湘南 食の雑記(ラーメン?)

2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ホテル

つるや吉祥亭 伊豆 北川温泉 2017年6月

今回は、を見に伊豆へ行ってきました。

うちの奥さんと子供が何度か来て系列のホテルに泊まっていますが、こちらでは蛍観賞プランがあり、お値段も比較的リーズナブルなのでこのホテルに決定しました(奥さんが)。目の前が海で景色が良いのも決め手ですね。

我が家から出発後、途中で軽く腹ごしらえ。

IMG_4711_20170618001812994.jpg

はま寿司 伊東湯川店

ちなみに、すぐ隣に「MEGAドン・キホーテ伊東店」が、2017年6月30日のオープンに向けて準備中でした。

静岡初出店らしい。

IMG_4713_201706180018143c0.jpg

この辺はどこも同じ。

IMG_4716_20170618001815a28.jpg

子供がジュースを欲しがったのでピーチジュース

IMG_4721.jpg

サーモン

IMG_4723_2017061800181821e.jpg

ゆず塩炙りまだい


IMG_4725.jpg

ねぎとろ


IMG_4727.jpg

炙りえんがわ

IMG_4729_20170618001822f76.jpg

まぐろユッケ

IMG_4731.jpg

これはフェア商品だったかな。3種類のまぐろです。

IMG_4733_20170618001825785.jpg

炙りしめさば

これ以上食べると奥さんに怒られるので、これにて終了。(上のは全部一人で食べたわけじゃありません)

ホテルへの到着は15時くらい。

IMG_4877_20170618100041534.jpg

『つるや吉祥亭』

■住所 〒413-0302 静岡県賀茂郡東伊豆町北川温泉
■TEL 0557-23-1212
■checkIN 14:00 ■checkOut 17:30
■駐車場 20台ほど 無料 連絡要
■交通アクセス:JR伊豆熱川駅より送迎バスあり
■客室数 和室49室 ■収容人数 ?名
■家族風呂あり(要予約)
※上記は、HP等から調べていますが、情報が古くなっていることもあり得ますので必要の際にはご自身でお調べ下さい。

IMG_4745.jpg

IMG_4750_20170618001828557.jpg

部屋の窓から見た景色。

週間天気を見ていた感じでは、天気が良くなさそうで心配しましたが、なんとかもってくれました。

蛍を見に行くツアーなので食事は17時半からと早い時間になります。部屋で少し休んで温泉に入ったら食事の部屋へ移動です。ちなみに、大浴場そばの休み処には(海を見ながらくつろげる)、ところてんが冷やされていて、1個無料で提供されるサービスもあります。

*************    夕食    *********** 

IMG_4764.jpg

IMG_4755.jpg

・水菜と桜エビの和え物
・地魚のなめろう
・マグロの燻製


マグロの燻製が特に美味しい。

というわけでお酒は、

IMG_4757.jpg

でもこの後があるので1合だけにしておきます。

IMG_4773.jpg

花の舞 純米酒超辛口

でもフルーティーな感じであまり辛口じゃなかった。ちょっと私の好みからは外れてしまった。

ただ帰りに精算した時の金額を見たらちょっと違うみたいなので、もしかしたら私の注文したのと違う物を提供されたのかもしれないけどどうなのかな。問題ないけどね。

IMG_4761.jpg

夕食は天ぷら食べ放題なので、先にこちらに記入してオーダーします。

IMG_4768.jpg

地魚のお造りは、鯵・鮪・ワラサ

IMG_4770.jpg

日本酒がすすみます。

IMG_4777_201706190012046e8.jpg

こちらが子供用メニュー

うちの子は本当に小食なので、このくらいでもかなり残してしまいます。(うちの子が撮影)

IMG_4780.jpg

シラスと桜エビのすまし汁

IMG_4782.jpg

海の幸がどんどん出てきます。

・目鯛の幽庵焼き
・サザエ
・ヤングコーン


メニューとちょっと違って、サザエが増えてるのかな。

※幽庵焼きとは、醤油、みりん、酒を同割で合わせたものにユズやカボスの輪切りを加え、漬け込んだ魚の焼き物のことをいうそうです。

さてここからは天ぷら食べ放題タイム

IMG_4784_20170618100028011.jpg

半熟卵・シイタケ・カボチャ・鶏ササミ・スナップエンドウ

揚げたてなので熱々。美味しい。

味付けは、塩が3種類と天つゆ。

IMG_4786_201706181000299ef.jpg

海老と鶏ササミ

間に挟んで、

IMG_4788.jpg

定番の金目鯛の煮付け

IMG_4790_20170618100032156.jpg

明日葉、スナップエンドウ

IMG_4792_20170618100034fcf.jpg

メカブと蛸の酢の物


酢の物はあまり好きじゃないんだけど、口直しにちょうど良かった。

IMG_4795.jpg

明日葉

IMG_4800_201706181000384b0.jpg

最後にこれだけ注文して天ぷらはフィニッシュ。

天ぷらってやっぱりそんなにいっぱい食べられるもんでもないですね。年のせいか。

IMG_4797.jpg

浅蜊ご飯、赤だし、香の物

さっぱりとして美味しい。

IMG_4802_20170618100040bbe.jpg

デザートは、

・苺ロールケーキ
・オレンジ
・山桃ゼリー
・伊豆グリ茶


いや、もうお腹いっぱい。食べ過ぎました。

この後は、館内にある「つるや甘味横丁」という所に行って一杯無料サービスのグラスビールをもらいつつ、昭和レトロな作りの横丁で射的やスーパーボールすくいなどをして遊びました。甘酒は飲み放題のようです。

(射的やスーパーボールすくいは有料で部屋付けも出来ます)

もう少しゆっくりしたいところですが、時間もないので、急いで着替えて送迎バスに乗車して会場へ。つづく。
スポンサーサイト

浜名湖グランドホテルさざなみ館

「荒野のラーメン」へ行った後は、浜名湖ロープウェーへ。

IMG_2405_201608052352594f3.jpg

日本で唯一、湖上を渡るロープウェイとのことで浜名湖を湖上から一望できます。

乗車時間約4分、全長723メートル。遊園地「浜名湖パルパル」から大草山山頂までを結んでいて山頂にはオルゴール館も。

IMG_2409_20160805235300271.jpg

IMG_2416.jpg
パノラマで撮ってみました。

山頂から浜名湖を見た後は、まっすぐホテルへ。


『浜名湖グランドホテルさざなみ館』
※以下、HPのコピペ
■住所 〒431-1209  静岡県浜松市西区舘山寺町260-1
■TEL 053-487-3373(代)
■checkIN 15:00 ■checkOut 10:00
■駐車場 有り50台 無料 予約不要
■交通アクセス:JR浜松駅下車バスで40分、東名西I.Cより15分。
■客室数 39室 ■収容人数 220名

IMG_2469.jpg

室内は多少古さも感じますが、洋室の広々とした部屋でエアコンの効きも良かった(ココ大事)です。

IMG_2472.jpg
ウエルカムドリンクがなかなか渋いね。

まずは、荷物を片付けたら温泉へGO!

時間も早かったので、お風呂場にも人が少なくて良かった。

そしてメインの食事へ。

IMG_2480.jpg
こちらは子供用の食事で、当初は大人用に近い食事の予定でしたがうちの子はたくさん食べない方なので、「お子様ランチ」の内容に変更してもらいました。(たくさん食べる子なら、通常メニューの方がお得だと思います

IMG_2482_20160806190244f88.jpg
カニのグラタンもあります。
(※結局うちの子は、いろいろ残しちゃうのよね

そして大人の分です。(スタンダードなプラン)

IMG_2476.jpg
食前酒は甘いメロン酒

IMG_2483.jpg
先付:枝豆豆腐、天山葵

台物:浜名湖育ち冷しゃぶ
    遠州手延べ素麺 ミニトマト、陸蓮根、錦糸玉子、翡翠茄子

これだけでもいろいろ載ってます。翡翠茄子が良いお味でした。

IMG_2478.jpg
八寸:旬の前菜盛り合わせ
    紫蘇白魚、里芋利休、焼海老、鰆西京焼

IMG_2504_2016080619033407d.jpg
やはりお酒は必要だよねと言うことで、地酒の「花の舞」。さわやかでフルーティーなお酒ですね。飲みやすい。

IMG_2488_20160806190306f24.jpg
酢物:水雲、胡瓜、菊花

IMG_2494_20160806190306886.jpg
椀物:玉蜀黍椀
    白玉、粒コーン

IMG_2496.jpg
蓋物:馬鈴薯饅頭
    茎山葵、蕗旨煮

IMG_2490.jpg
造里:刺身盛合
    鮪、サーモン、白身、山葵

刺身は小さいけど、新鮮で美味しい。お酒がすすみます。山葵もちゃんとした物なので、変な辛味がなくて良いですね。

IMG_2499.jpg
焼物:鰻蒲焼

浜名湖といえばのやはり鰻ですよ。これも小さいですが、一応国産鰻使用とのことです。(地元のものかはわかりません)

酒のアテ(ここは浜松だからアテって言っても良いよね)、にしましたが、白飯にのっけて食べたかった。

そういえば、ホテルの水槽にも鰻がいてやっぱり浜松なんだなと思いました。

IMG_2502.jpg
油物:揚げチーズ、蚕豆、海老真薯東寺揚げ
    
海老真薯東寺揚げって食べるのは初めてかも。海老真薯(えびしんじょ)を湯葉で巻いて揚げてるそうです。

IMG_2510.jpg
香の物:御漬物三種盛り

IMG_2522.jpg
留椀:合味噌仕立て

IMG_2514.jpg
お食事:釜飯 【国産米使用】

IMG_2516.jpg
程よい固さに炊きあがって美味しい。


IMG_2525.jpg
デザート:蕨もち、黒蜜

もうお腹いっぱい

ちょっとずついろいろなものが食べられたので、美味しくて良かったです。ごちそうさま。

チェックインの際にもらった、チケットを(子供が)持ってロビーのミニ縁日へ行って、子供が射的や輪投げをして遊びました。ホテルの方がとても親切で、子供も楽しかったようです。


この後はまた、温泉へ。お湯は熱すぎないので入りやすかった。無料のマッサージ器が置いてあるのは良いですね。

後は部屋で、部屋飲みしてましたが廻りが騒がしいこともなく(同じ階は全室埋まっていたようですが)落ち着いて休めました。

******************************

朝食。

朝食は、バイキングではありません。

IMG_2548.jpg

IMG_2549.jpg

上は、子供用の朝食です。

IMG_2529.jpg
大人用の朝食。

IMG_2533_20160807183825802.jpg

IMG_2532_201608071838248c1.jpg
若い頃はこういった食事ってあまり好きじゃなかったんだけどねー今はこれが良いんだよね。(たまにパンでも良いけど

IMG_2536.jpg

IMG_2538.jpg
ただ、いいんだけど、やや塩分が多いのでご飯がすすみまくります。(自制したけど)

IMG_2544.jpg

IMG_2545.jpg
味噌汁にはカニ身も入ってました。出汁が出て美味しい。

IMG_2539.jpg
必要な物は押さえてます。

「和」の朝食を堪能したところで出発。ホテルは、フロントの男性の方々の応対が気持ちよかったです。子供へもいろいろ気配りもしてくれて、うちの子も訊く前から「またここに来たい!」といってご機嫌でした。良かったです。

ゆもと登別 2015年7月28日(火)

今回はホテルでの朝夕食。

『ゆもと登別』

※以下、HPのコピペ
所在地 〒059-0551 北海道登別市登別温泉町29
TEL 0143-84-2277
FAX 0143-84-3988
チェックイン 15:00
チェックアウト 10:00
建物 地下1階地上8階建
収容人員 298名
総客室数 75室
施設 宴会場、レストラン、ラウンジ、カラオケ倶楽部(スナック)
フットエステコーナー、売店、ゲームコーナー
身障者設備 車椅子可、盲導犬可、貸出用車椅子
駐車場 100台

ホテルの話ではないけど、今回一番驚いたのは登別温泉に来る観光客の大陸系の人の割合が多いこと多いこと。以前に来た時もそれなりにいたけど、温泉街でも半分はそうなんじゃないかと言うくらい中国語が飛び交ってましたね。(今回私も売店で中国人に間違われたのは内緒の話)実は前日、ツアーで用意されているホテルが都合が合わないので別途自分で滝本インという安いホテル(古くてエアコンもなかったけど値段からすれば全然アリのホテル。目的によってお薦めです)を取ったのだけど、こちらのホテル名前からも分かる通り第一滝本の系列なので、第一滝本の巨大浴場とプールまで入れるのです。なので第一滝本館行ってみるとほとんど中国語ばっかりで、こちらが逆に中国に来たみたいな状態でとてもびっくりしました。爆買いで中国人が大量の押し寄せているのは本当なんですね。
第一滝本館の温泉はとても良かったけど広すぎて全部は入りきれんかった。

話は戻って『ゆもと登別』の食事です。ツアーの食事なので正直全く期待はしていなかったのですが、想像していたよりは全然良かったです。部屋食なので落ち着いてゆっくり食べられるし

チェックインの際ホテルの方から、お子様についてはお子様用のメニューに変更も出来ますがといわれたのでお子様用のメニューに変更して貰いました。(食の細い子なので、大人用のメニューは大量に残してしまいます)

IMG_4813.jpg
子供用メニュー
揚げ物が多いのが気になるけど(子供は好きだよね)なかなか良い感じです。

IMG_4800.jpg
刺身も新鮮

IMG_4805.jpg
いかにも子供の好きそうなハンバーグやら海老フライやら

IMG_4802.jpg
そしてデザート
子供用にしては全般結構なボリューム感ですね。

以下が大人用メニュー
IMG_4820.jpg
楽膳
先付け:玉蜀黍豆腐(青い皿)※とうもろこし

IMG_4828.jpg
食前酒は甘い北海道メロンワイン

IMG_4854.jpg
台の物:知床鶏の香り蒸し鍋
蒸し鍋は珍しいけど、夏だからこちらの方が良いかな

IMG_4825.jpg
お造り:夏の潮三種盛り

IMG_4835.jpg
前菜:夏の趣向盛り
蓋物:南瓜饅頭
蒸し物:茶碗蒸し

IMG_4861.jpg
食事:増毛産蛸の炊き込み釜飯

IMG_4872.jpg
止め椀:函館産がごめとろろ昆布の味噌汁

IMG_4876.jpg
香の物:三種盛り

IMG_4865.jpg
水菓子:ルビーグレープフルーツのジュレ

いやー、どれも美味しかったですね。(正直あまり期待してなかったんだけど。)

※本当は、夜に「味の大王 登別温泉店」でカレーラーメンを食べようと密かに野望を持っていたのだけど疲れすぎて寝てしまって食べられませんでした残念ORZ

IMG_4884.jpg
そして翌日の欲張りバイキング朝食です。食べ過ぎました。バイキングは豪華ってわけじゃないけど、いろいろ北海道らしい物があって美味しかった

ホテルの接客もとても親切で良かったのでお薦めのホテルでした。
ちなみに登別温泉は最大7種類の源泉を持つ世界でも有数の温泉ですが、こちらゆもと登別では4種類の温泉が楽しめます。ゆもと登別の温泉も寝湯や打たせ湯・露天風呂もあって良かったですよ。第一滝本館の方は大陸系の人が多くてごくごく一部の人のマナーがよろしくなかったりもしましたが(大多数の人はちょっと声が大きいのを除けばそんな事はありませんが)、ゆもと登別の方は偶々なのか外国人は少なかった気がします。少なくともマナーがよろしくない人は見かけなかったですね。

それにしてもやっぱり登別温泉は良いね。

ぐらん亭【ジンギスカン】+ホテルANNEX 静岡県伊東市 2015年

ホテル近くの(子供が)遊べるところについてですが、ホテルアンビエント伊豆高原の近くにぐらんぱる公園という比較的小さい子供を遊ばせるにはちょうど良いところがあるのでコテージのチェックアウト後はまっすぐにそちらに向かいました。この公園は、遊戯施設に関してはすごいものはあまりない(新アトラクションの「ジップライン 〜 風 KAZE 〜 」は大人も楽しめそうですが)けど子供が体を動かして遊ぶ(大人も体力使います)にはちょうど良い施設。

入場料大人1200円と子供の料金を払って園内へ。ちなみに駐車料金も別途かかるんだけどこういうのはなんとかならないもんかな。じゃないと近くのゴニョゴニョ・・・・・・・・・なんてことになってしまいますな。

とりあえずお腹も空くので園内の「ぐらん亭」で昼食です。

『ぐらん亭』

・住所 :静岡県伊東市富戸1090 ※伊豆ぐらんぱる公園内
・時間 :9:00~17:00(夏季/ラストオーダー16時) 9:00~16:00(冬季/ラストオーダー15時)
・定休日:?
・駐車場:多数(有料 普通車1日500円)
・その他:HPあり 室内禁煙 室内席:120席/テラス席180席 接客普通 おすすめはジンギスカン

IMG_0156.jpg
○ぐらん亭外観

IMG_0088.jpg
○BBQメニュー。食べ放題ではありません。

IMG_0093.jpg

IMG_0104.jpg
○こういった施設内のレストランとしては良心的な値段だと思います。

IMG_0110.jpg
○アルコールメニュー。
こちらはちょっとお高い。しかもオールフリーが400円は高すぎだろ。

IMG_0090.jpg
天気が良かったのでテラス席も良かったけど、ちょっと暑かったのと虫が来ると奥さんが嫌がりそうなので室内にしました。

IMG_0121.jpg

IMG_0124.jpg
タレや箸・皿など配膳以外はセルフなので片隅に置いてあるこれらを自分で取りに行きます。

IMG_0148.jpg

IMG_0152.jpg
おろしバーグ(1000円)※奥さん注文。

IMG_0101.jpg
静岡限定 生ビール(中ジョッキ 660円)
この後は奥さんが車を運転してくれるというありがたいお言葉をいただいたので遠慮無くビールを注文。

ただ、あまり好みの味ではなかった。(ここ最近の好みはドライプレミアム)

IMG_0128.jpg
ジンギスカン鍋はお店の人がセットしてくれます。その際、トングと紙エプロンも一緒にくれます。
ジンギスカンのセットにはおにぎりが二つ付き。

IMG_0143.jpg
バーベキュー(ジンギスカン 1620円)

IMG_0134.jpg
ラム肉ですねー。前からジンギスカンがあるのは知っていたのですが奥さんがラムのあの独特の匂いが好きではないのでなかなか食べる機会がなかったのですが、やっと食べることが出来ました。ラム肉はクセのある肉なので食べられない人もいますが、私はお酒でもバーボンやテキーラなど(最近は全然飲んでないな)クセがあるのが好きなせいかラム肉も好物です。もちろんこのBBQセットは私専用で奥さんとうちの子はハンバーグを食べていましたが、試しに子に「お肉食べてみる?」と聞くと「食べる!」というのであげてみると気に入ったらしくもっと食べたいという意外な展開になって、肉があっという間になくなってしまいました。っていういか肉が少ないこちらのお肉は、多少ラム独特の匂いとクセが(僅かですが)ありますが嫌いな人でなければ食べにくいことは無いと思います。肉も柔らかめで美味しかったですが私的にはもっとクセがある方が好みですね。野菜の量は結構あります。後は肉がもう少しあればいうことないですね。

閉園時間近くまで遊んだ後はホテルANNEXへチェックインに向かいます、公園からは車だと5分もかからないかな。ちなみにANNEXのお隣は同じグループの(館内でつながっている)「わんわんパラダイスホテル」というホテルが併設されているので犬を連れた人もかなり来ているようでした。

一応ANNEXの紹介(今回は素泊まりプラン)

前回:平成26年4月6日(日)

『ホテルANNEX』

・住所 :〒413-0235  〒413-0235  静岡県伊東市大室高原8丁目 ※最寄り駅:JR伊豆高原駅
・TEL:0557-51-5111(代)
・時間 :■checkIN 15:00 ■checkOut 11:00!
・駐車場:無料 ホテル近傍多数駐車可能
・その他:温泉(露天風呂なし 大浴場あり 室内風呂あり 本館の露天風呂も利用可能(送迎あり) 食事は、ケータリングあり 別途本館での食事も可 接客対応は非常に良いです。客室36室 食器 冷蔵庫等一通りあり パジャマあり 部屋はスイートもありだがグランドメゾネットが広くてお勧め ワンワンパラダイスホテルと隣接(中でつながっている) フロント横にキッズコーナーあり(おもちゃなどがある)

IMG_0170.jpg

今回はメゾネットタイプが取れました。2階部分はベッドが二つありテレビもあります。また、写真に少し写ってますが、カウンターが付いておりベランダ側のカーテンを全開にすると景色を見ながらお茶したりも出来ますよ。1階部分は和室とリビングダイニング・トイレ・お風呂が完備されています。コンドミニアムタイプなので冷蔵庫・レンジ・食器類もあります。エアコンは1・2階両方に付いているので夏でも快適だと思いますね。なかなか広いお部屋なので子供も喜ぶと思うので家族連れの方は一度行ってみると良いんじゃないかな。

今回は素泊まりにしたこともあり、安く泊まれました。夕食は外で食べに行きましたが、この後の記事に書きます。

ホテルアンビエント伊豆高原コテージ 伊豆高原 静岡県伊東市 2015年

1年ぶりのホテルアンビエント伊豆高原コテージです。

『ホテルアンビエント伊豆高原 コテージ』

・住所 :〒413-0235  静岡県伊東市大室高原3-490
       ※最寄り駅:JR伊豆高原駅
・TEL:0557-51-1666(代)
・時間 :■checkIN 15:00 ■checkOut 11:00!
・駐車場:無料 各コテージに1台分(チェックインは本館で。本館ホテルは多数駐車可能)
・その他:温泉 花ホテルタイプのコテージは各戸に温泉露天風呂がついている 食事は申し込めば本館のホテルでも可能(その際、ホテルの車で送り迎えしてくれるので飲酒もOK) 接客対応は非常に良いです

IMG_0051.jpg
1階のベッドルーム。泊まった翌日に撮ったので左のベッドが乱れていますが私のせいです。

IMG_0055.jpg
2階は和室が1部屋とリビングで6人掛けのテーブルが一つあってキッチンも完備されているので料理も出来ます。

IMG_0058.jpg
和室側から見た写真。

前回とはまた少し違うタイプのコテージで、露天風呂は無しですが岩風呂っぽい室内風呂が付いてます。また、室内は喫煙可のためか少し特有の匂いがあるのですが、空気清浄機が完備されています。室内設備については、レンジ・冷蔵庫・食器類が付いているのでグループで来て宴会なんかも(もちろん買い出しが必要ですが、ケータリングサービスもあります。)十分出来ます。

朝夕食付きのプランにしたので、本館まで車でのお迎えサービスを利用しました(これで酒が飲める

IMG_14801.jpg
○本日のコース。

IMG_1483.jpg
○ワインリスト(1部)

IMG_1481.jpg
○カクテル他

IMG_1484.jpg
○卓上

IMG_1494.jpg

IMG_1495.jpg
伊東近海の魚介カルパッチョ仕立て
魚介の種類の説明がなかったのでよくわからないけど、金目鯛やスズキとかかな

IMG_1497.jpg
パン

IMG_1498.jpg
スープ

IMG_1502.jpg
子供用のセット(ハンバーグかステーキが選べる)。ちゃんとしてますね。でもうちの子はほとんど残すんだよね。食べるのはポテトばっかり

IMG_1505.jpg
赤鰈のポワレ イタリアンパセリのクーリとジュ・ド・ビアンド
※上の緑のソースがクーリで茶色のソース状のものがジュ・ド・ビアンド

口直しは撮り忘れました。

IMG_1507.jpg
伊豆牛バラ肉のブレゼ 三島じゃが芋のクロケットとマンゴーのコンディマン
※ブレゼ:蒸し煮 クロケット:揚げ物、模倣したものがコロッケ コンディマン:薬味または調味料

IMG_1508.jpg
デザート

IMG_1509.jpg
お子様用デザート

写真は撮らなかったけど、今回は珍しく飲み物は白ワインにしてみました。アルザス・ワンという名のワインですが私にはちょっと甘すぎました。

ディナー後、いつものように本館の露天風呂へGO。熱めのお湯(温めの方が好きなので、大抵の人がちょうど良くても熱めに感じているかもしれません)にゆっくり浸かり、その後は無料のマッサージ器でしばらくこりをほぐしてから、ホテルの車でコテージに戻って再び飲みです。

そして、翌朝の朝食バイキングへ。(朝食バイキングは、送り迎えのサービスはなし)

IMG_0014.jpg

朝食バイキングはちょっと高め?(2、000円ちょっと)
奥さん曰く前回よりバイキングの種類が減ったような気がすると。確かにいわれてみればそんな気もします。それにそれぞれのおかず類が少なくなると以前は朝食時間終了近くでも比較的補充してくれましたが、何度か補充しているんでしょうが今回はちょっと遅い時間には途中から補充してくれないので、遅く来た人はおかずの種類が少なくてあまり食べるものがなくなっていたようでした。これも合理化なんでしょうか。そういえばジュース類も温かったですね。(以前テレビで紹介された後は人気が出て、宿を取りづらくなったことがあるのですが、合理化で客が離れなければ良いですね。)

上の写真はちょっと和食っぽくしてみました。

IMG_0032.jpg
パン類もちょっといただいてみました。スープは、ほとんど残ってなかったのが残念。

お腹がいっぱいになったところで、コテージに戻ってチェックアウト。