湘南 食の雑記(ラーメン?)

2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 横浜市南区

カレーの店 ピー 阪東橋 2016年10月10日(月) 【ランチ】

IMG_5511.jpg

『カレーの店 ピー』

・住所 :神奈川県横浜市南区真金町1-3  ※最寄り駅:地下鉄阪東橋駅
・時間 :ランチ営業はしてます。夜もやってるかも
・定休日:?
・駐車場:?
・オープン:?
・その他:HP・ブログなし facebookなし twitteなし 喫煙可っぽい 4人掛け?×3卓くらい 口頭注文 接客普通

横浜橋商店街のラーメン屋「せんだい」の脇道を入ったところにある、怪しげなお店「ピー」に行ってきました。
数年前の私だったら絶対入らないタイプのお店(失礼)。だって地雷踏んだらやなんだもん。

でもなんか不思議な雰囲気があります。入ってみると、テーブルの席に仙人風のおじさんとタイ人のお母さんが座って話をしてました。一瞬お客さんかと思い席を探すも腰掛けられそうな席がなくどうしようかと思ったら(地雷踏んじまった?)、仙人さんが立ち上がってここに座ってと席を空けてくれました。

IMG_5516.jpg
ランチメニュー

ランチは外のメニューから2品選んでくれといわれ、メニューの説明をされました。
メニューをよく見てなかったのですが、それだけ付いて600円は安すぎるんじゃないかと。これは本当に地雷かもしれない、どうしようかと考えながらも選んでみました。

実はここのお店、吉田町にあるタイレストラン「ピー」のオーナーが半分趣味で始めたお店らしい。一度開店してから、しばらく閉店。2015年からまた復活オープンしたそう。

IMG_5530.jpg

店内、かなり雑然としていて親戚のうちにでも来たみたいに気を遣わない。
カレーは右のワゴンのような容器の中で暖めています。

注文から3,4分での提供。はやっ

ランチ(600円)

IMG_5534_20161105160950b31.jpg

マッサマンカレーってタイのカレーなんですね。ジャガイモ等の具材がごろごろと入ってました。辛くない。
割合さらっとしていて、量は少なめ、熱くはない。

IMG_5540_20161105162422599.jpg

スープは、香辛料がきいたものなのだろうかと思いながら飲んでみると、普通に美味しい中華スープ
(タイ料理だけで固めてるわけじゃないのね。そのユルい感じがいいなぁ

IMG_5541.jpg

サラダも普通のサラダに普通のドレッシング。

ガイヤーン
IMG_5536.jpg
これも美味しかった。

IMG_5544.jpg

IMG_5547.jpg

セットと一緒で出してくれた豊富な味変KIT。

ナンプラーとかも好きなのでいろいろ試せて良かった。自分的には、タイの調味料って合うみたい。これは良い発見でした。

これだけのものが600円なんて本当メッチャ安いですね。もう少し広いところでやってくれればお客さんいっぱい入りそうですが、そういうもんじゃないんだろうね。なかなかの雰囲気のところでした。ごちそうさま!


※拍手ボタンをポチッとしてくれると嬉しいな。
スポンサーサイト

磯村屋 阪東橋 2016年7月12日(火) 【焼きそば】

IMG_1603_20160717210003753.jpg

『磯村屋』

・住所 :神奈川県横浜市南区八幡町4 最寄り駅:横浜市営地下鉄 阪東橋駅
・時間 :10:00~17:00
・定休日:水曜日、木曜日
・駐車場:なし
・オープン:1950年
・その他:HPなし facebookなし twitterなし 禁煙 テーブル7卓ほど 子連れ(幼児)OK  

前から行きたいなーとずっと思っていた磯村屋にやっと行ってきました。
実は色々と有名なお店で、「きたなシュラン」で紹介されたり、俳優の浅野忠信さんが子供の頃から通っていたり、『私立探偵 濱マイク』のロケ地だったりで、ちょっとミーハーチックに行ってみたかったのです。

IMG_1590_20160717205901cd9.jpg
きたなシュランの認定書

お店に入ると、すぐ左側がレジだと思ったらそこがもう調理場なんでびっくり。

前客は4人で、どこに腰掛けようかと思っていたら、腰掛ける前に「お兄ちゃんなんにする?」と女将に訊かれました。一見ですが、予習をしてきたので「三色の大盛りお願いします。」と答え近くの席へ。

室内にエアコンがあったかもしれないけど、そんなことはお構いなく、入口や窓は開け放たれてました。それ程暑さは気にならなかったのでむしろ心地良いくらい。

店内きょろきょろと見渡すと、細々とした生活雑貨が隙間を埋め尽くしていて、昔のお店って結構こんな感じで雑然としたお店があったなと懐かしく思い出します。

IMG_1582_20160717205857c83.jpg
メニュー

メインは焼きそばで、夏季はおでんをやってないようで代わりにかき氷が始まるみたいです。その辺がまた昭和で良いですね。ホントここは昭和ノスタルジーを感じたくて来る人が多く、常連さんだけでなく全国からの来客で満席になることがあるみたいです。(タイミングが悪いと待たなきゃ行けないかも・・・)

それにしても、破格な値段ですね。一番安いので250円から、一番豪華なメニューで400円!

トッピングにポテトがあるのが珍しいですね。

ちなみにアルコール類は置いてませんがラムネは置いてます。

IMG_1587.jpg
卓上


やきそば(三色 大盛り 400円)
IMG_1593.jpg

IMG_1605.jpg

(イマドキの)盛りつけなんて気にしちゃいません。

IMG_1600.jpg

こんな感じホクホクなジャガイモがごろごろと入ってますが1個分でしょうか。

ジャガイモに関しては合うとか合わないとかそういう問題じゃない気がしますね。こうあるべきなんでしょう。

麺は細めの麺で、好みです。

IMG_1596_20160717205903893.jpg
玉子なんかも普通だと短絡的に、トロトロにしてしまうところだけれど、しっかり火が通っていてこういうの好きだなぁ。

所謂ソース焼きそばなんかとは対極に味付けは抑えめで薄味、水分は少なめ。「好みでコショウとソースを使って下さい」と女将さんから言われたので、自分で好きな味の濃さに調整できるようにしているのかもしれませんね。

ソースについては、4種類をブレンドしていて、タバスコも入っているらしいです。その素朴な味とは裏腹に、拘りが見えます。

途中でコショーだけ足してみましたが、良い感じに懐かしさのある味に仕上がりました。

親からもらったいくらかのお金を握りしめて、優しいおばあちゃんの焼きそばを食べに行く、そんな懐かしさあふれるお店・・・、とはいえそんな思い出はありませんが良い空間を味わえました。心が疲れた時に再び訪れてみたいですね。ごちそうさま!

IMG_1618.jpg

中華北京 三好橋 2016年3月17日(木)【半カレーとラーメン】

IMG_8905.jpg

『中華北京』

・住所 :神奈川県横浜市南区万世町2-38  最寄り駅:地下鉄阪東橋駅   
・時間 :?
・定休日:?
・駐車場:?
・オープン: ?
・その他:HPなし Facebookなし twitterなし 禁煙可 4人掛けテーブルx3卓 2人掛けテーブルx2卓 口頭注文 接客普通 

IMG_8853.jpg
外観
※この2件右隣に「豚骨拉麺 勢津家」というお店があって、2015年2月にオープン、その数ヶ月後閉店。そして12月に復活したらしいのですが、やっているんでしょうか?何度か店の前を通ったのですが、いつも閉まっているのでまた閉店したのかな。


日本一かわいい商店街と言われる全長30mほどの三好橋商店街にある「中華北京」へ行ってきました。

すぐそばには、「三好演芸場」なんかもある所です。

ネット上の情報によると、店名に「北京」と付くお店は「協同組合川崎中華料理北京会」というところに所属しているお店が多く、その通称「北京会」が川崎発祥の溶き玉子系タンタンメンの発案に関与したという話があるそうです。

そしてこちらにもそのタンタンメンがあるのですが、この情報を知ったのがこの記事を書いている今なので、食べられなかったのを後悔している今日この頃・・・。

IMG_8859.jpg
ど定番のランチメニュー(これがいいのです

先客5人ほどで、それぞれのテーブルを使っているので相席となりました。ほとんど、ご近所さんのようで私なんかはちょっと浮いている感じです。気にしませんが・・・

IMG_8867.jpg
メニュー

ラーメンが450円!(;゜0゜) でも大盛り200円は高い気が・・・

IMG_8874.jpg
単品と御飯もののメニュー

IMG_8877.jpg

IMG_8882.jpg
誰ですかね?

IMG_8885.jpg
昭和な店内です。

「味噌タンタンつけ麺」なんてメニューも気になったのだけれど、

半カレーとラーメン(700円)にしてみました。

10分ほど待ってから、

IMG_8892.jpg

まずは半カレーが到着。

じゃがいも・人参・玉ネギ・豚肉と具がごろごろと入ってます。お味の方は、ホント昔懐かしいお家カレーの味です。

IMG_8902.jpg

家系慣れした舌には薄く感じ物足りなくもありますが、正統的な中華屋さんのラーメン。

具は、1/4ゆで卵・ナルト・シナチク・ワカメ・刻みネギ・小さめのチャーシューと過不足なく搭載されているのでもちろん不満はありません。

IMG_8909.jpg

IMG_8915.jpg

清湯系の茶褐色のスープは、鶏ガラベースの醤油味。味はやや薄め。

裏切らない安定した中華屋さんのラーメンとカレーでした。次はタンタンメンにしよう。ご馳走様。

【新店?】 永福拉麺 横浜市南区 弘明寺 六ツ川 8月15日(金) 【ラーメン】

平戸桜木道路を戸塚方面に向かって行くとシェル石油のGSが見えてきます。見えたところでその裏に一本入ったところにこちらのお店はあります。お店自体は、ラーメン屋と製麺所・売店が一緒になった店舗で、ネットで調べたところ、こちらのお店は元々中華街にあった永楽製麺所というお店が負債により廃業してしまい、その後元社長の方が製麺だけではなくラーメンも始めたお店とのこと。

永福拉麺

・住所 :神奈川県横浜市南区六ツ川2-100-81 最寄り駅:京急弘明寺駅
・時間 :10:00~19:00(L.O.18:30)
・定休日:水曜日
・駐車場:たぶんなし
・その他:禁煙かな? カウンター7席 テーブル4人掛け2卓 8人掛け1卓 接客普通 子連れ(幼児)OK 口頭注文 水はセルフ ティッシュあり 迷ったらラーメン(300円)かかた焼きそば(300円)

永福外観
○永福拉麺外観。住宅街の中にあります。写真の右側窓があるところがラーメン屋スペースになっていて行く前に想像していたより広い店内です。

永福卓上
○卓上の様子。夏限定メニューも気になります。

永福メニュー1
○メニュー。

かた焼きそばと永福ラーメンが驚きの価格300円!。もともと2013年11月のオープン記念価格でやっていたものが、いままでずっと続けているものらしいです。しかも途中で増税もあったのに内税で300円。これが今後元の価格に戻っても370円って、本当驚きです。

そして見逃していまいがちですが、お安いメニューの中段あたりにフカヒレラーメン(10,800円、要予約)とこれまた別の意味でびっくりなラーメンがありますが、どんな人が注文するんだろう。急に桁が飛ぶから間違う人がいるかも・・・っていないか。

永福ギフト
○メニューの裏面。ギフトセットの販売もしてます。もしかして売店の方の名前が「小麦のかほり 永福」なのかな?

永福ラーメン
ラーメン(300円)。ネットの情報では、麺は選べるようなことが書いてあったけどこの日はヒスイ麺でした。

永福ラーメン2
○アップ。

麺は防腐剤や着色料を使わないものらしく日持ちはしないとのこと。この麺はほうれん草を練り込んだヒスイ麺というものらしいが特にほうれん草の風味がある感じはしなかったな。私がわからないだけか?スープは、ベースが鶏ガラスープかな、醤油だれで中華系のお店のスタンダードな感じ。具材は、ワカメ、シナチク、ネギ、チャーシューとこの値段でありながら過不足なく入っていてとてつもなくCPがいいですね。特にチャーシューは、中華料理屋さんの前菜で出てくるようなタイプの美味しいちょっと甘みのあるチャーシュー。

元々製麺所なので、御飯ものはメニューにないようだ。(元々製麺所なので、麺を味わってもらいたいと言うことなんでしょうね)

お店のの人たちは、気さくな人柄で優しそうな感じで雰囲気が良かったです。今度は、麺類も買ってみたいな。ご馳走様。