ゴールデンウィーク及びお盆中の火曜日は営業致します)
・駐車場:大型3台 普通車30台
・その他:HPあり 完全禁煙  様々なテーブル席で90席(畳の座敷だが椅子席もあり) 接客普通(優しい接客) 子連れ(幼児)OK(座敷で広いので活発な子だと走り回って大変そう) 子供用取り皿あり 口頭注文 エアコン? 飯沼美術館という名で敷地内に真田家の宝物や江戸時代から明治にかけて鋳造された全国各地の鉄瓶コレクションを展示 内税 おすすめは もりそば(2枚で1080円)

2014常念外観
○駐車場側から見た入り口の案内。

2014常念外観2
○そば処常念外観。暗くてわからないけど、お店の前は日本庭園になっています。

こちらのお店は江戸末期の農家(豪農)をそのままに使っているので古民家な内外装です。そして土地も広いみたいで敷地内に店主さんのコレクションを展示した飯沼美術館まであります。

2014常念入り口
○道祖神の絵が描いてあるところが入り口になります。一番上の写真の入り口案内からぐるっと裏に回り込むとこの入り口が出てくるので知らないとちょっとわかりづらい。しかも入り口がこの絵が描いてある部分なので狭いため、足の悪い人などはちょっとつらいんじゃないかな。別の入り口があるのかな?これだと反バリアフリーな入り口だもんね。

2014常念漬け物
○お通しの沢庵。たぶん自家製。市販のように平均点な味ではなく、独特の渋みみたいなものがりますが悪くないです。

女性店員の方は優しそうな感じで、古民家の雰囲気と相まって癒やされますね。こちらのお店は19時でオーダーストップで、18時半近くに行ったのでお客さんはほとんどいませんでした。数軒のそば屋さんの時間を調べてみると関東とは違って、閉まる時間がみんな早いんですね。常念さんは遅くまでやってる方みたいです。皆さんもそばを食べたいと思ったら事前に時間を調べておいた方がいいですよ。それと、ホテル近辺はコンビニが少ないので見つけたら早めに入った方がいいかも。(今時はカーナビやスマホで周囲検索ができるから焦らなくても大丈夫だと思いますが・・・)

2014常念お品書き1
○お品書き1。もりそばがお得で2枚付いてきます。ちなみに大盛りというと1.5枚らしく逆に少なくなるようです。

2014常念お品書き2
○お品書き2。御飯もの、一品もの。岩魚と馬刺しが食べたかったな。

2014常念お品書き3
○お品書き3。

2014常念お品書き4
○お品書き4。

以上の中から奥さんは”天ざる大盛り(子供とシェアするため)”で私がもりそば(2枚)を注文。

2014常念天ぷら
天ざる大盛り(1510円+160円?) ※間違ってたら後で訂正します

天ぷらがちょっと見た目に寂しいように感じるのは最近大食いのせいか?奥さんが子供に海老を1本あげたらすぐにぺろっと食べてしまい、もう一本ちょうだいって行っていたのでホテルの海老フライより美味しかったようです。これにざるが1枚つきます。(今回は大盛りにしたので1.5枚)

2014常念そば2
○薬味と蕎麦つゆと割りスープ・・・じゃなくてそば湯。ネギも山葵は地物のようです。

2014常念そば
もりそば(1080円)

上のそばを食べ終えたら下にもう一枚あります。値段からしたら量的にも良心的だと思いますね。そばって普通値段の割にはちょっぴりしかなくて、小食の人でも足りないんじゃないかという店も見かけます。(まあ”味奈登庵”でうっかり大盛りを頼んだ日には大変なことになりますけどね)ただ、正直に言うとこの量でも物足りなかった。後2,3枚食べられそう他の方の感想を見ると量的には多いくらいとの記述が多く見られますが・・・

そば粉はお店の畑で栽培したもの。その他の材料も地元産のものを使用しています。白っぽいそばなので更科っていうことでいいのかな。つなぎも使っているようです。(二八?)そばの風味自体はそれほど強くなく、のど越しで食べさせるタイプのものですね。もうちょっと固めでコシがあってもいいかな。つゆはあっさり控えめなもの。そば湯で割ると美味しくいただけます。そばに山葵を直接つけて食べるのも美味しい。山葵もつんとくるだけのただ辛いものではなかったので良かったです。昔の記憶にある信州のそばと比べたら全然違って美味しいものでした。特に奥さんが気に入ったようです。全体的なお店の雰囲気も良かったしね。ご馳走様!
スポンサーサイト